« まゆみ | トップページ | なにかいいことありそうな »

見て見ぬふりをし、感じても感じないふりをする

Img_20150126_150913 私は精神科医の斎藤茂太さんの著作を少しずつ読んできた。茂太さんが亡くなったと聞いたときには、実の親と別れた時と同じくらいさびしく感じたものだ。

 今は土曜日の夜、九時前に放送される茂太さんの『いい言葉はいい人生を作る』をビデオにとっておいて見るのを楽しみにしている。

 

 先日の放送「夫婦の仲は、、、」はたいそう面白かった。茂太さんが言うには、家族関係は船旅に似ている、というのだ。(茂太さんは大型船でのクルーズが大好きだった)

 船旅で一緒になった人々と折り合って暮らすのはなかなか大変なことだ(そうだ)。いったん組み合わされると、もう逃げ出すことはできない。「やれやれ、いやんなっちゃうよー」と外へでればそこは大海原だ。

  家族の関係も一緒だ。離婚でもしないかぎり、組み合わされた人々となんとかうまくやっていかねばならない。そこで、‟見て見ぬふり、感じても感じぬふりをする”というウルトラCの技術が必要となる。

 しかし、見ても見なかったことにし、感じても感じなかったことにする、ということは簡単そうにみえて実は難しい。私たちはどうだろうか。日々の暮らしのなかで、見なかったこと、感じなかったことにして、心に決着をつけるまでに、一時間かかったり小半日かかったり、一か月かかったりするのだ。どうかしたら何十年前のことでも、見ました、感じました、と忘れられないでいることも多いのだ。

 しかし、何事が起きてきても、瞬時にスルーさせることが出来るようになったら、それは人生の達人であると言えるのではないだろうか。

 さて、近々わが島に『飛鳥Ⅱ』が寄港することになっている。飛鳥Ⅱに乗って世界一周の旅に出る、ようなことは生涯なさそうな気がするので、その5万2千トンの船の雄姿を「見るだけは見に行こう!」と思っているところだ。

|

« まゆみ | トップページ | なにかいいことありそうな »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

おはよう。勉強になる。おしゃべりは出来るけど、表現出来ない。いつも拝読のみ、楽しいよ。イロハ

投稿: | 2015年2月 5日 (木) 11時22分

イロハさま

おはようございます。
いつもコメントをありがとうございます。
いつか、飛鳥に乗って、知らない街を
旅したいですね~~^^

投稿: なぎさ | 2015年2月 6日 (金) 08時19分

はじめまして。
いつも楽しみに拝読しています。

忘れられないこと…
沢山ありますねぇ。
飛鳥に乗って世界一周でもしたら、
嫌なことも忘れられるかな。笑

投稿: 杏 | 2015年2月 6日 (金) 14時59分

私も斎藤先生のエッセイが好きでよく読んでました。
確かに夫婦関係は船旅に似ているかもしれません。
何かとツッコミ所が多い私ですので、カミさんはさぞかし見て見ぬフリばかりだと思います。
なのでいつも感謝感謝でございますよsmile
お礼に「飛鳥って船に乗るかいな?」と聞いてみよっかな~。

投稿: 便利屋 | 2015年2月 7日 (土) 15時08分

杏さま

はじめまして。

足腰達者なうちに飛鳥に乗って、港に着いたら飛び降りて
元気に見て歩く。
ヨレヨレになってからでは楽しくありませんねー。

思い出したくもない嫌なことって、ありますよね。
是非一度、飛鳥に乗ってみましょう、忘れられるかも^^


投稿: なぎさ | 2015年2月 7日 (土) 21時47分

便利屋さま

まず札束を準備して「飛鳥って船に乗ってみるかい?」って?
ひゃーっ!カッコいいっ!

五島に寄港したらわたくし、花束もって表敬訪問させていただきます。

投稿: なぎさ | 2015年2月 7日 (土) 21時52分

(*゚▽゚)ノ
茂太さんの言葉には励まされますね。

投稿: まさ | 2015年2月 8日 (日) 06時05分

まさ様

そうですね。
慈愛深いまなざしをかんじます。
人格者だったのですよね。

投稿: なぎさ | 2015年2月12日 (木) 06時47分

将棋の米永名人の著書で鈍になれみたいなほんありました。敏感より鈍になる努力する方が大切うまく生きていける。知らないふりすること大切ですね

投稿: たいややさん | 2015年3月 7日 (土) 10時57分

たいややさま

敏感より鈍になれ、ということですね。
うーん、そのほうがいいかもしれません。
反応しすぎるとロクなことありませんものね。

鈍感力という言葉もありますよね。
鈍感になれるのが、強い人、と言えるかも
しれませんねー。

投稿: なぎさ | 2015年3月10日 (火) 20時47分

なぎささま先日お世話になりました。長崎、平戸、壱岐とまわりやっと東京でほっとしています。明日から今度は四国、大急ぎで拝読しました。
嫁というのも生きるのもしんどいものですね。でもまあめげることなくぼちぼちといきていきたいなあと思ってます。
もっといろいろお話したかったです。五島の空気気に入ったので、ひとりになったら、私も自分が生き残るとどこかで思ってます、移り住みたいと思っていたけれど、その前に性格かえないとだめだということだけはわかりました

投稿: やどりぎ | 2015年3月19日 (木) 11時58分

やどりぎ様

こんばんは~。
コメントに気がつきませんでした。
あれからもお忙しかったのですね。

与えられた環境のなかで、なんとかつじつまを
あわせて、生きていくよりほかはないような気がしています。

それにしても、時間には限りがあるので、焦ってしまいますよね。

投稿: なぎさ | 2015年3月21日 (土) 21時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76457/58710897

この記事へのトラックバック一覧です: 見て見ぬふりをし、感じても感じないふりをする:

« まゆみ | トップページ | なにかいいことありそうな »