« 京都 嵯峨野の祇王寺へ | トップページ | 大空と大地のなかで »

夫へのうらみつらみは

Pict0006  私は歯科医院の待合室で、『ゆうゆう』という雑誌をながめていた。『ゆうゆう』は子育て上の責任もほぼ終わり、夫もそろそろ定年を迎える頃、さ、これからゆうゆうどんどん遊ぶぞ~!という年齢にさしかかった女性達をターゲットにした月刊雑誌だ。

 ところが人生そうそう、うまくはいかないことになっている。この“ゆうゆう世代”はゆっくりできるどころか実に波乱にとんだ世代だ。自分自身の体調が思わしくなくなることもある。夫がガンの宣告を受けるかもしれない。ガマンにガマンをかさねてきたが、子供も成人したことだし、そろそろ夫と離婚しようともくろんでいる女もいるだろう。娘が出戻ってきて孫育てが始まることもある。それから親の介護が始まったりと、一筋縄ではいかないお年頃がゆうゆう世代なのだ。

 さて雑誌では“長年連れ添った夫への手紙”を特集していた。まだ生きている夫への手紙、もう死別してしまった夫への手紙。この世は広いから「あなたと巡り合えて幸せでした。また生まれ変わることがあったら、あなた以外の人と結婚するなんて考えられません」と心から夫を尊敬しアイしている女の手紙もあった。が、こういうのはあまりおもしろくもないからパスすることにして、人の不幸は蜜の味であるから、恨みつらみが盛りだくさんの手紙を紹介することにしよう。

 次はある女性の、まだ生きている夫への手紙だ。見合いの相手が医者だというので、左団扇でのんびり暮らせるかと思ったのはとんだ計算違いで、“あなたは桁違いの浪費家でした。ギャンブル、億という単位の保障かぶれ。弟妹の学資援助などで借金地獄。何度も自殺や離婚も考えました。息子たちがいなかったら今頃は死んでいたと思います。この結婚は完全に失敗でした。生まれ変わったら、あなたとは絶対に結婚しません”

 彼女はもう55歳だというのに、まだ医院の受付にすわって会計を見張っていなければならないのだそうだ。 次はもう死んでしまった夫への手紙。

 “お見合いの後の一ヶ月、あなたとお義父さんが私の家に日参。望まれて嫁ぐのが幸せと思って結婚を決意。なのに待っていたのは奴隷のような生活でした。お義母さんや義妹につらく当たられても、あなたはちっとも私をかばってくれませんでした。実家の母の葬式の日、悲しみにうちひしがれている私に、「帰って家族の夕食の支度をするように」と電話をよこしたことは生涯忘れません。あなたは12年前に亡くなってしまいましたが、生前これ以上は無理というところまで尽くしたので、思い残すことはありません。お義母さんが亡くなり、お義父さんは施設に預け、娘は嫁に出し、今は息子と二人暮らしですが、しみじみと幸せを感じています。実家の父の世話をできるのがありがたく、毎朝心穏やかに仏様にお参りしています。”

 どの手紙にも女たちの切実な思いがこもっていて、どれもこれもドラマになりそうな内容だ。“生涯忘れません”と言いたい出来事が私にも、思いつくだけでも五つくらいはあるが、関係者がまだ全員ピンシャンとして存命であるので、波及効果を考えるとここに発表するわけにはいかない。「皆さん、鬼籍にはいられました~」という頃には差し支えないかもしれないけれども、そのころはこのなぎささんもモウロクしてしまっていることだろう。ま、すべての事は、この胸にしまってあの世に旅立つことにしたほうがよいのかもしれない。

  

|

« 京都 嵯峨野の祇王寺へ | トップページ | 大空と大地のなかで »

夫と妻」カテゴリの記事

コメント

ほんと、どこの夫婦でも、いろいろありますねぇ。
うちのだんなは浪費家でもないし、お義母さん、お義父さんに、つらくあたられることなんてないし、どちらの親も元気だし、まぁ、いいほうかなぁ!って思えます。

投稿: ひよこ | 2010年11月26日 (金) 10時52分

ひよこ様

うんうん、それはとっても有難い状況ですよね。
なにか言い出せばきりがありませんからねー。

でも人生、まさかの坂がありますよ、
と警告しておこうかなっと^^

投稿: なぎさ | 2010年11月27日 (土) 09時32分

夫婦って元は他人なんですから難しいですよね。
うまくいく方が珍しいのかもしれません。

私はカミさんにも娘達にも一切期待しませんし何も頼みません。
なので失望することもあり得ないのでとても楽ですよ。
もし何かしてくれたらラッキーで、本心から「ありがと~!」って言います。
日々ありがとうを言っていれば、そんなに問題は起こらないような気がするんですけどね。

投稿: 便利屋 | 2010年11月28日 (日) 11時01分

便利やさま

ワォ!便利やさんてたいそう自立しているんですね!
圧倒的多数の夫は、妻に依存してるか、横暴か、理不尽なことを言い立てるか、だと思うんですけどねー。

私も夫婦の仲ではある程度、距離を置くのが一番よろしい、と思ってますよ。
あまり期待しないで、隣のおじさんにしては、よくやってくれるなぁ~と^^

投稿: なぎさ | 2010年12月 1日 (水) 19時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76457/37801052

この記事へのトラックバック一覧です: 夫へのうらみつらみは:

« 京都 嵯峨野の祇王寺へ | トップページ | 大空と大地のなかで »