« 『天のほほえみノート』 | トップページ | お金持ちでなくてよかった »

“天空カボチャ”でカボチャプリン

Pict0034 台所の窓から見えるところに、カイヅカイブキという木がある。高さは5~6メートルもあるだろうか。その木の根元にカボチャの苗が2,3本芽を出し、グングンと上へ上へと上っていくのは知っていた。せっかく自分の力でこの世にでてきたのだからと、なすがままにしておいた。それは土に還した生ゴミの堆肥の中から芽生えてきたものだった。

 やがてそれは黄色い大きな花を咲かせるようになった。うちに遊びにきたおばさんたちはそれを見ると、「朝の10時ころに受粉をしてやんなさい。」とやかましく言うのだった。なんでも今時のカボチャは軟弱で、人の手で受粉させてやらないと結実しないそうなのだ。 そんな暇もないし、なにしろ高いところで咲いているものだからほっておいた。雌花もあったのだが、ピンポン玉くらいになると枯れて落ちていたようだ。

 黄色い花のカボチャツリーを楽しんで8月も終わる頃、カボチャの葉も茎もくたびれてきて美観もあまりよろしくなくなったので、下からズルズルと引きずり下ろそうとしたが首尾よく行かなかった。で夫に頼んでイブキの剪定かたがた、きれいにとってもらう事にした。

 さてうちのダンナさんが脚立にのぼって、カボチャの茎のある所をプチンと切ったらば、、、なにやらズシンと重たげな音をして落ちる物あり。はてさてと下に下りて見やればなんと、大きなカボチャがデンとお座りあそばしていたそうだ。それから上を見上げると、もう一個が、しっかりぶら下がっていたのだそうだ。

 思いもかけない大収穫に喜び勇んで計りに乗せてみると、大のほうはなんと3.6キロ、小の方は2.8キロもあった。受粉の世話もしないのに、ハチさんだかチョウチョさんだか風さんだか知らないけれど、ありがとね。台風が何度か通り過ぎていったのに、ひどい雨にも風にも負けずにしっかりぶら下がっていたということだ、感心感心。 

 お有難うございました、、と神様にお供えしてのち、まずは小さいほうからとカボチャを割ってみたら中は黄金に輝いていた。煮ても焼いてもそれはそれは甘くて美味で、ついでにカボチャプリンも作ってみたら、これも絶品でしたねー。

 それから数日後、TVを見ていたら、山梨県は甲府で、ぶどう棚でカボチャを栽培している風景を見た。それは“天空カボチャ”と名づけられていて、大きなカボチャが幾つも生っているのだった。カボチャは地を這うものだと思っていたが、こういうふうに空中でもダイジョウブなのだ。

 私はさっそく『天のほほえみノート』にも事の由をしっかり書き留めた。“来年もこの手で行こう!”と。

|

« 『天のほほえみノート』 | トップページ | お金持ちでなくてよかった »

マイエコライフ」カテゴリの記事

コメント

天空カボチャ、ラピュタみたいでいいネーミングですね〜。
うちにはプランターが二つ、そこに咲いてる花に毎日ジョウロがないので風呂のオケで水やりをしております。水がどー!!っと流れますので花達が痛いのではないかと心配しつつ、ジョウロを買わずに今日もオケで水やり・・・
なぎささんのお庭は野菜から、花から色とりどりにそれは美しいのでしょうね。一度拝見してみたいものです。

投稿: とも | 2010年9月17日 (金) 10時30分

とも様

うちに、百円ショップで買った小さなジョーロがありますので、それを差し上げましょうか?

草取りは大変ですが、都会に住む人は、猫のひたいほどの地面でもいいから欲しいと思うでしょうね。

今日はローズマリーやレモンバームが繁ったのを刈り取り、干しました。こんなことも楽しんでいますよ^^
ところでラピュタって何でしょう?

投稿: なぎさ | 2010年9月17日 (金) 20時32分

ほへ~!
カボチャが木の上でなってるなんて初めて聞きました!
しかも美味しかったなんて!
やはり普段から聖女のようななぎささんに、天からのご褒美だったんですね♪
ウププ

投稿: 便利屋 | 2010年9月18日 (土) 18時57分

家の近くにも野生のかぼちゃが生りました。固い土に何処からパワー貰うのか、勢いがあり立派な景・・・せっせと、水をやりました。小さな可愛い花・・実もできました。残念ながら、私は、恵みを貰えませんでした。包丁が、刃に立たずそれは、骨入りかぼちゃの皮でした。勿論、食はできなくても、日課おはよう、熱いね、がんばれ、と、毎日幸せでした。
来年又この場所から芽が出たら、いや、種が、芽をだしたら、環境の良い土で、優しい実となり、なぎさちゃんの様に共によろこびたいですね。ヨーイドン

投稿: | 2010年9月20日 (月) 16時33分

便利やさま

えーつ!聖女ですって?!
美しいことなど、何も書いていないのですけどねー。
うちのダンナがそれを聞いたら抱腹絶倒することでしょう。
腹は立てるし、文句は言うし、「こんなこと、やってらんない!」と
カンシャクはおこすしで、、、。
でももうちょっとオシトヤカニなろうかなー。
せっかくうるわしき誤解をしていただいたのですから^^

投稿: なぎさ | 2010年9月20日 (月) 20時31分

ヨーイドン様

あら、そちらでもカボチャが芽を出して、元気に大きくなったのですね!骨入りカボチャってのがあるんですね?

私も昔、スイカがとんでもない所から生えて、実をつけるのを、毎日楽しみに眺めていたこと、思い出しました。それにしても暑かったですね、この夏は。カボチャが元気を与えてくれたことでしょう。

投稿: なぎさ | 2010年9月20日 (月) 20時37分

天空の城ラピュタ、宮崎はやお作品のことでした〜。といってもわたくしも語れる程ラピュタを知ってる訳ではありませんが・・・
天空のカボチャ、仰ぎ見てみたかったですね〜・・・(o^o^o)

投稿: とも | 2010年9月22日 (水) 21時09分

とも様

天空にお城だなんて、その想像力には驚きますね!
そういえば宇宙戦艦ヤマトだって、銀河鉄道だって
考えてみれば奇想天外ですよね。

カボチャ、もう食べつくして無くなりましたわ^^

投稿: なぎさ | 2010年9月23日 (木) 09時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76457/36680524

この記事へのトラックバック一覧です: “天空カボチャ”でカボチャプリン:

« 『天のほほえみノート』 | トップページ | お金持ちでなくてよかった »