なにかいいことありそうな

Img_20150125_1340111_2 去年の暮れのことだけれど、私にすれば天にものぼるようなラッキーなことがあった。

 私はお正月用の花を買うべく近くの花屋さんに行った。若松やら千両やら買ってレジにもっていき会計をした。2千円といくらかだった。スタッフのおねえさんが「では二回サイコロをふってください」といった。(千円で一回サイコロをふることができる)

  一回めはなんでもなかったが、二回目、なんと1⃣が二つそろって出たのだ。ジャジャジャジャーン!!「おめでとうございますー、大当たりですー!」  と言って渡されたのが左の写真のシンビジュームだ。

  実はこの店では毎年、暮れにはこのサービスがあるのだが、私は一度として当たったことなどなく、いつも活性剤のアンプルを一本か二本もらって帰っていたのだ。

  その店に一緒に行っていた友達は6⃣が二つ出て、小さなシクラメンを一個もらっていた。だから1⃣が二つそろって出るということは特別に素晴らしいことなのだ。

 

 そんな僥倖があった翌日、こんどはお歳暮として、黄色い花の立派なシンビジュームをいただいた。枝垂れていてなかなか豪華なものだ。(Vivian Yellow Shineという名前)

 

  その花を見た友達が言った。「黄色って金運アップの色よー。なぎささん、これからだんだんお金持ちになるんじゃない?」  お金持ちになる見通しは全然立たないが、2鉢の美しいシンビジュームを見ると、私は花長者になった気分だ。

 シンビジュームは日光と水と肥料を与えれば、ほぼ確実に翌年も咲いてくれる頼もしいランだ。株分けして地面に植えてもOKで、ふと気づいたらつぼみがたくさん出ていたりする。

  それにしても花の贈り物はいいものだ。食べ物の贈り物ももちろんうれしいが、「あー、おいしかった」でおしまいだ。けれど花は長々と楽しませてくれる。しかも見ているだけで心がほのぼのと温かくなって、これから先「なにかいいことがありそうな~~♪」気分になってくるのだから、何倍もオトクなのだ。

 

| | コメント (7) | トラックバック (0)