まゆみ

 奈良の町を歩いていると、商店や民家などの玄関先に樹木の鉢植えを置いている所が多いのに気がついた。イチョウ、紫式部、さざんか、柿など。草花もいいけれど、こういう木類もいいものだと思った。普段は家の裏に待機させておき、さぁ、若葉が美しく芽吹いたとか、つぼみが出てきたよ、という頃になって表に出せば、だいぶん手間ヒマがかからずにいいのではないかと思ったものだ。

  あるうちで、紅い実のついた木の鉢植えを見かけた。初めて見る木だ。根元をみると “まゆみ” と書いたプレートがあった。えーっ、これが “まゆみ”?

  じつは私はずっと前からまゆみのことは気にかかっていた。私の友達で万葉集に傾倒している人がいて、万葉集で詠まれている草花の写真集をカレンダーに仕立てたものを4年分贈ってくれたことがあった。計48枚の写真の中の二枚が“まゆみ”だったのだ。

  まゆみ 「ニシキギ科 大本類 落葉低木 花期は5~6月 淡紅色の花 実は赤紫色」という説明があるが、花や実よりも、その枝のしなやかさから、昔から弓の材料として重宝されてきたのだそうだ。

  みこも刈る 信濃の真弓 我が引かば 貴人(うまひと)さびて いなと言はむかも

(信濃の弓の弦を引くように、わたしがあなたの手をとって引き寄せたなら、あなたは貴人ぶって、いやと言われるでしょうか。)

  白真弓 斐太の 細江の 菅鳥の 妹(いも)に 恋ふれか いを寝かねつる

 (ひだのほそえに住んでいる菅鳥が妻を慕うように、わたしもあなたを恋い焦がれているのでしょうか、どうしても寝つかれないのです。) 

  “まゆみ”はそんなはるか昔から、人々の暮らしと密接に結びついて生きてきたのだ。

 五島にかえってすぐに私は近くの園芸店に行った。まゆみはなかったけれど、「今度、仕入れに行ったときに見てきましょう」と店主は言ってくださった。

  店のなかに「ネコヤナギ」をみつけた。これは万葉集でも“カハヤギ”として詠まれている。

 

 山の際(ま)に 雪は降りつつ しかすがに この川楊は 萌えにけるかも

  (山 あいにまだ雪は降っていますが、さすがに春が近くなったのでしょうか、もう川楊は芽がふいていることです)

 

このネコヤナギは半額だったのでゲット。ピンクのネコヤナギもあって、これは貧弱だから差し上げますと。わーい!

  「クレロデンドルムウォリキー」、舌を噛みそうな名前だが、簡単に言えば「クラリンドウ」。これはまるで藤の花みたいな咲き方をして、一つひとつの花びらが、チョウチョみたいで、とても可愛らしいのだ。これも初めて奈良で見た。まよわずゲット。それからワレモコウ(吾亦紅)が売れ残っていたので、これも買うことに。

  そして二週間くらいしてまゆみが届いた。30センチくらいしかない楚々とした細い苗だ。まぁようこそ、と私はしみじみとその苗をながめた。これからこのうちで大きくなるのだよー。ある人に話したら、まゆみは挿し木で増やすことができるのだそうだ。ますます楽しみ。

  私は家の中にいてもまゆみのことが気になる。ちょっくら見てきましょうと、ついつい外へ出てしまうのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

それはズバリ ヘビ草 です

 去年のちょうど今頃のことだけれど、家の周りの草取りをしていた私は、きゃーーっと悲鳴をあげた。ヘビ顔をした何かを手でつかんだような気がしたからだ。叫んだからとて誰も助けにきてくれなかったので、気をとりなおしてその物体を見てみると。

 それは身の丈は20センチほど、直径5ミリくらいの茎が土の中から、つーっとのびて、その上に小さいながらも凄みのあるヘビの顔があったのだ。しかも舌が天に向かって7~8センチほど伸びていた。葉っぱは三枚で、その真ん中にはムカゴのような物がある。

 私は家に来た人を誰も彼も「いいもの見せてあげる~」と言っては、そこへ案内したのだが、皆さん見るのは初めてだ、と言い、「ワァ~キャァ~何これ~?」と前から後ろから横から写真を撮ったりと大騒ぎだった。我が一族の長老(95歳)は野や山のことなら何でも知ってる、という博士だが、こんなのは初めて見たと言っていた。

