« 2012年2月 | トップページ | 2012年7月 »

おばさんも応援してるからね~^^

 私はプロ野球にはほとんど関心がないので、どこが勝っても負けても一向に構わないのだけれど、新聞で松井秀喜選手のことを読んでからは無関心ではいられなくなっている。

 5月3日の日経新聞の春秋欄の一部を抜粋してみる。

 “「野球があるかないか。一年にはふたつしか季節がない」。そんな言葉がアメリカにはあるそうだ。この人にも早く野球がある季節が訪れないか。あらためて大リーグの厳しさを目の当たりにしつつ、そう念じていたファンは多いだろう。松井秀喜選手がレイズと契約した。米国での10年目、3年前のワールドシリーズ最優秀選手にしてマイナーリーグからの再出発である。「チャンスを貰って感謝している。マイナー契約が僕自身の現状」と謙虚なのも、失業中も異国にとどまり重いバットで黙々と打撃練習を続けてきたのも、この人らしい。背番号は決まっていないが、これまで背負ってきた数字へのこだわりは「まったくない」日本への復帰を考えたことも「ありません」。記者会見で口にした否定の答えの中に、平坦ではないこれからに挑む闘争心を垣間見る。”

 そうだったのか。全然知らなかったのだけれど、松井選手は職場を失って浪人していたのか。お嫁さんもいないのに異国の空の下、よおく孤独に耐えられたものだ。37歳というから、同じ年頃の子どもを持つ親としては、人ごととは思えないせつなさが迫ってくる。松井クンのご両親もどんなにかつらかったことだろう。

 ご両親といえば私の知人で、松井選手の母上の講演会を、はるばる軽井沢まで聴きにいった人がいる。私はその人に訊いた。

 ミー「お母さんてどんな人でしたか?」

 Aさん「フツーのおばさんだったよ、でもね、着てるものが断然違ってた。」

 ミー「ふぅん、で装飾品などは?ダイヤの指輪とかイヤリングとか」 

 Aさん「それはばっちりだったね」

 ミー「では話の内容は?」

 Aさん「松井選手のおばあちゃんの話が多かったね。なんでも霊感のある人だったらしいよ」

 と根掘り葉掘り聞き出したのだった。子供に傑出した人物がいると、講演に招ばれることもあるのだな~。うちはそんなことは未来永劫ないだろうからから、なにも着て行くお洋服の心配などしなくてもいいのだけれど。

 そんなことどもを居合わせた人たちと話していたら、なんと松井クンはわたくしの知らぬ間に結婚していたのだそうだ。それは良かった良かった。一人より二人のほうがいいに決まってる。

 それでこのところスポーツニュースが始まると、どらどらと我にもなくテレビに見入る。危なげのないイチロークンはどうでもいいが、松井クンのことは気にかかる。このところ好調だそうで、おばさんはホッとするのだ。あのシャイな笑顔がなんともいえないのよね。松井クンのお母さんもさぞ安堵の胸をなでおろしておられることだろう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年7月 »