« どろぼうの思い出 | トップページ | 一家に一人 長谷部クン »

ハワイの母は

 これは30年ほどハワイで過ごし、日本にもどってきたA さん(60歳くらい、女性)から聞いた話である。

 ハワイというところは(私はまだ行ったことはないのだが)年中花が咲き乱れ、それで空気じたいがフローラルで甘くやさしく、住むには快適な所だそうである。

 人々は陽気で明るく、大きな声で話しては笑いさざめき、週末には誰かがパーティに招待してくれるのだそうだ。日本に帰ってきたらそんなこともないので寂しい、とA さんは言った。 「じゃぁ、あなたがパーティを開いて、私たちを招待してくれない?」と私が言うと、A さんは「それはちょっと~(イヤだってこと)」と言った。

 人を招くというのは大変なことだ。私などテーブルの上に山盛りのごちそうを並べないと気が済まないタチなので、夫が誰かをよびたいなどと言うと、たちまち猛反対するのですよね。ところがあちらの人々は「人を招待しておいてたったこれだけ?」というくらいのシンプルなものを出しておいて全然平気なのだという。もともと食べたり飲んだりが目的なのではなく、集まって話を愉しむというのがスタンスなのだろう。

 さてハワイの女の人たちは大変に情熱的で、この男!と思い込んだら結婚するのは速いそうだ。ところが夫に嫌気がさすとこれまた電光石火の速さで離婚してしまうのだそうだ。

 A さんはそんな彼女たちに「もうちょっと子供たちのために辛抱してみたら?」と離婚をふみとどまるように話すと、「あら、親がハッピーじゃないと、子供だってハッピーじゃないでしょ?」と切り返されるのが常だったそうである。

 ところが離婚して母子家庭になっても長くは続かず、またぞろ伴侶がほしくなり再婚することになる。前夫よりもっと素晴らしい人かどうかは暮らしてみないとわからないものだ。子供にとっては昨日まで知らなかったよそのおじさんがパパになるのだ。

 そのパパに連れ子がいたりしたらますます大変だ。たいして広くもない家に異質な人間がせめぎあって暮らすことになる。複雑な人間関係の中で暮らすのは大人でさへ難しいのに、子供にとってはなおさら耐えがたいこともあろう。

 子供は自分の家に安住できなくなり、ちまたへ飛び出す。それからドラッグへ手を出すのだ。いまやハワイではそれが大きな社会問題になっているということだ。親が離婚したから子供がグレルとは限らないだろうし離婚しなくてもグレル子供はいることだろう。けれども親にとっては悩ましい問題だ。あの時 離婚していなければこんなことにはならなかったのではないだろうかと煩悶することになる。

 数年前うちの娘たちがハワイへ行った。コンドミニアムとかいう部屋を借りて自炊したそうだが、買い物 洗濯 炊事に追われてゆっくりする間もなかったという。おまけに日本の梅雨どきみたいに雨は降り、空はどんよりと曇り、打ち寄せる波は灰色でにごっていたそうだ。「これなら五島へ帰ったほうがよかったぁ~」と言い合ったそうだ。なにしろ五島だったら、食事は自動的に出てくることになっているのでらくちんだ。(この母のおかげで^^)

 ハワイというと私たちは、抜けるような青い空 白いビーチ 押し寄せるエメラルドグリーンの波 降り注ぐ太陽のもと、のんびりと甲羅をほしている人々くらいしかイメージしないものだ。けれどそれはハワイのほんの一部分なのだ。そこに暮らす人たちは私たちと同じように、はぁ~~とため息をつきながら、けっこう重い人生をしょって生きているのだろうなと思ったものである。 

   

|

« どろぼうの思い出 | トップページ | 一家に一人 長谷部クン »

親と子」カテゴリの記事

コメント

新婚旅行でハワイに行きましたが、
滅多に来ない台風が来てズ~っと大雨。
何しに来たんだろ?って感じでした(^^;

もしかして「クルクルパー」のページを「お気に入り」登録しちゃってませんか?
このコメントの「便利屋」をクリックすれば最新記事ページに行けると思いますよ(^^)v

投稿: 便利屋 | 2011年6月18日 (土) 23時17分

便利屋さま

ハハハのハ!
めったに来ない台風がハワイに来たのですね!
熱海の温泉にでも行ったほうが、良かったかも^^

ほんと、「クルクルパー」を登録してました。
ヘンだなとは思ってましたが、
もうダイジョーブです。

投稿: なぎさ | 2011年6月19日 (日) 21時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76457/40370080

この記事へのトラックバック一覧です: ハワイの母は:

« どろぼうの思い出 | トップページ | 一家に一人 長谷部クン »