 なんという名前なのだろう。生れは静岡で五島が気に入って、ここに住みついてしまったTさんに、静岡ではなんと呼んでいますかと訊くと、Tさんは「ずばりヘビ草です」と言った。 のちに図書館で司書の方に調べてもらったところ、“カラスビシャク”という名で、マムシ草や浦島草と同じ仲間だということがわかった。私にはヒシャクには見えなくて、ヘビそのものに見えるのだけれど。

 私の草取りおばさん歴はかなり長く、もう40年以上になるというのに、コヤツに遭遇したのは初めてだ。じつは私はこのヘビ草の葉っぱは、ずーっと前から知っていた。私の草取りの師匠さんは言ったものだ。「この三つ葉の草はね、どんどん増えるから徹底的に取ってしまうように。」私は師の教えをかたく守り、根こそぎ取るのを旨としていた。

 また師匠はこんなことも言った。「畑は端からと言ってね、(ハタケはハシから、、、ちゃんと韻をふんでますね^^) 作物を植える所だけチョコチョコと草をとるようではいけません。それは不精モンのすることです」 我が師は親からそういうふうに教えられたのだそうだ。

 そういう草取り哲学があるので、五島の人は余すところなく草を取り、畑もその回りも美しく整え、それゆえにヘビ草が鎌首をもたげてくるのに、まみえることがなかったのではないだろうか。

 さて、今年の連休のこと、ご旅行に縁のなかった私は草取りに励んでいた。そしてヘビ草の葉っぱを発見。そこを割り箸で囲って保護区とし、日々観察をすることにした。そしてついにある日のこと、葉っぱのあいだからマッチ棒くらいの茎が立ちあがっているのに気付いた。それからだんだんと背丈がのびて、上部がふくらんできて、頭や舌らしいものが出現。一週間後には立派なヘビ顔のできあがり。目元とおぼしき所にはうっすらと彩色されていて、チビながらなかなかに迫力があるのだ。

 「さぁさぁ、こちらでございますよ」とヘビ草のところ(家の裏手)まで人々を案内するのに疲れてきた私は、鉢に植えて玄関に置こうと考えた。これなら黙っていても見てくれるだろう。

 それからまた楽しいことを思いついた。近くの幼稚園に持って行って、4歳児やら5歳児を驚かせてやろうかと。けれどあのヘビ草を掘り起こし、鉢に植える作業となると、なんだか気持悪く、実行に移せないでいる。大切に育てているイチゴの近くにヘビ草が生えているのを見つけた時には大急ぎで除草したものだ。あの長い舌でかわゆいイチゴがペロ~~ンと舐められたらイヤだよね。

 それにしても神様ってこんなものまでつくって、我々人間をびっくりさせたり楽しませてくれたりなさるのだねー、とヘビ顔をしみじみと眺めたのでしたー。

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

これが最高の贅沢

 小さい白い花がちらちらと咲いているユーフォルビア・グローリアを買おうと思ったのは、他所の園芸店で見たものより、はるかに安かったことと、店員さんが「これは挿し木すればすぐにつきますよ」と教えてくれたからだった。 私はどんどん増えていくものが大好きで、今年の夏だけ、などと限定されているものはオヨビじゃないのだ。

 ほんとうにユーフォルビアは感心だ。細い枝ながら、節のところでポンと折って、ガラスのコップに挿しておけば、じきに根を出してくるのが見える。花壇にそのまま挿しておいても、枯れました~ということがない。せっせと枝を折って、もう何人の人に差し上げたかわからないくらいだ。

 このあいだ、家の前でユーフォルビアをいじっていると、「きれいですね~」と声をかけてきた人がいた。見知らぬ人だったのだけれど、ユーフォルビアと、隣に咲いていたモナ・ラベンダー(これも容易に発根してくる)を小さなブーケにして差し上げると、その方は後で、お礼にといってお菓子を持ってきてくださったのだった。

 五月の後半に百日草とサルビアの種をまいたら、7月のはじめには花を咲かせるようになった。百日草は今ではジニアと呼ばれて、一重に八重、色もカラフルになって人気があるのだ。サルビアの赤い色は、この猛暑にも耐えて、けなげに咲いているのを見ると、こちらも元気ださなくちゃ、という気になってくるものだ。

