« 白石 静さんに学ぶ“漢字は楽しい” | トップページ | 断捨離はイタイ »

漢字を返せといわれても

 漢字といえば忘れられないことがある。小学4年生のときのこと。担任は大石先生という男の先生だったのだが、毎日、土曜日のぶんも日曜日のぶんも、100字の漢字を宿題として書かされたのだった。それを忘れていくと、先生はげんこつを作りハァ~ッと息を吹きかけては生徒の頭をガツンとやるのだった。先生の右手中指の関節は特別に節くれだっていて頭の芯まで痛みがひびいた。

 そのことで先生を恨んではいないが、白川 静先生みたいに「漢字はこういうふうに成り立ってきたんですよ」とやさしく教えてもらったらもっとよかったのにと思う。けれどもあの頃、シャニムニ漢字を書くように指導してくれた大石先生には感謝せずにはいられない。漢字の基礎力を与えてもらったような気がするのだ。

 さて、古代中国社会にとって、祭祀と軍事は非常に大切なものであった。漢字は神への祈りや呪術によって敵を打ち破ろうとする文字から出来てきたのが圧倒的に多いのだという。甲骨文字や金文(殷から周の時代にかけて青銅器に文字を鋳込んだもの)の長年の研究から、そういう古代中国の社会のありようを究明していったのが白川 静さんの文字学だといわれているのだ。

 これを読めば背中が続々と寒くなるお話をひとつ。「取」という字がある。篇(ヘン)は耳で旁(ツクリ)は又という字であるが、これがなぜ「とる」という意味になったのか。実は「又」は右という字の元の字で、右手をあらわす字なのだ。だから「取」は左耳を右手で切り取るさまをあらわした字なのだ。

 戦争の際、討ち取った証拠に敵の左耳を切り(馘耳 かくじ)、その耳の数で戦功を数えたのだという。戦場で沢山の耳を切り取るとどうしても袋のような物が必要だ。「最」は戦場で得た耳を袋に入れて集め持つという意味で、一番集め、一番功績のあった者を「最」といったのだという。

 そしてもうひとつ血なまぐさい話を。「道」という字がある。篇は「しんにょう」で、これは四辻をあらわす文字から進化していった「みちを行く」という意味であるから問題ないとして、ではなぜ旁は首なのか。

 白川文字学によると、他の氏族のいる土地や外界に通じる道は、邪悪な霊に接触する非常に危険な所だったのだが、その「道」を行く時、異族の人の首を刎ねて、それを手に持ち、その呪力によって邪霊を祓い清めて進んだのであった。祓い清められた所を「道」といい、「みち」の意味につかったのだといわれる。なにしろ時の王は神事と軍事で強権を発動しなければならなかったので、漢字のなかには、こわ~いお話はてんこ盛りにあるのだ。ちなみに何故、日本で文字が発達しなかったかというと、強い大きな王がいなかったからではないか、と白川さんは見ていたそうである。

 白川 静さんによれば、日本語は漢字に出会ってはじめて、さまざまな考えを概念化することができるようになったのだという。日本人は漢字を媒介にして知性度を高めてきたのだ。しかもたくさんの画数のある漢字を巧妙にくずして、ひらがなやカタカナを発明し、まことに使いやすい文字を手に入れたのは我々にとって幸運なことであった。

 このあいだ中国の人から「漢字を返せ」と言われた時には驚いたが、お返しにひらがな、カタカナを差し上げたらどうだろう、と私は思った。シコシコと漢字を書くって大変なのだ。以前ちかくに台湾から来た人の家族が住んでいて、お付き合いしたことがあるのだが、日本で育っている自分の子供に、「国語」を教えるのがほんとうに大変だと言っていた。漢字は表意文字であるから、眼で見れば瞬時にわかるのだろうが、それを書くとなると労力を要する。

 今日(3月26日)はTVをちらちらみていると、よく福井県の映像がでてきた。高校野球の敦賀気比だったり、鯖江の漆器だったり。もう彼の地では大雪は消えて、道路の片隅などにほんのり雪が残っているだけのようだった。このあいだまで、福井県に行くのだったら、うんと雪が積もっているときに行きたいと思っていたが、もうそんなことはどうでもよくなり、チャンスがあれば春だって夏だって、いつだっていいやという気分になったのだった。

 

 

|

« 白石 静さんに学ぶ“漢字は楽しい” | トップページ | 断捨離はイタイ »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

なぎささんおはようございます。
「道」や「取」にそんな おっそろしい
意味があったなんて・・
なぎささんは、文才がありますねぇ~(*^_^*)
私は、読書すきだけど、登場人物出るたび「この人だれだっけ?」と読み返し・・なかなか進みません(笑)

投稿: ひよこ | 2013年3月27日 (水) 07時26分

ひよこ様
私もこのごろでは、ややこしいのは苦手に
なりました。すら~っと読めるのがいいです。

文才があるなんてとんでもないです~。
人が読んでくださって、わかるような文章を
書いているのか、??と思いながら
書いてますよ^^

投稿: なぎさ | 2013年3月27日 (水) 21時25分

ぎょえ!
漢字がそんなに怖いものだったとは・・・
昔の人は生き残るためには殺すしかなかったんですね。
普段つかっている漢字がそんなところから生まれた文化だったとは驚きです。
もうちょい真面目に使わなければ!(^-^;

投稿: 便利屋 | 2013年3月30日 (土) 17時53分

便利屋さま

はぁい、象形文字から甲骨文字と変化していったそうですが、
なにもかも意味があるんですね。

私が読んだ漢字の本、二冊は健全な少年少女が読んでも
差し支えない内容だったのですが、その他を読むと
驚きますよ^^

人間が生れおちてから死ぬまでのことはぜ~んぶ細大もらさず
網羅してありますから、たいしたものですよね。

来生は漢字の研究者になってみたらおもしろいだろうな~、
なんて思っています。

投稿: なぎさ | 2013年3月30日 (土) 23時42分

柳田です。
先日は、本当にありがとうございました。
漢字の投稿、素晴らしすぎて自分の知識ではコメントのしようがございません。
さすがに、このレベルの投稿に対してのコメントは、そうそうできるものではございません。それが、コメントの少ない原因だと思います。
ただし、他愛も無いコメントでしたら、やぶさかではございませんので、投稿したときに拝読させていただきます。
これから吉村家とは末永いお付き合いになると思います、よろしくお願い申しあげます。

最後に、皆様のご健勝をお祈り申しあげます。

投稿: 柳田雅志 | 2013年4月 3日 (水) 07時59分

柳田さま

いえいえ、なにもお構いできませんで、
申し訳ありませんでした。

帰りの船はひどくしけたそうですね。
これに懲りずにまた来てください。

コメントもありがとうございます。
これからは仮面をかぶって
コメントをお願いします。
素顔だと、緊張するものですから^^

投稿: なぎさ | 2013年4月 5日 (金) 11時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76457/50944012

この記事へのトラックバック一覧です: 漢字を返せといわれても:

« 白石 静さんに学ぶ“漢字は楽しい” | トップページ | 断捨離はイタイ »