夫へのうらみつらみは

Pict0006  私は歯科医院の待合室で、『ゆうゆう』という雑誌をながめていた。『ゆうゆう』は子育て上の責任もほぼ終わり、夫もそろそろ定年を迎える頃、さ、これからゆうゆうどんどん遊ぶぞ~!という年齢にさしかかった女性達をターゲットにした月刊雑誌だ。

 ところが人生そうそう、うまくはいかないことになっている。この“ゆうゆう世代”はゆっくりできるどころか実に波乱にとんだ世代だ。自分自身の体調が思わしくなくなることもある。夫がガンの宣告を受けるかもしれない。ガマンにガマンをかさねてきたが、子供も成人したことだし、そろそろ夫と離婚しようともくろんでいる女もいるだろう。娘が出戻ってきて孫育てが始まることもある。それから親の介護が始まったりと、一筋縄ではいかないお年頃がゆうゆう世代なのだ。

 さて雑誌では“長年連れ添った夫への手紙”を特集していた。まだ生きている夫への手紙、もう死別してしまった夫への手紙。この世は広いから「あなたと巡り合えて幸せでした。また生まれ変わることがあったら、あなた以外の人と結婚するなんて考えられません」と心から夫を尊敬しアイしている女の手紙もあった。が、こういうのはあまりおもしろくもないからパスすることにして、人の不幸は蜜の味であるから、恨みつらみが盛りだくさんの手紙を紹介することにしよう。

 次はある女性の、まだ生きている夫への手紙だ。見合いの相手が医者だというので、左団扇でのんびり暮らせるかと思ったのはとんだ計算違いで、“あなたは桁違いの浪費家でした。ギャンブル、億という単位の保障かぶれ。弟妹の学資援助などで借金地獄。何度も自殺や離婚も考えました。息子たちがいなかったら今頃は死んでいたと思います。この結婚は完全に失敗でした。生まれ変わったら、あなたとは絶対に結婚しません”

 彼女はもう55歳だというのに、まだ医院の受付にすわって会計を見張っていなければならないのだそうだ。 次はもう死んでしまった夫への手紙。

 “お見合いの後の一ヶ月、あなたとお義父さんが私の家に日参。望まれて嫁ぐのが幸せと思って結婚を決意。なのに待っていたのは奴隷のような生活でした。お義母さんや義妹につらく当たられても、あなたはちっとも私をかばってくれませんでした。実家の母の葬式の日、悲しみにうちひしがれている私に、「帰って家族の夕食の支度をするように」と電話をよこしたことは生涯忘れません。あなたは12年前に亡くなってしまいましたが、生前これ以上は無理というところまで尽くしたので、思い残すことはありません。お義母さんが亡くなり、お義父さんは施設に預け、娘は嫁に出し、今は息子と二人暮らしですが、しみじみと幸せを感じています。実家の父の世話をできるのがありがたく、毎朝心穏やかに仏様にお参りしています。”

 どの手紙にも女たちの切実な思いがこもっていて、どれもこれもドラマになりそうな内容だ。“生涯忘れません”と言いたい出来事が私にも、思いつくだけでも五つくらいはあるが、関係者がまだ全員ピンシャンとして存命であるので、波及効果を考えるとここに発表するわけにはいかない。「皆さん、鬼籍にはいられました~」という頃には差し支えないかもしれないけれども、そのころはこのなぎささんもモウロクしてしまっていることだろう。ま、すべての事は、この胸にしまってあの世に旅立つことにしたほうがよいのかもしれない。

  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

それは 口が言うだけ

018 久しぶりに会ったK子さんは浮かない顔をしていた。そして言うのだった。年金も貰えるようになったことだし、そろそろ離婚したいのだと。でもねー、離婚したらこのうちがなくなってしまうでしょ、そしたら子供たちが帰ってくるうちがなくなるということだから、それが辛いのよねー、と言った。