 さて、かのエリザベス・テーラーは自宅の大邸宅の前で何かのインタビューに答えて言ったそうだ。「毎日切りたての花を飾るのが最高の贅沢よ」

 これはちょっと意外な気がしたものだ。ダイヤモンドでもなく、シャネルの5番でもなく、トスカーナの別荘でもなく、切りたての花を飾るのが最高の贅沢だとは。

 切りたての花とは、お店で買ってきた花ではないということだ。ちょっと庭に下りて、旬の花々をながめ、四季の移り変わりを肌身で感じながら、何本かの花を切り取る。庭の花や野の花を、玄関や洗面所やトイレなど、家のあちこちに生けるのは、身も心も多少余裕がないと出来ることではない。

 言われてみれば、これは、ささやかではあるけれど最高の幸せなのかもしれない。花とふれあうその行為が実はとても人生を豊かにしてくれているものだということを、銀幕のスターから教えてもらったような気がしたのだった。

 

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

花梨のジャム 目がさめるようなルビー色

  私の手許に、暮らしの手帳(2006年12月版)に載っていたカリンのジャムの作り方のレシピがある。それによると。 

 カリン1キロ グラニュー糖500グラム 水1200CC。  まずカリンを四つに割る。皮、種はそのまま。カリンと水を火にかける。沸騰してきてカリンがやわらかくなったらカリンを取り出し茹で汁を漉す。茹で汁の中に砂糖を入れ、かき混ぜながらアクを取る。焦がさないように煮詰めていく。

 たったこれだけのことで半信半疑なのだが、砂糖を加えて煮詰めていくうちに刻々と色が変わっていき、出来上がる頃には透きとおるように美しいルビー色になるということだ。それは息をのむような美しさだと書いてあるのだ。 ゴツゴツしてキメもあらそうなカリンから、こんなロマンティックなジャムがほんとうに出来るのだろうか?

 いつの日かカリンのジャムを作ってみたいと、私はすぐに小さなカリンの木を買い求めた。黄緑色の葉っぱと白くてほんのり紅をさしたような可憐な花が咲いていた。身の丈は50センチくらいだったろうか、780円也だった。

 それからカリンの木は毎年花を咲かせたのだが、ちゃんとした実をつけることはなかった。ところが今年の六月ころだったか、ふと見るとイチジクのような形の小さい実が13個もなっているのだった。なぜかペアで2個ずつなっているのが多かった。そしてこのあいだ台風15号が去ったあとに数えてみたらなんと18個もあるのだった。九月になった今では洋梨のラ・フランスにも似てデフォルメされたというかイビツで可愛い顔をしている。

 カリンの収穫は冬になってからのことらしい。ネットで見てみると作り方にはいろいろ流儀があるようで、それぞれに一家言がある。私は木のそばを通るたびに実を数えてみるのだけれど、なぜか一定しないのだ。16個だったり17個だったり、18個だったりする。木の実を数えるのがどうしてこんなに難しいのだろう。

 それにしても冬がくるのが楽しみだ。6年たってやっとカリンの実がなって、それでカリンのジャムを作るというお楽しみが待っているのだから。

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

“秋篠宮殿下・同妃殿下がお成りになります”

Pict0021_2 奈良は西大寺の秋篠寺をおとずれたのは3年前の11月のことだった。紅葉まっさかりの頃で、一木一草にも人の手が届いているその庭は、カエデや萩が美しく紅葉しており目を奪われたものだ。樹木の下の苔のモスグリーンがそれは見事であった。

 庭の一角に植えられたクチナシはたわわに実をつけていて、クチナシもこんなに上品な木であったのかと思われるほどの風情であった。

 私は畏れ多くもその実を二個ほど押し頂き我が家に持ち帰った。鉢に一個を埋めておいたところ、数ヶ月して芽を出してきた。3センチほどになったとき、移植しながら数えたところ、なんと98本もあったのだ。

 それからまた大きくなったので、誰か貰ってくれないかと希望者を募ったが誰も反応せず、しかたがないので、そのうちの65本を庭中植えまくったのだった。いずれ背を低く剪定して垣根風にしたら、6月の半ばころにはいい匂いをさせて花が咲くかもしれないと、心楽しみにしているところだ。

