« 90歳にして梅の木にのぼる | トップページ | 焼くな 埋ずむな 野にさらせ »

メマイの季節(その2)

 九月の中ごろのことだったのだが、私はひどいメマイにおそわれた。頭がくら~っとしたかと思うともう目がまわり、立ってはいられなくなった。目を開ければ天と地がひっくり返るし、吐き気もするしで、じっと寝ているほかはなかった。三日間は水を飲むことさえ出来なかった。それなのに半日に一回はトイレに行きたくなるのだった。

 で、いつになく低姿勢で夫に「トイレに連れていってください」と頼むことになる。うつむくと吐き気がするので仰向けのままズルズルとひきずってもらうことになる。ところが私の体重のあまりの重さに耐えかねたのか、廊下のなかほどでしばらく放置された。どうしたのかなーと思っていると、ゴロゴロと引っ張ってきたのは、ビールなど重たいものを運ぶときに使っているキャリーだ。

 その上にエイヤッと私の上半身は乗せられ、ゴロゴロ、下半身はズルズルとトイレまで引っ張られていったのだった。文句を言う気力もなく、それはもう死体になって運ばれているような気分だった。

 河岸のマグロのようにじっと横たわったまま、いろいろなことを思った。松下幸之助は“四百四病の病いより貧(ひん)よりつらいものはない”と言ったそうだけれど、本当にそうだろうか。ベッドを半分起こしてもらって、美味しいものをパクパク食べたり飲んだり、読みたい本を次つぎと読んで、というようなことができる病人なら大歓迎だが、ふつう病人といったら、熱があったり痛みがあったり吐き気があったりして、おいしいものを食べるどころではないのだ。メマイがすれば目も開けていられないから本も読めない。

 貧しくても健康だったら、一日の労働が終わったあと、おいしく水をのみ、ささやかでも「オイシー!」と言って食事をすることができるだろう。どんな病いより、貧のほうがいいような気がするのだけれど、どうなのだろう。

 欲も得もなく寝ているとき、豊臣秀吉の辞世の歌を思った。

  “つゆと落ち つゆと消えにしわが身かな  浪速のことも夢のまた夢”

 来る日も来る日も、あくせくと暮らしているけれど、死んで行く日には一体なにを思うのだろうか。なにもかも夢のまた夢であったよなー、という感慨を持つのだろうか。メマイくらいでは死なないと思ってはいるのだけれど、ずーっとこのままだったら死んだほうがマシ、と思えてくるのだった。

 四日目にやっと一人で歩けるようになり外に出てみると、鉢植えの私の可愛いい子ちゃんたちが瀕死の状態になっているのを見た。私がメマイで寝ているあいだ、外はカンカン照りで水切れになっているのだった。

 黄色い花がポッカリと咲いてかわゆいアラマンダ、大株になっていた初雪カズラ、ピンクの小さい玉が可憐なジュズサンゴ(数珠珊瑚)、めずらしいツバキの幾鉢か。ワ~~ンと泣きたくなるのを我慢して大急ぎで水やりにはげんだら、あ~ら不思議。メマイはどこかに飛んでいってしまったのだった。残念ながら初雪カズラは枯れてしまったのだけれど。

 この前メマイになったのはいつだったのだろう。たしかブログに書いたよね、と調べてみたらなんと奇しくも!ちょうど三年前の同じころだったのだ。ということは、三年後にもメマイが起きるかもしれないぞ。その時は、、、キャリーの上に一枚、毛布でも敷いてもらって、それから死体を、ノン まだ生きているはずだけれど、もっとゆっくりと引っ張って欲しいものなりと夫に頼んだことでしたー^^。

 

 

|

« 90歳にして梅の木にのぼる | トップページ | 焼くな 埋ずむな 野にさらせ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ギョギョ!
それは軽視できませんよ!
ちゃんと病院で検査してもらってくださいね。
病気は早めの処置が一番!
油断は絶対に禁物ですよ。
ちゃんと検査して「なんでもなかった~♪」
という報告をここでしてください。
待ってますよ~!

投稿: 便利屋 | 2014年10月 7日 (火) 17時57分

便利屋さま

ご心配くださり、まっことに有り難うございます。
三日目によろよろしながら病院へ行き、
検査もしていただきました。
特に異常はないということでした。

病気より貧のほうがいい、と今でも思っていますよー^^


投稿: なぎさ | 2014年10月 7日 (火) 19時42分

良かったっす~!happy01
これからはあまり無理をしないでくださいね!
しかしまた台風が近づいてます。
くれぐれもご注意を!rain

投稿: 便利屋 | 2014年10月11日 (土) 15時17分

ありがとうございますー!

ほんとうに怪物みたいな台風ですよねー。
まともに直撃されたら大変なことになると思います。

まだまだはるか彼方なのに、こちらでは今朝からは
高速船が欠航し、明日は全線が欠航です。

備える、といっても雨戸を閉めるくらいですー。
そちらも大雨大風の中に飛び出さないようにしてくださいねー^^

投稿: なぎさ | 2014年10月11日 (土) 20時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76457/57517834

この記事へのトラックバック一覧です: メマイの季節(その2):

« 90歳にして梅の木にのぼる | トップページ | 焼くな 埋ずむな 野にさらせ »