さて私は家で夫に「K子さんが離婚したいんだってー」と話した。すると夫は「それは口が言うだけであって、内心は離婚したくないのだから、もっとよく話を聞いてあげれば」と言うのだった。

何日かたって、私はマドレーヌを焼いた。万事につけおおまかおおざっぱの私は、こまごまチマチマと個別に作ったりはしない。いつもドカーンと大きなかたまりで焼くことにしている。その半分を持って、K子さんのうちに行くことにした。

K子さんはやつれてぼんやりした顔で玄関に出て来た。夜中ずっと眠れなくてコタツで悶々としていたのだという。ご主人は今なにをしているのー、と訊いたらば、屋根の修理をしているのだという。

この寒空に屋根の修理をしてくれるなんて、有難いことではないの。よそのおじさんだったら、絶対してくれないところよー。もっと感謝しなくちゃ。そういえば、とK子さんは言った。「もう何十年も、ありがとう なんて言ったことないような気がする」と。

それで私は言った。「ご主人が下へ降りてきたら (とハーフムーン・マドレーヌを差し出し) 寒かったでしょう、これでお茶でも飲みましょう、と熱いコーヒーでも紅茶でも淹れたらどうかしらー」

「言いたくないけど言ってみる」とK子さんは言った。

それから何日かたって、K子さんはバイクに乗って我が家へやってきた。皮が赤紫色の大根を三本持って。この赤い皮をした大根が大好きで、毎年たねを蒔いて育てているのだそうだ。これからおいしいコーヒーを買いにいくのだと言っていた。バイクにまたがるとK子さんは振り返って言った。「このあいだはありがとね、きっかけを作ってくれて」

……ということは。あれはやはり くちが言うだけだった、ということなのねー。赤紫色した大根は皮をむいたら、ふつうの白い大根でした(^_^)v

| | コメント (8) | トラックバック (0)

やさしさとかいしょのなさが

Tenntyann_028 MさんがYさんのところへやってきて離婚の相談をしたそうだ。夫の性格が悪いので離婚したいのだと。Yさんは言ってやったそうである。「あのねー、離婚ってたいへんなエネルギーを消耗するのよー。それよりお金を貯めたら?楽しいわよぉ~、ダンナの性格の悪いのなんか気にならなくなるから」

Mさんははじめ驚いたそうだがやがて納得して帰り、それ以後、離婚の話はしなくなったそうである。私はMさんの夫のことは少しだけ知っているが(家庭内でどれほど性格が悪いかは知らない)外でよく働き、沢山のお金を稼いでくれるいいひとだから、別にィ、別れなくてもいいんじゃない?と思ったものである。

小林幸子のヒット曲に『雪椿』というのがある。作詞家 星野哲郎は「あなたのおかあさんはどういう人でしたか」とつらつらと訊き出し、それから作詞にとりかかったそうである。幸子さんは出来上がった曲を初めて歌ったとき、母を想い涙が止まらなかったということである。

その歌詞を読むと、幸子さんのお父さんというひとは、やさしくて力持ち、温厚で申し分のない人柄のように思われる。ところが残念なことにカイショがなくて、おうちに十分なお金を持ってきてくれないために、お母さんは大変な苦労をしたのであった。“そんな男に惚れたのだから 私がその分がんばります”と言って“寝顔を誰にも見せない”ようにして働いたのであった。

そんなおかあさんでも一年のうち10回くらいは「やさしくなくていいからカイショのある夫がいい」と思ったりしなかっただろうか。

この世に二つ、いいことはないのである。夫がやさしくてカイショがないか、やさしくなくてカイショがあるかどちらかだ。ウゥン、うちの人はやさしくてカイショありなのー、という女の人もいるかもしれないが、そんな人は百万人に一人いるかいないかの幸運の持ち主なのだから、もっともっと天に感謝したらよろしい、と私は思う。

ではなぎささんちの夫はどうなんですかぁー、と訊かれても、、、あのぉそのぉ、、、これはいろいろ差し障りのあることなので、ここで発表するわけにはまいりません、と申し上げておきます、ごめんなさいね。

さて写真は本文と関係ありません、、というかよそ様のゼラニュームですね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

今日の釣果は?

Petyunia_001 京都の親戚のおじさまが魚釣りを楽しむため、我が家にやってきた。おじさまは朝8時頃ふらりとでかけて夕方5時頃、帰ってくる。ひと風呂浴びるとビールを傾けお食事。そしてそのあと、まるで一宿一飯の恩義があるとばかりに腕まくりをして食事の後片付け、茶碗を洗おうとするのだった。

けれど私としてはお茶碗など洗って頂かなくてもいいのである。おじさまが台所の隅に置いたままになっている今日の釣果、クーラーボックスの中身をなんとかして頂きたい。さっき見たから知ってるけど、中にはまるで商品価値のなさそな雑魚が、ウロコが剥がれにくそうなのがゴタゴタとはいってるのだ。(こんなこと言ってごめんね、サカナたち!)それをおじさまったら知らんふりして、このアタシにさせようって気なのよね!

魚釣りのあとの処理をしないおじさまについて、あとでその娘さんと話したところ、以下のことがわかった。

おじさまは魚釣り大好きなので、暇をみては魚釣りにいくのだけれど、釣ってきた魚をさばこうとしないものだから、これが夫婦喧嘩のもとになっているそうなのであった。それでおくさんが腹を立てながらヤレヤレと、中の魚を取り出し処理をし始めると、おじさまは「待ってましたぁ~」とばかりにクーラーボックスを綺麗に洗い、磨きたてるのだそうだ。(なぜか洗ったり、こすったり、磨き上げるのはだぁ~い好きなんだそうで)

で、何故おじさまがこんなになってしまったかについては訳がある。そのおくさんという人は瀬戸内海に面する漁業のさかんな町の出身で、サカナだったらなんでもござれ、スイスイとさばき、手際よく料理してしまうのだそうだ。

それだけならいいけれど、おじさまのすることを「アナタ、へたね~」という具合にケチをつけてしまったらしい。それでおじさまはすっかり気を悪くしてそれ以来自分が釣ってきた魚にさえ手を出さなくなってしまったというのだ。

なぁ~るほど、そういう訳があったのかー。

そのことから私は大きな教訓を得た。一つ、何事か為さんとする人がいたら、決してケチをつけることなかれ。あらあらお上手ね~と褒めたたえ豚も木に登らせるほどの覚悟をもって、ヤル気を起こさせるベシ!!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

千の風になって

_059このごろ巷じゃ “千の風になって”という曲が大ブレイクしているんだよ、とムスコが教えてくれたのは随分前のことだったがなかなか聴く機会がなかった。このたびCDを送ってくれたのでひたすら聴くことにした。これはとてもいい曲なのだった。

かけがえのない愛する人を亡くしてしまった人々にとって、この曲は大きな慰めと癒しを与えてくれたことであろう。私は死んでお墓に眠ってなんかいないんだよ、千の風になって、光になって、雪になって、鳥になって、星になって、いつもあなたのそばにいて見守っているんだよ、とメッセージが届いたとしたら、喪失感に打ちのめされていた人にも生きる勇気を与えてくれたことだろう。

私は先日、夫を亡くして5年ほどになるKさんと話をした。亡くなった時夫はまだ52歳の若さであったという。kさんは3年間というもの毎日まいにち、お墓へ通ったそうである。雨の日は傘をさして、風の日にもみぞれの降る日にも通いつめた。夫が大好きだったビールの500ml の缶を、飲みやすいように蓋を開けて 墓前にお供えした。(いつの頃からか、、、、だんだん勿体ないような気がしてきて、今では100円のビールをお供えしているそうである。) そして3年たった頃からあまりにお天気がひどい時には行くのはやめようか~、というふうになってきた、と言っていた。