 さてこのたび、五島列島の数ある島のうちの二つに、秋篠宮ご夫妻がお成りになることになっている。大風が吹けば取りやめ。そういうお知らせの回覧板がまわってきたのはつい数日前のことである。ずいぶん前から噂はあったけれど、詳しいことは何もわからなかったのだ。

 その日、私たちは指定された場所に行き、小旗を渡されそれを振ることになる。駅や空港で皇族を拝見したことがある、と言う人は意外と多く、ああだったこうだったと話題は尽きない。黒塗りの車5台で通り抜けられるのだそうだ。

 人垣の中から紀子さまをひと目見れるのかどうか、私はまったく自信がない。人を押しのけて前に出る、っというようなことは多分できないと思う、内気なものだから、、、。クチナシの実を黙って貰ってくる、くらいのことなら平気でできるんですけど。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

木村秋則さんの『奇跡のリンゴ』

Pict0138 はじめ『奇跡のリンゴ』の本の表紙を飾る木村さんの笑顔を見たとき、私は80歳くらいのおじいさんかと思った。ところが1949年うまれとあるから、まだ60歳にもなっていないのである。野外での作業によって日にも焼けるであろうし皺も深くなるであろうけれども、歯がないのには驚いてしまった。

木村さんはリンゴの葉と自分の歯を引き換えにした、と笑っているそうだが、木村さんはもう貧乏ではないのだし、今では日本国内はもとより海外まで、講演や農業指導に出かけられるそうなのだから、歯がなければ発音が悪かったりして、聞き取れないこともあるのではないか。やはりちゃんとメンテナンスなさったほうがよろしいのでは、と私は言いたいが、まぁいいか、よそのうちのだんな様のことだから、、、。

さて木村さんは無農薬、無肥料でのリンゴ栽培に挑んで6年目にして自殺することにした。農薬に代わるあらゆる物を使って実験をしてみたが手ごたえはなく、一家は窮乏のどん底にあった。

津軽のリンゴ生産農家で800本のリンゴの木を所有していればお大尽とよばれ、バーへ行けば上客、雪の積もる冬にも出稼ぎなど行かずとも裕福に暮らせる身の上ではあった。それなのに今では“かまど消し”と後ろ指をさされ、水田は売り払ってしまい7人家族が満足に食べる米もなく草を食べる日もあったのだ。親戚からの冠婚葬祭にもお呼びはかからなくなった。しかも木村さんは入り婿である。義父母も妻もこの試みに一言の反対もせず、どん底の生活を共に耐えてくれていた。

自分がいなくなれば、今よりも家族は幸せに暮らせるであろう、、、。木村さんはロープを肩にかけ岩木山を登った。満月の夜であった。2時間ほども登りちょうどいい具合の木を見つけると、持ってきたロープを枝に投げた。

するとそのロープの端があらら、指をするりと抜けあらぬ方向へ飛んでいった。この期になってもヘマをする、と思いながら山の斜面を降りかけて、木村さんは冴えわたる月の光の中であるものを目にしたのだった。それは天啓のごとくに木村さんに次になすべきことを教えてくれた。 

木村さんがそれまで見ていたものはリンゴの幹、枝、葉など地上に出ているものであった。けれど岩木山へ行き、山の木々が農薬もふらないのに青々と葉を繁らせているのを見て、目に見えないリンゴの根、土壌の働きに目を向けねばならないことに気がついたのであった。

そうして苦節9年目にしてようやくのことで白いリンゴの花が咲き、11年目にやっとのことで、こぶりながらリンゴを収穫することができたのであった。めでたしめでたし。

我が家にリンゴの花が咲いた、という話をしていたらある人が、○○さんのうちにもリンゴの木があるよーと教えてくれた。さっそくその木を見に行ってきた。幹は15センチほどの太さで枝は茂り、20個ほどの実をつけていた。かわいいねー。(写真がそうです)それで五島でもリンゴの実はなるのだということがわかった。するとうちのリンゴの木にも実がなる可能性があるということなのだ。それで私は前にもましてうちのリンゴの木に声をかけることにした。「来年は花を咲かせて実もならせてねー」と。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

