« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

それは時間の無駄です

 ある日の夕方テレビをつけたら、京都・大原に住んでいる、ガーデナー、エッセイストとして有名なベニシアさんが出ていた。なんでも彼女の母ジュリアナさんの墓参をかねて、兄弟姉妹に会うためにアイルランドを旅している、ということのようだった。

 番組をはじめから見ていたわけではないので、詳しいことはわからないのだが、ベニシアさんの母は貴族出身だったらしい。しかしある理由から(多分もっと自由奔放に生きるため)その身分を捨てたということだ。そして4回結婚し、4回離婚したのだった。ベニシアさんによると「母は辰年うまれで、(イギリス人なのに干支に関心があるらしい^^)スケールが大きく、力強く 情熱的、人生をとことん楽しもうという精神が、誰にも止められないほど強かった」ということである。

 母上が4回結婚したので、ベニシアさんには異父の兄弟姉妹が大勢いることになる。ジュリアナさんは晩年はアイルランドでホテルを経営していたので、そこの近隣の人々や彼女の子供たちが、ジュリアナさんの人柄について語っていた。なかでも義理の娘に当たるという人の述懐は特に興味深かった。 彼女は言った。「私はすごくSHYだったけれど、ジュリアナから、それは時間の無駄だ、と教えられました。」

 SHYであることは時間の無駄なのかと私はおおいに驚いた。恥ずかしがっていたり、人の後ろに引っ込んでいたり、繊細すぎたり優柔不断であったりすることは時間の無駄なのか。

 それから数日たった或る日のこと、朝からいろいろと腹立たしいことばかりが起きてきて、私のイライライリイリはつのっていた。「こういうのがヒステリーっていうんだよね」と自分で思いながらも、どうにも気分はおさまらないのだった。 そんな時ふと天の一角から聞こえてきたのだった。「それは時間の無駄じゃよ~~!」

 それで私は理性を取り戻すことができた。ここで誰かに八つ当たりしても事態は好転しないばかりかますます悪くなるだろう。しかも泥沼に浸かったような気持ちでいたら、ただでさへ残り時間は少ないというのに、まったくの時間の浪費なのだ。私はようやく気持ちを切り替えることができた。ありがとね、ジョリアナさん、いいこと教えてくれて。

 ジュリアナさんは突然の交通事故でこの世を去ったということだ。けれどその人生は、すべて自分の責任において決断し実行したものであったろうから、十分に満足のいくものであったろうと思う。私も今度生まれ変わったら、そういうふうに生きてみたいものだ。今生は無理ね、私ってこうみえてもSHYなのよ。いや、今からでも遅くはないか、、、。 

 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

これが最高の贅沢

 小さい白い花がちらちらと咲いているユーフォルビア・グローリアを買おうと思ったのは、他所の園芸店で見たものより、はるかに安かったことと、店員さんが「これは挿し木すればすぐにつきますよ」と教えてくれたからだった。 私はどんどん増えていくものが大好きで、今年の夏だけ、などと限定されているものはオヨビじゃないのだ。

 ほんとうにユーフォルビアは感心だ。細い枝ながら、節のところでポンと折って、ガラスのコップに挿しておけば、じきに根を出してくるのが見える。花壇にそのまま挿しておいても、枯れました~ということがない。せっせと枝を折って、もう何人の人に差し上げたかわからないくらいだ。

 このあいだ、家の前でユーフォルビアをいじっていると、「きれいですね~」と声をかけてきた人がいた。見知らぬ人だったのだけれど、ユーフォルビアと、隣に咲いていたモナ・ラベンダー(これも容易に発根してくる)を小さなブーケにして差し上げると、その方は後で、お礼にといってお菓子を持ってきてくださったのだった。

 五月の後半に百日草とサルビアの種をまいたら、7月のはじめには花を咲かせるようになった。百日草は今ではジニアと呼ばれて、一重に八重、色もカラフルになって人気があるのだ。サルビアの赤い色は、この猛暑にも耐えて、けなげに咲いているのを見ると、こちらも元気ださなくちゃ、という気になってくるものだ。

 さて、かのエリザベス・テーラーは自宅の大邸宅の前で何かのインタビューに答えて言ったそうだ。「毎日切りたての花を飾るのが最高の贅沢よ」

 これはちょっと意外な気がしたものだ。ダイヤモンドでもなく、シャネルの5番でもなく、トスカーナの別荘でもなく、切りたての花を飾るのが最高の贅沢だとは。

 切りたての花とは、お店で買ってきた花ではないということだ。ちょっと庭に下りて、旬の花々をながめ、四季の移り変わりを肌身で感じながら、何本かの花を切り取る。庭の花や野の花を、玄関や洗面所やトイレなど、家のあちこちに生けるのは、身も心も多少余裕がないと出来ることではない。

 言われてみれば、これは、ささやかではあるけれど最高の幸せなのかもしれない。花とふれあうその行為が実はとても人生を豊かにしてくれているものだということを、銀幕のスターから教えてもらったような気がしたのだった。

 

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »