« お城に入ってこないで | トップページ | 運命を受けいれる »

半径5メートルの幸せ

Pict0004 それは一年前のことだったか、二年前のことだったか、わからなくなってしまったのだが、テレビをつけたら一見して(失礼ながら)大年増に見えるのに何故か振袖を着て、背中には大きなチョウチョ結びの帯をして、ピアノの弾き語りをしている女の人が映っていた。

 何を歌っているのかな~と耳をすましたら、、、“スーパーでこっちのレジ係りの方がベテランで速いぞと並んでいたら、自分の番になる前に忘れていた牛乳かなにかの買い物を思い出し、ダッシュで取りに行き、やーごめんねごめんね、待たせたかしら”といったどたばたの歌詞なのだった。

 それからその人、秦万里子さんがインタビューで話していたのだが、彼女は半径5メートル以内のなんの変哲もない情景を、ある局面で切り取って歌にしているのだと言っていた。バーゲンセールで活躍する女たち、レジで待つ女たち、、、。なんでもハイクラスの音楽教育を受けているそうで、真面目に活動していたのだが、ある頃より主婦の視点で身の回りの出来事をピアノに乗せて歌うようになった。それが中高年の女性にうけて、今やひっぱりだこの活躍をしているのだそうだ。

 それを聞いていて私は、それは私のブログの記事と同じようなレベルだなーと思ったものだ。一年のうち350日ほどはこの小さな島にいて、行動半径としてはたかだか半径5キロメートルくらいだろうか。どこそこへ世界遺産を見に行きました、ということもなく、おしゃれなレストランで、こぉーんな美味しいごちそう食べました!というような話もまるでなし。華々しい話題など何もないのだ。そんな意味では秦万里子ワールドとまったく一緒なのだ。

 私はもう何年このブログを書いてきたのだろう。3年か4年くらいだろうか、と調べてみたらなんとすでに丸5年も書いているのだ。あいだでは長いブランクもあったけれど、それでも飽きもせずによくも書いてきたものだと思う。それもざっと読み返してみたらしょうもない話ばっかり。洗濯物の干し方についてだとか、外に置いたビールの中で、ナメクジが死んでいた話だとかどうでもいいような卑近な話題ばかりだ。

 しかしこのたびの大震災の被災者の方々にとっては、あの日、3月11日以前のありふれた暮らしは、どんなにかのどかで甘美なものであっただろうか。おじいちゃんは磯へ魚を釣りに行き、おばあちゃんは、もうそろそろかなと孫を迎えに行き、奥さんはご飯の支度を気にしながら近所のおばさんと立ち話。時には大量に獲れた魚で総出でかまぼこを作ったりしていたことだろう。それは当たり前のような幸せな日せ々だったに違いない。

大切な人を失い、津波に家をのまれ、職場を失った人々にとってありふれた日常生活がどんなにか幸せな営みであったことだろう。喪失感でうちのめされた人々にどういう慰めや励ましができるのだろう。私はノーテンキなブログなど書いていていいのだろうか。そんなことを思っていた今朝のこと。

 私は前回の記事で、岩手県の銘菓“かもめの玉子”のことを書いた。そして今朝、(4月7日)7時ころのニュースで「岩手県の菓子メーカーで操業が再開されました」とのアナウンサーの声を聞いて、私はもしや、と思い画面に見入った。するとそこにはベルトコンベアーからコロコロと流れてくるお菓子があった。あっ かもめの玉子だー!とすぐにわかった。それは ほんとうにゆで卵の形をした、“かもめの玉子”だったのだ。私はいっぺんで心がパーッと軽くなったような気がした。さぁこの勢いでどなたもこなたも元気になって欲しい。皆さんが元気になってくだされば、私もしょうもないブログをまた、書き続けることができるというものだ。

 

|

« お城に入ってこないで | トップページ | 運命を受けいれる »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

は~い!
私も元気になりましたよ~♪happy01
こんな状況でも頑張ってかもめの玉子を作ってくれたんですからね。
その頑張りに大拍手です。

私ももっともっと日常を大切にしなきゃいけないな~と思いました。

投稿: 便利屋 | 2011年4月 7日 (木) 16時14分

便利やさま

このたびは大変でしたねー。
元気になられてなによりです。
それでもしょっちゅう余震があっているようで
落ち着かないことでしょうね。

大地が揺らいだら、なにもかもアウトですねー。
なんでもない日常が、かけがえのない大切なもののように思われます。

投稿: なぎさ | 2011年4月 7日 (木) 22時52分

なぎささんこんにちはー
あのテレビ私も見ましたよ。ピアニスト・作家・大学講師・ハイクラスの教養を身につけて居られるとか、ただ 当たり前のことが、当たり前でなくなった昨今・受けるのね。便所の弾き語りもそうです。わたしの小さいころ母親が、便所掃除する子は、きれいに成るよって・・・母親を思い出しました。普通の優しい母でした。ブログ飾らない表現又書いてね。
             よーいどん

投稿: | 2011年4月 8日 (金) 13時33分

よーいどんさま

“トイレの神様”のことですね?
あれはおもしろいですね!

私がきいた話は、なんでもトイレの神様は金銀財宝の
いっぱいはいった袋をしょってる神様で、トイレを掃除するよい子を
お金持ちにしてくれるのだそうです。

美しくなったり、お金持ちになったりするのだったら、トイレ掃除しないと絶対ソンですよね!

東北地方ではまた大きな地震があったそうで、なかなか安心できませんね~。

投稿: なぎさ | 2011年4月 8日 (金) 21時45分

なぎささま、初めまして。

「かもめの玉子」で検索して、なぎささんのブログを見つけました。少し拝読しただけで、とても素敵な方なんだろうなあと、すぐにファンになりました。

かもめの玉子のニュースには私もよかった!と胸をなでおろしたひとりです。さいとう製菓さんが被災されたと聞いていたので、心配していました。

夫が岩手県出身で(内陸なので、実家は停電した程度でした)、これまで関西から岩手に帰省するたび、「かもめの玉子勝手に広報部」と名乗り、関西のお友だちに紹介してきました。大好きなお菓子なんです。

操業再開と知り、たくさん注文して応援の気持ちを少しでも伝えたいと思うのですが、いやいや、まだ本格的な生産ではないだろうから、買い占めるようなことは控えるべきかとちょっぴり悩んでもいるので、問い合わせてみます。

なぎささんのおっしゃるとおり、何気ない日常はどれほど幸せなことかと思い知りました。

では今日のところはこのあたりで。
どうぞこれからも素敵なブログを続けてくださいね。

投稿: ようよう | 2011年4月11日 (月) 01時15分

なぎささんおはようございます
 なぎささんのブログを読んだ後生協でかもめの卵を見つけ買いましたよ、長く生協で買い物してますがこのお菓子売ってるの初めてで迷わず買いました、まさしく卵、見て触って食べて、おいしかったです

それから、天風先生の本、図書館にリクエスト出してたら1か月近くたってやっと手元に来ました
 天風先生って凄い人なんですね、ヨガを勉強し心と身体の健康法を身につけ大勢の人達から支持を受けたとありました、この本読んで何かの時には又読みたい自分の手元に置いておきたいな~と思いました
 
 そしてこの本を読んで文章に上手くまとめてるなぎささんてやっぱり頭いいよな~と思いましたよ

私など読んでるそばから頭から抜けていく、最近特に
集中力なくなってこれではいけないとあせる日々です

投稿: ふー | 2011年4月11日 (月) 06時45分

投稿欄の名前ふーちゃんです

投稿: ふーちゃん | 2011年4月11日 (月) 06時47分

よーよー様

はじめまして。コメントをお寄せくださって有難うございます。

ほんとうにさいとう製菓のかもめの玉子はおいしいし、楽しいですよね。大船渡市といえば大変な被害を受けた所でしょうに、よく再起なさったと思います。私もこれより「かもめの玉子勝手に広報部」として、宣伝に努めます^^

まだまだひどい地震が頻発しているようですが、被災者の方々が、一日も早く平穏な日々を迎えられるように願わずにはいられませんね。

つたないブログですが、どうぞよろしく!


投稿: なぎさ | 2011年4月12日 (火) 20時48分

ふーちゃん様

かもめの玉子の記事を書いたのは震災前でしたから、生協にも出回っていたのでしょうね。可愛くて楽しいお菓子ですよね。

天風先生には今でも根強い沢山のファンがいるそうですよ。私も本は手放さず、時々ながめておりまするよ^^

投稿: なぎさ | 2011年4月12日 (火) 21時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76457/39476343

この記事へのトラックバック一覧です: 半径5メートルの幸せ:

« お城に入ってこないで | トップページ | 運命を受けいれる »