リンゴの白い花が

信州を旅したのは19の秋。初めて松本駅に降り立ったときの凛とした冷気は忘れられない。深々と霧が立ち込める美ヶ原を歩いたものだ。そのときPict0113 リンゴの紅い実が生っているのを初めて見たのだった。なんとかわいいのだろう。それは道端にぽつんと立っている一本のリンゴの木だったのだが、誰に採られることもないらしく、たわわにみのっていた。

それからというもの、リンゴの花が咲く季節にまた、信州を旅したいと思い続けてきたが、この歳になるまでその機会にはめぐまれていない。

おととしの今頃のこと、園芸店でリンゴの木を見かけた。三割引で660円也。王林とつがる。植える所もろくにないのにと思いながらも買わずにはおれなかった。実なんかならなくてもいい、花さへ咲いてくれれば、、、。そんな気持ちだった。

ひょろ~んと長いだけの苗木を持ち帰り早速植えた。狭くて日当たりのよくない場所しかなかった。そして今年、五月にはいってすぐ、そのうちの一本(それはちょっとは日当たりのましな方の木だったのだが)にたくさんのつぼみがついているのを見た。

数えたら全部で40個もあった。リンゴのつぼみは初めは紅い球体だった。ほころびはじめるとだんだん薄紅いろ、そして開ききるとほとんど白くなってきた。私は木村さんのようにリンゴの木に声をかけた。

「リンゴの木さん、花を咲かせてくれてありがとう。来年もまた花を咲かせてねー」 さすがに実をならせてねー、とまでは言えなかった。

木村さんとは世界で初めて無農薬、無肥料でのリンゴの栽培に挑戦した人である。農薬で作ると言われるくらい、リンゴの栽培にはきめ細かな農薬散布を必要とするそうだ。『防除暦』というのがあってそれにしたがってせっせと農薬を撒くのである。そうしないとリンゴは病害虫に負けて立派なリンゴを生産できなくなるのだ。

通常は春先のリンゴの発芽前から農薬の散布が始まり、秋の収穫期の約半年の間に十数回の農薬を散布するそうだが、木村さんはその一切をやめてしまったのだった。

木村さんが「枯れないでくれ」と頼んで回ったリンゴの木は、枯れた木もあったけれども枯れない木もあった。けれど、声をかけなかった木はおしなべて枯れてしまったというのである。それらの木は道路沿いであったり、隣のリンゴ園との境に面していたために、木村さんが気後れして、声をかけることができなかった木たちであった。木村さんはリンゴの木に話しかける姿を、周りの農家にみられたくなかったのだった。

そうか、木にも人の心は伝わるのか。私は育てている花々、木々、それらのすべてにこれからは声をかけることにした。  つづく。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

なた豆は希望の豆

004 阿蘇のふもとの道の駅のそこかしこに、その豆はお皿に盛られたり、枝ごと売られたりしていて気にはなっていた。それは“ジャックと豆の木”を連想するくらいにたくましい枝だった。

福岡のT市に住むAさんのうちで、玄関横に拵えたアーチにその豆の枝が絡んでいるのを見た時、思わずその豆はなんという豆ですか、と尋ねていた。

それは“なた豆”と呼ばれるものであって、若いうちはサヤごと食べることも出来るし、ソラ豆みたいに茹でて食べるのもおいしいそうである。もちろんアンコにだってなれる。

けれどもその豆には、ほかの豆には真似のできない特殊な才能があって、それは、根元の方からだんだんと上の方へ向かって花を咲かせ、実を生らせると、今度はいきなり方向変換をして、また根元の方に向かって、花を咲かせ実を生らせる、という得意技があるというのだった。

人は誰でも愛する者には必ず元の、いた所へ戻ってきて欲しいものである。朝「行ってきます」と言って家を出たら、夕方か夜には「ただ今」と帰ってきて欲しいものである。その願いを託して、その豆は植えられているということだった。

特に戦争中は戦地に赴いた夫や息子、想う人の無事の帰還を願って、なんでもどうでも帰ってきて欲しいというせつなる思いから、この豆は競うように植えられたこともあったのだそうである。

私は一番下の根元のあたりで、もうすっかり種になっているサヤを一つ所望し頂いてきた。中を開いてみたら、ピンクのような紫のような色をした、大振りの豆が6個現れた。いつ種を蒔いたらいいんですか、と訊いたら「来年春先ですよ~」とのことだった。

