« もう二度とこんなことは | トップページ | そは長き戦いにして »

お気の毒なクレオパトラ

Pict0100 (つづきまして)宮尾登美子著『クレオパトラ』によると、エジプトの古代王朝では富と権力の保持のため、血族結婚をすることも多かったという。父と娘、兄と妹、姉と弟、、。

 それも形式的なことではなく、神の前で宣誓したからには神をあざむくことはならぬとて、ほんとうに子を為すこともあったのだそうだ

 先日の新聞記事には、あのツタンカーメン王の父母は、きょうだいであった、と書いてあった。最新技術を駆使してミイラのDNA鑑定がすすんだ成果であろう。

 クレオパトラも母亡きあと、国王である父の后になるよう想定されていたが、父がそうなる前に死んでくれたことでその難を逃れた。しかし代わりに弟と結婚することになった。国王となったこの異母弟というのは、あまり賢くなかったようで、燦然と輝く黄金でよろいを作らせたのはいいが、あまりの重さに耐えかねて海中に沈み溺死したのであった。 次にまた10歳にもならない弟と結婚。

 国王といえど子供の弟に代わって、政務にはげむことになったのがクレオパトラ18歳のときであった。そして21歳のとき、52歳のシーザーと運命的な出会いをする。強力な後ろ盾が欲しいクレオパトラの「帰らないでー、ずーっと私のそばにいてー」と言うせつない哀願に負け、ずるずると逗留を続けるうち、一子が誕生するまで長居をしてしまったのだった。となると留守にしていたローマでは、シーザー打倒の機運たかまり、若手によるクーデターがおこり、シーザーはブルータスの凶刃に倒れてしまう。一説にはブルータスは、名うてのプレイボーイであったシーザーの実子ではなかったかと言われているそうである。

 次にローマの覇者となったのはマーク・アントニーであった。ローマを敵に回す訳にはいかないクレオパトラは窮地におちいった。というのは数年前、クレオパトラは、ある男に、亡き父が亡命中庇護をうけた恩義を返すつもりでたいそうな貢物をしたことがあった。しかし今その男はアンとニーと敵対関係にあるのだった。またアンとニーがローマのトップに立って久しいのに、何故すみやかに表敬訪問しないのだ、という咎をうけていたので、なんとか釈明をしなければならないのだった。

 クレオパトラは知恵をしぼりこの難しい局面を切り抜けた。のこのことアントニーの陣地に出かけることをせず、豪勢な女王船をこしらえた。山海の珍味を山ほどそろえ、さぁさぁさぁとご一行さまをご招待。ほかの重臣の方々はお帰りになって結構でございますが、アントニー様はどうぞどうぞ我がベッドルームへ。アントニーがシーザーほどの器量の持ち主ではないことは、クレオパトラにはすぐにわかったが今はのんびりと品定めをしている時間はないのだ。一国の浮沈がかかっているのだから、一刻もはやくトラのような男を懐柔せねばならぬ。ベッドへお誘いするのは国家戦略なのだ。

 クレオパトラに魅了されてしまったアントニーはおうちへ帰ることを忘れ3人の子をもうけるまで甘い休日を楽しんだ。本国には貞淑な妻が待っているというのに。そしてお決まりのコースが待っていた。シーザーの甥、オクタヴィアヌスが攻めてきたのであった。

 もはやこれまで。アントニーは自刃しクレオパトラは決断を迫られた。そしてローマ市中を引き廻されて辱めをうけるよりは、みずから死のうと手をのばし、アスプ(エジプトコブラ)を掴み取り、自らの胸に這わせたのであった。享年35歳。それは紀元前30年の8月末のことであったが、このときプトレマイオス王朝は最後のページを閉じたのだった。

 思えば若い女の身で、一国の命運を担い、“悩み多く、快楽の少ない人生”を送ったのがクレオパトラであったように思われる。女王は泡沫のような夢を追うよりも、常に国民全体のことを考え、なによりも国益を優先せねばならなかったのだ。(また続きます)

 

 

|

« もう二度とこんなことは | トップページ | そは長き戦いにして »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

オッ!
シーザーは私と同じ52歳だったんですね!
ってことは私も頑張ればクレオパトラのような美しいオナゴと・・・(^^;

昔の人は大変でしたね。
国や家のために人生ムチャクチャ。
やっぱ平和が一番だな~。

投稿: 便利屋 | 2010年4月13日 (火) 20時15分

便利やさま

んまーしかし、“傾国”とは良く言ったもので、
美女に溺れると国も家庭もひっくり返ってしまいますから、
ほどほどにぃ~^^

シーザーってすごかったらしいですよ。彼が凱旋して戦地から帰って
くると、部下は妻たちを家の中に閉じ込めていたそうですぅー。

投稿: なぎさ | 2010年4月14日 (水) 08時44分

なぎささん、お久しぶりです。
深い話しですねぇ。
私の友達で、自分のお父さんの腹違いの弟の赤ちゃんを産んだんですが、やっぱり、血が濃ゆいのか、すっごい、難しい心臓の病気でした。
その子も、生む前から、なんらかの障害があるのは、わかって生んだのですが、
カロリーの問題なのか、お菓子も食べれない、給食も、メニューを見て、毎朝、「これとこれは、食べていいけど、これはだめ」というそうです。けど、小学校入学したばかりの頃は、メニューが変わって、子供もどれ食べていいのか、わかんなくなって、何も食べれなかったり。
なぎささんのブログみて、その子の事
思い出しました。昔に生まれなくてよかった。

投稿: ひよこ | 2010年4月16日 (金) 07時29分

ひよこ様

うーん、、、。なるほどねー!
実はツタンカーメンも足が立たないほどの病弱で
たしか18歳ころには亡くなったようですよ。
その死は暗殺じゃなかったか、と言われていたそうですが、単にマラリヤにかかって死んだんじゃないかと、そんなことがわかってきたのだそうです。

小学生のとき、先生が九州と北海道の人が結婚するのが、優生学的にはちょうど良いといってました。なんでも教えてくれたもんですね^^

投稿: なぎさ | 2010年4月16日 (金) 12時40分

こんばんは^^
お話は、まだ続くのですね。
楽しみにしています。
エジプトは、
行ってみたい国のひとつです。
チャンスはあったのですが、
その頃、
日本人が狙われていて、
旅行できなかったんですよぉ。
行ってみたいなぁ~

投稿: さくら | 2010年4月20日 (火) 19時37分

さくら様

遅くなりましてごめんなさいねー!
いろいろバタバタしておりまする、なのです。

エジプトに最近、私の友達が行ってきました。
とっても良かった、そうです。
どんなふうによかった?って訊いたら、
よくわかんないけど良かった~~!だそうです。


鳥取の砂丘しか見たことありませんので、本格的な砂漠というもの、
一度見てみたいですね!

投稿: なぎさ | 2010年4月23日 (金) 22時44分

なぎささ~ん!
いつまでサボってるんすか~sign02

投稿: 便利屋 | 2010年5月18日 (火) 17時54分

便利やさま

ハイハイ!やっとこさ書きましたよ!
いろいろあって、右脳も左脳も働かなくなっていました。
またよろしくお願いしますね^^

投稿: なぎさ | 2010年5月19日 (水) 08時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76457/34186234

この記事へのトラックバック一覧です: お気の毒なクレオパトラ:

« もう二度とこんなことは | トップページ | そは長き戦いにして »