私ハ ヒラリー ノ 夫デス

Ukonn_002 笑うことはとても身体にいいことだそうで、笑うことによって血糖値が下がったり、癌細胞がその増殖をしばしやめたり、といいことづくめなのが実験で証明されるようになってきたという。

それに笑えば、憂鬱な気分も一掃してくれるもののようで、私は朝のうちに聞いたこの話を思い出してはアハハと笑い出し、一日中機嫌良く過ごしたものである。

森元首相がホワイトハウスにクリントン元大統領を表敬訪問したときの事。首相はまるで英語はダメであったが、優秀な通訳が付いているために問題は何もなかった。しかしご挨拶くらいは英語でするのがよかろうということになって、以下のことを覚えていくことになった。

まず首相が大統領執務室にはいって「How are you?」 と言う。すると大統領は「Fine,thank you, and you?」と言うであろう。

ついで首相が「Me, too.」と言えばそれですべては終了する。あとはベテラン通訳がいかようにでも喋ってくれるのである。

首相は執務室へ入った。ところが森さんはラグビーで鍛えて身体はデカイが心臓はノミのそれほどもなく小さい。で、たちまちあがってしまって言うべきことを忘れた! 彼は言った

「Who are you?」

それを聞いたクリントンはたいそう驚いたに違いないが、間髪を入れずにこやかに言った

「I'm  Hillary's husband.」

ついで森さんは教えられていた通り言った

「Me, too!」

大統領の就任式のスピーチにさえエスプリの利いたジョークが挿入されるというお国柄だそうだ、としても、クリントンさんがとっさにそういう事を言えるというのは賞賛に値する。私など一時間考えても気の利いた言葉など出てこないだろう。

ではその現場にいた人々はそのやりとりを聞いて、おおらかにワッハッハッーと笑うことができただろうか? 歯をくいしばって笑わないように我慢していたのだろうか、、、?(なんてったって日米のトップである) よくわからないけれど、この素晴らしく楽しい話は世界中に広まっていったに違いない。

この話はもう何年も前の出来事なのだけれど、私はまさに今日初めて聞きましたー。

それにしても、笑うことが身体に良いとなれば、、、どんなことにでも可笑しさを見出して笑い飛ばし、おもしろく愉快に過ごせば、100歳まで生きることも可能かもしれない、と思ったことでした(^^♪

| | コメント (12) | トラックバック (0)

そんなに可愛い顔をして

001_2 ひさしぶりに英会話教室に行ったら、アメリカはネブラスカ州から来た、という若い男の先生が来ていた。これで講師陣は三人である。お題は結婚について。

ウェールズから来ているベッキー先生が結婚式のスライドを見せながら言った。「これはアイル(aisle)と言います」 アイルといったら、スーパーなどで、蚊取り線香はどこですか?と聞いた時に、それは13番にありますよ、と言う時のあの通路である。

すると誰かが「日本ではヴァージン・ロードというのですが」と言うと、3人の若い先生たちはまさにガハハ・・・とのけぞらんばかりに大口開けて笑っていた。ヴァージン・ロードがそんなに可笑しかったかしら?

それからベッキー先生はそのヴァージン・ロード、もとい通路を、父親に手を預け付き添われて歩き、然るべき所で立ち止まり、もう一人の男、(花婿のことなのだが)にバトンタッチされるのが、イヤダと言った。まるでモノの受け渡しみたいじゃないですかぁ!という訳である。

今そのように考える若い娘が多いのだそうである。ベッキー先生は大きく手を広げ天を仰ぎ、ヘ、ヤナコッタという顔をして見せたものである。フランス人形みたいに可愛い子にそういうことを言われると、おばさんとしては胸が痛む。

去年の今頃だったのだけれど、ベッキーさんの両親がはるばると海を越え、極東の国、ニッポンへ行ってしまった娘を訪ねて、五島までやってきていたのを思い出す。その時私たち生徒も小さなお土産をいただいたりしたものである。

なんとまあ、親のこころ 子知らず であろうか、とおばさんはひとり慨嘆するのでありました。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

英会話は楽しく

_003_1 毎週水曜日は英会話の教室に行く日である。日中、忙しかったりすると、今日はやめとこうか、という気になりかけることもあるが、行けば楽しい、ということはわかっているので、その他の用事はほったらかしにして出かけることにしている。

前任の先生がいなくなって、今度の先生は生まれも育ちもニューヨークのニュー先生とウェールズ出身のウェ先生が二人がかりで、私たちのめんどうをみてくださっている。近くの中学や高校の英語の先生なのだが無償で来てくださっている。 

クラスは評判がよいらしく、一人、また一人とニューフェイスが現れる。この間初めて来た人は言っていた。長崎と佐世保で、このところ立て続けに、三回も外人さんから声をかけられ、駅とバスセンターへの道を尋ねられたそうである。ところがこの人は「まっすぐ行って」も「右に曲がって」も言えなくて、仕方がないので最後までついていったそうである。

こんなことじゃーイカン、と一念発起してこの英会話教室に来たのだった。高校を卒業して以来、英語は何十年ぶりなので、悲壮な覚悟をしてきたのに、クラスはまことに和気藹々としているので、いっぺんに緊張がとけた、と言っていた。

まず誰彼がどこそこの土産だ、到来物だ、手作りだといってテーブルの上においしそうなお菓子を広げる。飲み物は各自持参しているので、あれをつまんでみたり、これを味見してみたり、笑いさざめいたりと、小一時間くらいはあっという間に過ぎ去る。

