« そは長き戦いにして | トップページ | “秋篠宮殿下・同妃殿下がお成りになります” »

ココハ オカーサンノ オウチ

Pict0125  大阪に嫁いでいる、うちの長女とその子・ケン(仮称でござる)が、せんだって40日も我が家に逗留しゆっくり遊んでいった。今思い返せばいろいろと楽しいことがあった。

 二歳になったケンは、かなりおしゃべりができるようになっていた。「パパト ママト ケンチャント 三人デ ヒコーキ ノッタ」というようなことをなめらかに言うのだった。

 ところが娘が言うには、生まれてこのかた、「ありがとう」と「ごめんなさい」を一度も言ったことがないというのだ。 それはゆゆしきことだと、私も「ごめんなさいは?」「ありがとうは?」と事あるごとに強要するのだが、ケンは口をへの字に結んでぜぇったいに言おうとしない。その強情さはお見事!というほかはない。それでU字工事の“ごめんね ごめんね~♪”を教えたところ、これは気に入ったとみえ、一発で覚え喜んで言うようになった。けれども「ありがとう」はついに言わなかった。“ありがと ありがとぉ~~♪”を教えれば言ったかもしれないが、そんなにふざけた調子では、誰も感謝されたとは思わないだろう。

 ある日のこと、わたしとケンはオソトで1時間ほども遊んで、仲良くお手々つないで家に帰ってきた。娘がいる部屋の前までくると、ケンはにわかに私の方へ向き直り両手を広げた。ムッ、な、なんなのだ、それは。それはおそらく、オイラとおかあちゃんの部屋へ入るべからず、という進入禁止のポーズだったのだろう。「あら、べつにィー いいわよォー わたしゃ忙しいんだからね、お部屋にはいらなくても結構よ!」などと大人げもなく言ってしまったのだったが、ケンとしては自分たちのテリトリーにズカズカと侵入して欲しくなかったのだろう。

 この頃、私たちは、あの時ケンがああ言った、こう言ったと、言い合っては笑っているのだが、ケンが残していった語録の中で、一番の傑作は「オカーサンノ オウチ」だろうか。このオカーサンはケンにとっては、おばあちゃんである、この私のことである。ちょっと説明しておきますと、ケンはこのワタクシ・なぎさのことを「オカーサン」と呼んでいた。というのは娘が私のことを「おかあさん」と呼ぶので、それにならって、オトーサン、オカーサン、オニーチャン、オバーチャンなどと呼んでいたのだ。

 そういう次第であるのだが、ある日のことである。娘とケンが、よそから帰ってきて我が家の玄関に入ったとき、娘がケンに訊いたそうだ。「ここは誰のおうち?」するとケンは「オカーサンノ オウチ」と言ったというのだ。娘からそれを聞いて私は内心驚いた。二歳児にも真の実力者はわかるものなのだね?ここがオバーチャンノ オウチでもなく、オトーサンノ オウチでもなく、オカーサンノ オウチ、であることが。それで私は時々、いやひんぱんに夫に向かって言うことにしている。

 ミー 「ここは誰のおうち?」   夫「・・・オカーサンノ オウチ」

 ふ~~やれやれ苦節ン十年、やっとこの家 乗っ取ったかぁー、別に要らないけどね。ちなみにケンは迎えに来たパパとママとケンの三人で、大阪の自宅に帰っていったとき、玄関で娘が「ここは誰のおうち?」と訊いてみたら、「ケンチャンノ オウチ」と言ったそうである。二歳児の頭の中にも所有の概念はしっかり根付いているらしい、、、、。                        

 

 

|

« そは長き戦いにして | トップページ | “秋篠宮殿下・同妃殿下がお成りになります” »

家族」カテゴリの記事

コメント

なぎささん、こんにちわ!
ケンチャンもう、2才になったんですね。
「蟻が10匹ありがとう」なんてどうですか??古いですね(笑)

投稿: ひよこ | 2010年5月31日 (月) 08時41分

ひよこ様

そうですね、はやいもので二歳になりました。
なかなかの頑固者で、我が道を行く、覚悟のようですよ^^

アリ ガ トウですね。忘れていましたが、
今度言ってみましょう(^.^)

投稿: なぎさ | 2010年5月31日 (月) 19時28分

アハハハハハ!
随分しっかりしたお孫さんですね!
かなりのヘタレで根性なしだった私とは大違いです。
しかもこの歳ですでに大人の序列を把握してるとは・・・。
恐るべし!(^^;

投稿: 便利屋 | 2010年6月 2日 (水) 19時24分

便利やさま

しっかりしてるんだかどうだか、、?
自分の気に入ったことは大阪の子らしく「えーよぉ!」と気前良く受け入れますが、そうでない時はムシしてますね。

娘が言ってましたが、普段はムスコと大人のお付き合いしてるような気分だけれど、夕方NHKの子供番組「いないいないばあっ!」を熱心に観てるのを見ると、あ、まだ子供なんだ、と思うそうですよ^^

投稿: なぎさ | 2010年6月 2日 (水) 20時55分

おはようございます^^

お孫さんと
楽しい時間を過ごされたようですね。
「ケンちゃん」と聞くと、
「チャコちゃん」を思い出すのは、
私だけでしょうか? ^^;

投稿: さくら | 2010年6月 9日 (水) 07時48分

さくら様

ケンチャンとアコチャン?
えーっ、わからないなー。
世代の差なのでしょうか?

テレビとかラジオの番組のことかな、
と思うんですけど、、、。

投稿: なぎさ | 2010年6月11日 (金) 12時36分

なぎささん^^
「ケンちゃんチャコちゃん」とは、
私が子供の頃の、
ホームドラマのタイトルです^^

投稿: さくら | 2010年6月12日 (土) 17時28分

さくら様

あら、そうでしたかー^^
ニュースと天気予報を見たらテレビを消す、
といった暮らしが長かったので、わからなかったのですー。
今ではお笑いだって観てますよ^^

こんどはお笑い関連の記事書きますね!

投稿: なぎさ | 2010年6月12日 (土) 20時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76457/34921047

この記事へのトラックバック一覧です: ココハ オカーサンノ オウチ:

« そは長き戦いにして | トップページ | “秋篠宮殿下・同妃殿下がお成りになります” »