« 正岡子規 どんな時でも平気で生きる | トップページ | メマイの季節(その2) »

90歳にして梅の木にのぼる

 朝からどんよりと身体が重くて仕事にならない、しかしここ一発どうしても元気を出さねば、というとき、私はちょっとばかりお高い栄養ドリンクを1本クーッの飲み干す。すると10分くらいたつと元気になったような気がしてきて、さっ、こうしてはいられない!という気がみなぎってきて身体が動くようになるのだ。まさにポパイのホウレンソウなみに即効性があるのだ。

 ただし、このドリンクのいけないところは、もうネンネしてもいいよ、という時間になってもなかなか寝付けないところにある。それに眠りが浅くなって頻繁に目を覚まし、したがって翌日は睡眠不足となるのだ。

 効能書きを虫メガネで読んでみると、カフェインになんとかに、とやっぱり神経を高揚させるようなものが沢山はいっているのだ。あんなの飲むのヤメヨ、と思いながらもつい手を出すことを繰り返し、だから私のヤクはやっかいなのだ。

 ところが先日、新聞を読んでいたら、元気なおじいさんおばあさんを紹介する欄があって、それを読んで私は驚いた。なんと90歳になるというのに、梅の木に登って実を採るおばさまが登場していたのだ。一人暮らしだが畑も作っていて、収穫したものを近所の人にあげるのが大好き。「さ、今度は何を植えてみんなを喜ばせようかなっ」と畑のレイアウトを考えたりして毎日が楽しいそうだ。

 畑を耕すときは耕運機を自分で動かすのだそうだ。「耕運機のほうがラクですよー。クワなんか使ってられません。腰のためにも耕運機のほうがいいのです」

 その90歳のおばさまの家は少しばかり小高いところにあって、毎日毎日上ったり下がったりしているのがエクササイズになって、元気にしていられるのかもしれない、とあった。

 もちろん健康食品などには無縁だそうだ。自分の畑で採れたものを自分で料理して食べる。それだけのことだそうだ。ちょっとへたばってくるとすぐに「あれ飲もう」と手をだすのがクセになっている私は恥ずかしくなってくる。

 れっきとした前期高齢者になって、ちょっとばかり暗澹とした気分になることもあるワタシだが、90歳になっても前向きに明るく暮らしている人がいることを知って、気分が一気に明るくなったのだった。

|

« 正岡子規 どんな時でも平気で生きる | トップページ | メマイの季節(その2) »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

時々ムチャクチャお元気な爺様婆様に出会いますが、
ちょいと尊敬しちゃいますわ。
もし自分があの歳になったら、あんなに元気でいられるだろうか?とね。

そういう方々は、皆さんよく食べよく笑っていらっしゃいるように見受けます。
やはり人生にたいしてポジティブなんですね。
見習わないとな~coldsweats01

投稿: 便利屋 | 2014年9月 1日 (月) 14時36分


なぎささん こんばんは

なぎささんのユーモアあふれるブログ いつも楽しませてもらってま~す

そうなんですよ 元気なお年寄り多いですね

そういう私もれっきとした高齢者 周りのお年寄りがあまりにも元気でなんだか落ち込んだ事ありました

今はすっかり元気な年寄りになってます
 60歳を過ぎるあたりが気持ちの切り替え時ですかね
じたばたしてもしかたないと腹をくくる時かも、、、

投稿: ふーちゃん | 2014年9月 1日 (月) 20時59分

便利屋さま

よく食べよく笑う(ポジティブな証拠)のが
いいらしいですね。

テレビで100歳くらいの人が、ステーキを
食べなきゃ元気でませんよっ!なんて言って
もりもり食べているのを見ました。

笑うと免疫細胞も活発になるらしいし。

はぁ~。老害をまきちらさないうちに
この世から去りたいものですわ~~^^

投稿: なぎさ | 2014年9月 1日 (月) 22時35分

ふーちゃん様

人ごとみたいに思っていたのだけれど、
確実にお年寄りの仲間にはいってしまいました。

島の人口もドサドサッと減っていまして
一年間に350人くらいが普通に死んでいき
高校生が500人くらい島外に出て行ってしまいます。

学校は片っ端から閉校廃校。
残るは年寄りとイノシシばかり。

年寄りが元気になる以外に方策はないのですわ^^

投稿: なぎさ | 2014年9月 1日 (月) 22時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76457/46462475

この記事へのトラックバック一覧です: 90歳にして梅の木にのぼる:

« 正岡子規 どんな時でも平気で生きる | トップページ | メマイの季節(その2) »