Kさんは、夫はずっとそばにいてくれているような気がしていた、と言った。けれどもどうしてもお墓に行かずにはおれなかったのだった。それからこんな事も言っていた。これまで70歳や80歳になっても二人そろっている老夫婦や、自分と同年代の夫婦、そういう人たちを見るとどうしてもユルセなかったと。けれどもこの頃になってやっとユルセルようになってきたのだと言った。許す、という表現をKさんはしていた。

5,6人集まってよもやまの話をして楽しむことがある時、「うちのダンナときたらねー」と、自分の夫のワルクチを披露することはよくあることである。このあいだも、35年の結婚生活の中で、夫がゴミ出だしをしてくれたのはたったの2回で、それも200メートルほど歩いて持っていっただけ、もうナーンニモしないんだから、、、と話した人がいた。夫が昼間から酔っ払ったら最後、てこでも動かずもう仕事にならないとぼやいた人もいた。

そういう話をKさんはどんな気持ちで聞いていたのだろうかと今になって思う。彼ったらね~!とオノロケを聞かしたわけではなく、自分の夫のワルクチを言ったのだから別段悪いことをしたのではないけれど、Kさんにしてみればゴミ出しをしない夫だろうが、昼間から酔っ払う夫だろうが、そこにいてくれればそれでいいじゃないの、と言いたかったかもしれないのだ。

けれどKさんはいつもにこにこして話を聞いていた。ほんとうはユルセなかったかもしれないのに、そんなそぶりは全然見せなかったのだった。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

不意の客

何月何日に遊びにきます、、、なんて言われると私は困ってしまうのである。その日がくるまで、掃除のこととか、テーブルに並べるもののこととか考えると心穏やかに過ごせなくなってしまうからである。

その点、不意の客ならダイジョウブ。さぁ、どうぞどうぞ、散らかしておりましてぇ~、今までマゴが遊んでおりましたものですから~、とか何とか言いながら、さて何を供したらよいものかとめまぐるしく考える。

不意の客といえば、友達の S が話していたことが忘れられない。S がまだ社宅に住んでいた頃、正月であったので着物など着ていたが、夕方になっていささか着物にも飽きてきたので、洋服に着替えることにした。脱ぎ終わったばかりのとき、夫が友人を連れて帰ってきたのであった。

S は着物やら帯やら襦袢やら、とりどりの紐などを大急ぎでクルクルと巻き団子にすると、押入れのふすまを開けるや、上段のふとんの上にエイヤッと置いた。それからにこやかにドアを開け、招じ入れたのであった。

酒肴の用意などしているうちに、どうしても押入れの下段に置いて入る物が必要になったので、押入れのふすまを開けた。すると着物その他一式の団子がなだれのごとくに転がり落ちてきて、畳の上は満艦飾になったのであった。

夫とその友人ははじめはクックッと肩を震わせて笑わないでいようとつとめていたが、そのうち大きな口をあけてワッハッハーと笑いだしたということだった。  (この話、おもしろかったかしら?)

先ほど、不意の客ならOKよ、と言ったけれど、じつはそれも苦手なのである。たった今思い出したことなのだが、その昔、オットがまだ若い頃には、よく人を連れて帰ってきたものである。すると私は、“あそこのうちの奥さんはよくデキタ人だね~、感じいいよね~、嫌な顔ひとつしないね~”なーんて言われたいがために誠心誠意もてなしたものである。(冷凍冷蔵庫にあるもの惜しみなく並べ立てたもんである。)

それから、客人がお帰り遊ばす時にはにこやかに「またいつでもどうぞ~」なんて愛想良くしておった。けれどその後、オットの方を振り向いて言ったものである。「モオッ、私に断りもなく、人を連れてこないでよねッ、私にだって予定があるのよッ」

予定といっても、風呂に入って寝る、くらいの予定しかなくてもそう言ったのであった。ほーんとに私って昔は悪妻だったみたいね、今もそうだけど。

| | コメント (8) | トラックバック (0)