« メマイの季節 | トップページ | ♪はけば汚れます 洗えば切れるよ »

メメント モリ

 このところ、私のまわりでは立て続けに二人の人が亡くなった。一人は後期高齢者であったので、佐賀のガバイばあちゃんに言わせれば「惜しくない、寿命じゃ、潮時じゃ」ですんだのだけれど、Kさんはまだ63歳でしかなかったので、その突然の死は私たちに衝撃を与えたものだ。

 Kさんの訃報を聞いたとき、私はすぐに冷凍庫の中を見に行った。そこには私たちがふつう“クロ”とよんでいる魚が3匹、しっかり固まっていた。それは一カ月ほど前にKさんが我が家に持ってきてくれた魚だったのだ。Kさんが魚を持ってきたとき、私は家にいなかったので、あとで会った時にお礼を言った。するとKさんは「今度釣れたらまた持っていってあげますよ」とさわやかな笑顔で言ったのだった。 Kさんの奥さんはおおいに取り乱していた、と聞いたけれど、元気にしていた人があっというまに天に召されてしまったのだから、驚天動地の出来事だったにちがいない。

 実はわたしはこの年になっても、近親者の死に立ち会ったことがない。その時はいったいどうしたらいいのだろう。そんなことをMさんと話していたら、Mさんは少し前に実母を見送っていたので、そのときの話をしてくれた。なんでも「ご臨終です」とドクターから言われたあと、看護師さんが「ゆかたがありますか?」と訊いてくれたのだそうだ。Mさんは大急ぎで家にゆかたを取りに行った。看護師さんは清拭のあと、そのゆかたを着せてくれて、「おうちに帰ったら本人の好きだった着物などを上から着せてやったらいいでしょう」と言ったのだそうだ。「・・・だからなぎささん、ゆかたと細い帯をちゃんと準備しておいたほうがいいですよ」 

 私は早速準備に取りかかることにした。ゆかたなんてあんな暑いもの、もう何十年も着たことないけれど、あったかな、と探してみたらありました。紺地に白抜きの麻の葉もようのゆかた、まだ袖を通していないのが出てきたのだ。麻の葉というのは、なにか霊力があるらしく、赤子が首尾よく育つようにと、昔から産着として麻の葉もようの着物を着せたものだ。生まれ落ちたときに麻の葉もようの着物を着せられ、また死にゆく時に着せられ旅立つ、というのはなかなかいいものだ。そして白い絹の伊達締めを合わせたらワンセットできあがりだ。

 おぉ、そうだ。うちには男二人、女二人いることだし、順不同で誰から先に死ぬにせよ、男物も用意しておくべきではないか。で、白地のゆかたと博多織の帯もそろえた。(けれどこの帯は燃やして灰にするのはちと惜しい気もするなぁ・・・)では、今は暫定的にこれを置いておくけれど、あとでもっとチープな物にとりかえることにしようか^^ 

 それから私は、ある会合に出て貰ってきた“人が亡くなった後に行う手続きチェックリスト”という冊子とゆかたを赤いふろしきに包んだ。行方不明にならないようにタンスの上に置いておくことにした。私はいやでも通りすがりにこの赤いふろしき包みを見ることになった。

 ラテン語で、“メメント モリ”とは“死を思え”という意味だそうである。カトリックの学校へ行ったりすると、幼稚園の時から自分の臨終の時のために祈る癖をつけられ、しょっちゅうチリに還る人間の生涯を考えるように教育されるそうである。

 私は全然そんな教育は受けたことはないけれど、これからは赤いふろしき包みを見るたびに死を思うのだ。メメント モリ いい響きだ。このふろしき包みのことは家の者にも周知させておかねばなるまい。私は今のところずーっと長生きして、家族をちゃんと見送ってあげるつもりではあるけれど、ひょっとしたらもしかしたら、我が家で一番最初にあの世へ旅立つのはこのワタクシかもしれないのだ。私って薄命かも、、、。

|

« メマイの季節 | トップページ | ♪はけば汚れます 洗えば切れるよ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

フーン 今考えるべきか、定かではない。が、いずれ行く道ではあるけども、うーんなんと答えよう。私の浴衣先日盆踊りに寄贈しました。なぎさちゃん どうしょー!自分も身辺を、見つめ直したり、整理したりこの頃やっていますよ。哀しいね。備えは、必要だし、骨をさらす先立つ方、自分いずれにしろ、お疲れ様と、心身包み込んでくれる,安堵の品かもしれない。メメント モリいい勉強です。イロハ

投稿: | 2011年10月25日 (火) 12時42分

イロハ様

あらら、ゆかたを寄付しちゃったのですか?
これから絶対に必要だったのに^^

ゆかたってほおんと、暑くて着ていられないんですよね。
若い娘ならいざしらず、もうおばさんには要らないって
思いますよね。

このあいだ美容院で、きんさんぎんさんのうち、ぎんさんの娘さんたちの記事を読みました。4人全員100歳に限りなく近くて、ピンピンしてて元気でしたよ。
あんなふうに元気に陽気に、たくましく生きられたら
100歳まで生きていたいですね^^

投稿: なぎさ | 2011年10月25日 (火) 21時09分

え~?ゆかたっすか!
うちには無いっす・・・(^^;

もしも自分が急死したらと考えると怖いですね。
見つかったらヤバい物があれこれと。
武士はいつでも死ぬ準備を怠らなかったとか。
ちょっと考えておいた方が良さそうですね!

投稿: 便利屋 | 2011年10月29日 (土) 17時57分

便利屋さま

私もヤバイものあれこれあります。日記類がとくにヤバイなぁ~。
「はらたち日記」なんか結構 本音をぶちまけているから、読んだ人は驚くことでしょう。いや、わざと書いておくことにするか^^

昔の武士はエラかったですね。かといって身辺をすっきり
させる気にはなかなかなりませんよね。
死ぬなんて人ごとみたいに思ってますもんね、実は^^

投稿: なぎさ | 2011年10月29日 (土) 20時08分

そちらの方は大雨で被害が出ているとか。
なぎささんご無事でしょうか?

投稿: 便利屋 | 2011年11月19日 (土) 17時26分

便利屋さま

わざわざ有難うございます。
元気でおります。

風も強くて、知人の乗ったフェリーが
大きく傾いて、危ないことになって
引き返してきたりしました。

今日は一転いい天気でちょっと寒くなりました。
小々忙しくしておりましたが、
そろそろ記事も書きたくなってきました^^。

投稿: なぎさ | 2011年11月20日 (日) 13時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76457/42663775

この記事へのトラックバック一覧です: メメント モリ:

« メマイの季節 | トップページ | ♪はけば汚れます 洗えば切れるよ »