そうだ、私もアーチを作ろう。台所の窓から見える所にアーチを作り、毎年種を蒔き、人々に希望を与え続けたなた豆が、花を咲かせ実をつけるのを眺めよう。

それにしてもホントかな~。是非この目で確かめなくては、、、(^^)v

| | コメント (12) | トラックバック (0)

夕顔はじつは夜顔だった

Yoruga Yoruga2 鉢に植えている夕顔がやっと咲くようになった。ところが玄関の外に置いているため、暗くなって咲いているのを実際に見たためしがない。朝になってしぼんだところを見るばかりなのである。

ところで、あちこちで、夕顔からはかんぴょう(干瓢)が取れます、と書いてあるのを見るけれど、うちの夕顔ときたら、朝顔より大振りな種子がとれるばかりで、かんぴょうが生産できそうな大きな実など出来てこないのである。このことは20年来の疑問であった。

ところがこの頃になってネットで夕顔の欄を見ていて疑問が氷解した。私の夕顔は実は“ヨルガオ”なのだった。

夜顔・・・ふつう、夕顔の名前で呼ばれるが、本当の“夕顔”は瓜科で実からかんぴょうを作る全く別の植物です、、、という記述を見つけたのだった。

なぁ~んだ、そういうことであったのか。夕顔じつは夜顔だったのねー。けれど夕顔からかんぴょうが取れるとなると、源氏物語の“夕顔の巻”はかなり印象が変わってくるのではないだろうか。はかなさが売り物の夕顔から、かんぴょうが取れるなんて、、、。やはり源氏物語の夕顔はかんぴょうの取れない夜顔に違いない。

(さて写真は我が家の夕顔、もとい夜顔、ではありません。去年は台風が来ると家の中に入れたために、花が咲くのを首尾よく眺めることも写真を撮ることもできたのですが、今年は台風襲来に備えて家の中に入れることもなくて写真を撮ることがないのですね。それでよそ様からの借り物です)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

今日の園芸

Kutinasinohana_2 ×月×日 園芸店でペチュニア10本と日々草を10本買った。花壇の中でだいぶんくたびれてきたパンジーを引き抜いて、交代させようと思ったのだが、パンジーがいちようにこちらを見ているので、「もうあなた方いらないワ」とはなかなか言えない。よく見るとパンジーのお顔もさまざまで、明るく朗らかに笑っているのもいれば、苦渋に満ちみちた顔をしているのもある。かと思うとムジナみたいに目鼻がないのもあるのだ。可哀相なのでもう少しいてもらうことにして、ギュウギュウ詰めだけれど日々草などむりやり植え込む。

ペチュニアは簡単に発根してくるのよーと教えてくれた人がいたので、早速試してみた。ほーんとだ、なんでもなかったように花を咲かせてるからそれでいいんだねー。ついでに日々草もやってみる。

園芸店では夕顔のかなり大きくなったのも売っていたので、そうだ、種まきするのを忘れていたよー、と急いで鉢に種をまく。夕顔といえばわからないことがある。それは夕顔からかんぴょうができる、と書いてあるのにたびたびお目にかかるのだけれど、私の夕顔の種はちょうど、抜歯した犬歯みたいな形をしていて、20年来そういう種子しかできないのである。かんぴょうができるからにはもっと巨大な実がなるはずでは、、、?

去年の7月6日には“くちなしの花”というタイトルで記事を書いたが、すぐそのあと、挿し木したくちなしのちいさな枝が20本程、ほぼ100%根差ししたらしく、小さな白い花を咲かせている。2週間経ったあとで挿し木したものは全滅だったから何事にも旬というものがあるのかな。その時の記事は以下のごとくですから、また読んでくださいねー。我ながら気合のはいった記事でしたのよー^^

http://hanamizuki-sy.cocolog-nifty.com/blog/2006/07/post_a123.html

さて夜になって家計簿を開き園芸店のレシートを見ていたら、あらら、ペチュニア11本、日々草10本と計算しているではありませんか!10本ずつ買ったのになー 105円ソンした~ とちょっとばかり凹んでて、翌朝花壇へおもむき数えてみたら、、、、。お店の人が正解でした!

| | コメント (8) | トラックバック (0)