他人どんぶり + 船 = 他人船 + どんぶり

 車を運転しながらラジオを聞いていると、作詞作曲家の遠藤実さんの内弟子だった人と、アナウンサーのやりとりが聞こえてきた。「他人船」が出来たころのエピソードが話されていた。

 遠藤さんはある日のこと、小さな食堂にはいった。そこに他人どんぶり、というメニューを見つけたので、店員さんに「これはどんなものですか」と訊いたそうだ。店員さんは、鶏肉と卵の取り合わせが親子どんぶりなら、豚肉と卵で他人どんぶりです、と答えたそうだ。

 それから数日たって遠藤さんは、さる港へ行き、人々(他人同士)が桟橋から船に乗り込むのを見た。それからひらめいて「他人船」という曲ができたのだった。

 関係者の中には「遠藤さ~ん、歌謡曲なのに、他人だなんてフレーズはダメですよ」という人もいたのだが、遠藤さんは、うんにゃ これで行く、と言って譲らなかったということだ。

 そうしてふたを開けてみたら「他人船」は大ヒット。今でもカラオケの定番として歌い継がれているのだそうだ。

 さて、その日の夜のこと私は夢をみた。なぜだかわからないが、私はステージで「他人船」を歌うことになっていた。それなのにまるで歌詞を知らないのだった。私はおおいに慌て、「だれかぁ~歌詞を教えて~~!」と叫んでいるのに、みなさん忙しそうにして取り合ってくれないのだ。楽屋とおぼしき所に姉達がいた。私は、「さっ、はやく教えてっ!てのひらに書くから」と言っているのに「なんだかうろ覚えなのよね~」とか言ってラチがあかないのだった。モウッ これで私の歌手生命も終わりねっっ!と覚悟したところで目が醒めた。

 翌朝、そうだ、ネットで調べればいいのだと気がついて早速検索してみたら、わかりました。“♪あ~~この黒髪の先までも あなたを愛しているものを~~引き離す 引き離す 他人船~~” とつづくのですね。 ちょっと気恥しいような歌詞だけれど「他人船」はカラオケで私のおはこになりそうだ。歌詞を忘れていてもダイジョウブだから^^。

 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

サラ・ブライトマンって知ってた?

Pict0045_2  去年の暮れのこと、NHKのテレビドラマ『坂の上の雲』を見ていた私は、BGMとして流れている美しい歌声に魅了された。いったいあの天籟の美声とでもいうべき声の持ち主は誰なのか。

 ドラマが終わってキャストをしっかり見ていると、メインテーマ曲は久石譲作曲 『Stand Alone』歌っているのはサラ・ブライトマンだということがわかった。甘くてさわやかで、しかも涼やかな声だ。私は息子に頼んで彼女のCDを一枚買ってもらうことにした。宝くじに当たったらお金払うからね。

 やっと届いたCDはなんと全曲これ『坂の上の雲』ばかりで、英語と日本語のヴァージョンもあって、これはこれでとてもいいのだけれど、私といたしましてはいろんなヒット曲がはいってるベストアルバムといったものを聴きたいわけよね。

 それになんといっても『坂の上の雲』は日清戦争や日露戦争がバックにある物語だから、風雲急を告ぐ、といった場面では、気持ちがなにかに圧迫されるような、重苦しい感じの曲が流れてくるし、ここはちょっと飛ばそうかー、ということになるのだ。

 また買ってねー宝くじ当たったら払うからーと息子に頼んで、やっと来ましたもう一枚のサラちゃんのCDが。ほんっとにいい声!『Time to say goodbye』『Music of  the night』はあのポール・ポッツが歌っていておなじみだ。スカボローフェアなんかもいいねー、ビートルズだったっけ。セリーヌ・ディオンが歌っていたタイタニックのテーマはイタリア語で歌ってた。

 私はこれまで全然知らなかったのだが、サラ・ブライトマンは、もう30数年以上も前から活動している世界的なアーティストなのだ。バルセロナや北京のオリンピックの開会式でも歌ったそうだし、10年くらい前のNHKの紅白歌合戦にゲストとして出場したこともあるそうで、’07年には世界陸上大阪大会でも歌ったという。日本にも沢山のファンがいて来日回数も多いそうだ。今50歳くらいなのだが、女を磨きキャリアを積み上げ、今や押しもおされぬビッグウーマンなのだ。こういうコトも知らないから若いもんから、なぎささんは“化石”だなんて言われるのだろうねー。

 DVDもあるそうでこれなんかも見てみたい。けれど今はガマンガマン。なにしろ6000円分の宝くじはやっと300円がふたぁつ当たっただけなのだ。換金ののち息子に600円払らわなくちゃ、、、。それにしても宝くじが当たるかもしれないという七色の夢を見るのは楽しかった。妄想にはげんでいた日々のことは忘れることはないだろう。

| | コメント (12) | トラックバック (0)