この前の水曜日に私はリンゴの皮を剥いたものを大量に持っていった。みんなでフォークでさして食べていたら、今度はニュー先生がアップルパイの焼きたてを持ってきた。それを切り分け、アイスクリームを上に乗せて食べるまでは大騒ぎ。そこには13人もいたのである。先生はアップルパイはママの味、アメリカと言えばアップルパイ、の話をしたかったらしいのだが、ろくろくはなしを聞く時間もなかった。

先、先、先代の英会話の先生でとっても真面目で、熱心な先生がいらしたそうである。先生は受講生の力をつけようと、その日の出来事、感じたことを皆の前で発表するように義務付けられたそうである。そうしたら、一人去り、二人去り、、、残ったのはホントにお出来になるヒトがわずか、だったそうである。

さて、アップルパイを食べた後、私たちは大急ぎで、日曜日から土曜日までと、1月から12月まで何というのかお勉強した。これでみっちり2時間、楽しんだことになる。予習も復習もなく、行けば楽しい英会話教室。職場からおなかをすかしたまま直行してくる人にとっては、少しはおなかを満たしてくれる居心地のいいサロン。これが私たちの英会話教室ですよー、その気になったらいつでもどうぞ!!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

♪私を月まで連れてって

_021_1 この前の水曜日は英会話クラスのS先生のお別れパーティがあった。先生は高校の英語教師として赴任していたのだけれど任期が終わり、オレゴンへ帰ることになっている。私は知らなかったのだけれどボランティアでクラスのめんどうをみてくださっていたそうである。

集まったのは大人15人、子供5人、でたいそうにぎやかなパーティだった。

場所は私の家から車で40分くらいの海水浴場。ログハウスが4棟くらい建っていて椰子の木が高々とそびえ、そこかしこにハマユウの花が咲いていた。

私達は夕方6時ころから10時くらいまでそこにいたのだが、中天には上弦の月(ハーフムーン)がのぼり、引いては寄せる波の音がザァーーッ、ザァーーッ。ここは昼間は沢山のサーファーが集まってくるという。わたしは外国になど行ったことはないのだが、どこか南洋の島にでも来ているような気分になっていた。こんな素敵な所が五島にあったんだね~と感心することしきりだった。

夜風に吹かれてビールなんぞ飲んでいるとジャズの名曲‘FLY ME TO THE MOON’ が浮かんできた。誰かが「是非、歌って!」とひと押ししてくれれば、酔ったふりして歌おう!と思っていたけれど、だぁれもなんとも言ってくれないのだった。今回は見送ることにしようか、歌詞もうろ覚えだから18番(おはこ)になるようにひそかに練習しておこうじゃないの。

その時覚えたフレーズ。ほんのひとくち=just taste

たばこをやめました=I quitted smokinng.

ビール党=beerer(ビアラー、これは和製英語らしい。)

Practice makes  Perfect.これは先生から我々へのはなむけの言葉。習うより慣れろ、ということ。

先生から住所やメールアドレス貰ったけれど、ちゃんと英文で書けるかなーと不安になった私達だった。もっとも先生はとてもカンがよくて、私達がしどろもどろで何を言っても「こういうこと言いたいのね」とすぐにわかって下さるのだった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ハーイ!なぎさって呼んでね!

_008_3 何十年ぶりに英会話教室に行くことにした。これは町の教育委員会の主催だからフリー、つまりタダである。

はじめはなんといったて自己紹介から始まるはずだからいろいろ準備していくことにした。さぁ、名前は、、なぎさってよんでね、と言おうか。Call me Nagisa,please. でどうだ。趣味は草取り といっておこう。家はすぐ近くですから歩いてきました。と言おうかな。歩いて、、、ってどう言うのかな? 和英辞書やら英作文の本やら調べて on  foot でいいんじゃないかな~ということに落ち着いた。

万全の備えをして赴くとそこにはシエラ・ケリーという若い女の先生(高校で英語を教えている)がすでに来ていて、あとから受講生が6人集まった。

さぁいよいよ自己紹介が始まり私はすかさず、なぎさって呼んでね!と言った。するとその中で唯ひとり顔見知りのSさんが 「なんであなたが ナギサ なの?」という顔をしたのがわかった。しかし今はまだ「なぎさという名で出ています」と発表する時ではない。あっちを向いて気がつかなかったことにした。

自己紹介のあとは自由におしゃべりすることになった。6人のうち3人がお出来になる方、あとの3人がお出来にならない方、(なぎさは後者である)であることはすぐにわかった。それで優等生3人プラス先生が小鳥がさえずるごとくに談笑するのを我々3人はウットリとして眺めていたのである。時々Sさんと「今は~について話してるんじゃないの?」とかいいながら、、、。

帰り際になにかテキストがあるのかどうか聞いてみた。そんなものは何にもなくて手ぶらできていいそうである。先生がなにか準備をしてくることもあるし、ゲームをしたり、ビデオを見たりすることもあるそうだ。

なんだか楽しかったから来週の水曜日もまた行こうかなー。これから水曜日は忙しくなるぞ。朝早くから テレビで「新感覚英会話」があって、次いで栗原はるみさんの「トピックス」、そして 「いまから出直し英語塾」というのがある。夜はおでかけ英会話である。

だとすると水曜日の晩御飯はカレーに決まりね。いつも質素、簡素を旨としてるからだれも文句は言わないと思うけど。

| | コメント (8) | トラックバック (0)