« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

姑百歳 ワタしゃ八十 まだ嫁じゃ

 おもしろいわよ~、読んでね~、と友達から勧められ、図書館から借りてきて読んだのがこれ『シルバー川柳』(みやぎシルバーネット編)

 笑いあり しみじみありでウフフと笑ってしまうものばかりだった。たとえばこんなふう。

 “女子体操 つくづく眺め 妻怒る” (90歳 男)

 “なんでかな 妻という字を毒と書く” (?歳 男)

 “畑仕事 時々立って イナバウァー” (76歳 男) 

 “イケメンの 男が売り子だ 買いましょう”(83歳 女)

 “八十路でも 女であった 夜道はこわい”(85歳 女)

 “この夫(ひと)を 欲しい物好き ないかしら”(75歳 女)

 “嫁に欲し 添乗員の 親切さ”(73歳 女)

 “禿げ隠し 帽子飛ばされ 春一番” (73歳 女)

 “試験下手 介護認定 またこける” (87歳 男)

 “化学変化 起こしそうだぜ 薬漬け” (73歳 男)

 “核家族 いずれお寺で 大家族” (81歳 男)

 ほらね、まぁなんという茶目っけ、たくまざるユーモア。これが後期高齢者と言われる人の句だろうかと、目を見張る思いをするものもある。私は『脳には妙なクセがある』という本を読んだが、それには身体は老化しても脳はそれほどでもない、だからせっせと鍛錬したほうがいいと書いてあった。それを実証するようなしなやかさではないか。

 さて川柳には有名になった句がいくつもある。

  “まだ寝てる 帰ってきたら もう寝てる”

  “プロポーズ あの日に戻って 断りたい” 

  “命まで 賭けた女(おなご)て これかいな”

  “男みな 阿呆に見えて 売れ残り”

 頭の体操に川柳はいいかもしれない。私もなにかひとつ、気のきいたのを一句と、もがいてみたけれど、これがなかなか難しいのだ。どこかへ投稿したりすればはげみになるかもと、にわかに新聞や雑誌の投稿欄が気になってきたこの頃なのですよ。

   

| | コメント (6) | トラックバック (0)

山形の母はえらい!

 “おしん”が放映されたのは何年前だったのだろう。はじめに朝ドラで放映されたときは時間がなくて見れなかったが、のちほどBSで再放送された時はかなり熱心に見たのだった。この頃また放送されているので、私はほんとうは、ああいうせつなくなるドラマは苦手で見たくないのだが、家の者が見ているので、ついつい見てしまうのだ。

 私が目を離せないのは泉 ピン子扮する、おしんさんの母(ふじ)だ。おしんさんの父が理不尽な(と思われる)言動で、おしんさんを怒ったり叩いたりする。母はそれを見ると娘を命がけでかばい、「とうちゃんっ!」としっかり抗議をするが、一方ではちゃんと父のほんとうの気持ちを分析して、とうちゃんはこういう訳でこういうことをしたのだ、と娘に伝えているのには感心してしまう。

 おしんさんが結婚してからのことだが、忘れられないシーンがあった。おしんさんの母は夫亡きあと山形の田舎で長男夫婦と同居していた。 おしんさんの実家はもともと小作だったのだが、農地改革かなにかで土地を得ることができて前より豊かになった。しかし実権は兄夫婦がにぎっていて、その嫁が姑イビリをするのだった。(渡辺えり子が憎ったらしい嫁を好演!)

 それを聞いたおしんさんは母に言った。「あんちゃんと、ねえさん(義姉)がかあちゃんのこと悪くするんだったら、おらのとこさ来い」 そのころおしんさんの夫は軍の仕事をして羽振りがよかったので、母を一人養うことぐらいたやすいことだったのだ。

 しかし、母は言った。「そがなことできね」。 母が言うには、子供の誰かがこの世の荒波にもまれ疲れはてたとき、帰ってきて羽根を休める所が必要なのだ。たとえ嫁からどんなにひどい仕打ちをされたとしても、自分はあの家にふんばって、帰ってくるかもしれない子供を待っていなければならない、と言うのだった。

 えらいね~!わたしはつくづくと山形の母はえらいと思った。 私は以前「ハワイの母は」という記事を書いたことがあるが、ハワイの母は一般的に「まず私がハッピーでなければ」と考えるらしいのに、山形の母ときたら自分の幸 不幸など頭の中にないのだ。 

 ハワイの母でなくても、私のように温暖な気候のところに生まれ、ボンヤリ育った人間と、雪深い北国で生きてきた人は、根本的に人生への心構えが違うのではないかと思われる。厳しい冬へ備えることや雪かきをすることだけとっても大変そうにみえる。気象予報で天気図をみると、北陸や北海道など、いつ見ても台風なみの大風が吹いているではないか。そんな中で暮らしている人々は、私などとは精神構造が違うのではないだろうか。

 せつなくなる物語はいやだいやだと言いながら、来週の日曜日も多分“おしん”を見てしまうのだろう。この頃山形弁がうつってしまい、「いぐべ」とか「~~してけろ」などとすんなり言ってしまうなぎささんです^^

 

 

 

 

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »