« 雑種がええ | トップページ | “島じゃ常識さざえカレー” »

ガンジス川のように

 Pict0078 腹を立てるにもいろいろレベルがあるものだ。ちょっとカンにさわる、イラっとする、カチンとくる、猛然とむかっ腹がたつ、、、。その様相は様々だ。 しかし私としても腹を立てたいなどとは思っていないのだ。どうしたら腹が立たなくなってエレガントな淑女になれるのだろう。

 沖縄や奄美大島などに棲息するハブの話を聞いたことがある。発生の段階で、ヒトはハブと同じところにいたことがあって、その頃は同じような毒をもっていたのだそうだ。人がハブから咬まれるとたちまちにしてその人の筋肉が溶けてしまうそうであるが、実は人も依然として体内にハブの毒に匹敵する毒をもっているそうだ。ただしそれは普通の状態では現れないのだが、ひとたび人が怒ると、その毒が触媒かなにかになって、自分自身のたんぱく質を溶かすのだそうだ。それは科学的に正しく証明されていることかどうかはわからないが、怒ることが人の身体にとって、ちーっともよくないことだ、という訓戒のための話なのである。

 『怒らないこと』(アルボムッレ・スマナサーラ著)という本を買って読んだ。フムフム、なるほど。お釈迦様がそういうふうにおっしゃいましたか。徹頭徹尾いいお話だった。やはりそこでも怒りが内臓その他に悪影響を与えるということが書いてあった。腹を立てるのってほんっとによくないことなのね!じゃ、腹を立てるのは今日ただいまからやめましょ、と思ったとしても腹は立てずにおらりょうか、私は相変わらず腹を立てているのである。

 著者は書いていた。“ガンジス川のように、何があってもびくともしない心を作りましょう” 他人から何かを言われて腹が立ちそうになったら、“私は何を言われても、ガンジス川のような心で接します”と心で思いなさいというのだ。ガンジス川の流れに怒りの炎で燃えさかっている松明を浸しても、ガンジス川は痛くもかゆくもなく、平然としているではないか。ああいうふうになりなさいと。私はガンジス川を見たことなどないが、源流がどこにあるかもわからないほどに遠くからはるばると流れてくる川は、さぞかし悠然として逆巻くこともなく、王者の風格をもって流れているのだろう。

 一方日本には大中小3万本の川が狭い国土にひしめいているそうである。外国の川の専門家は日本の川を見て言ったそうだ。「日本の川は川ではなくFALL(滝)だ!」と。日本の川は忙しい。五月雨をあつめてはやし最上川、ではないが、超特急で駆け下る。日々あくせくと動き回り、人にまみれ、腹を立てる私自身のようだ。 

 この著者は驚くべきことに「見るもの聞くもの、まったく腹がたたない」境地になっているそうだ。しかし私は思った。スリランカから東京へやってきている偉いお坊さんを怒らせるような人が回りにいないんじゃないかと。職場へ行けば、おとりまきはメンタル的にはかなり高尚な人々ばかりに違いない。それからまた、お坊さんであるから妻帯していないかもしれない。奥さんがいればたいてい腹がたちそうなものだ。であるがゆえに外でも腹が立たず、家に帰っても怒らせる人がいないので腹も立たない、のではないか、というのが私の勝手な独断なのだけれど、よそのおうちではどうなのでしょうか?

 まぁそんなことはどうでもいいけれど、この頃身体のあちこちが痛いのは加齢のせいだと思っていたが、そうではなく、あまりにも腹を立てるので、ハブの猛毒に似たようなものがたんぱく質を溶かしているのではないだろうか。筋肉や骨が少しずつ侵食されていたりして。長生きするためには本気で腹を立てないように努力してみるかなー。何を言われようがされようが、ガンジス川のように慌てず騒がず泰然と。一番古いと言われている仏教の経典の最初に、「怒りを死に至るくらいの猛毒としてみてください」とあるそうなのだから。  

 

|

« 雑種がええ | トップページ | “島じゃ常識さざえカレー” »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ふむふむ・・・
私はこの前旦那様の愛する息子をぶっとばしましたが・・・即、ごめんね!ごめんね!と謝り、許してもらいましたが・・・
それ以外、怒ったことって・・・
とんと記憶にない・・・
いやむしろ、怒れる人って、なんか羨ましい・・・
って立場にいましたから私。ずっと。
きっと生命力に溢れてる証拠なんだよ!
なぎささん良かったね!

投稿: さと | 2010年3月 7日 (日) 22時47分

さと様

言われてみれば思い出しましたが
アタシも若いときは、何かあるとトイレの中で
ひとしきり泣くような、かよわい子羊のような
ものでした。

ところが今や、昂然と立ち上がるクマみたいに
なりました。いずれ貴方も私のようになるでしょう^^

投稿: なぎさ | 2010年3月 8日 (月) 10時47分

考えてみたら私が怒るのはテレビのニュースを見てる時ですね。
事件の犯人や政治家に対してしょっちゅう怒ってます。
家族は「バッカじゃない」って呆れてますけどね(^^;

カミさんや娘たちに対して怒ることはないですね。
私はもともと人に何も期待しないタチなので、失望もしないので腹も立ちません。
だから家族にあ~しろこ~しろも言ったことがありません。
その結果・・・
みんなポワ~ンとアホみたいになっちゃいました~(^^;

投稿: 便利屋 | 2010年3月 9日 (火) 11時09分

今日も勉強になりました。
短気だと知らずに夫と結婚した私が悪い。
夫には自分の怒りで脂肪を燃やして欲しい心境です!
結局、私の身体にも影響を及ぼしてるんですよ。
でも私、最近、死ぬ気ならなんでも出来る。
そう思って生きてます。
ある人から、この言葉を頂きました。
「行動しろ。恐れるものは何もない」
そして、いつも思っている言葉は、
上杉鷹山公の「為せば成る・・・」です。
ちなみに、私、心の中に蛇を飼ってます。ふふっ

投稿: さくら | 2010年3月 9日 (火) 15時43分

便利やさま

ふーむ、なるほど、オトコの人って義憤公憤にかられて、革命を起こそうか、なんてことになるのですね。

その点、ワタクシは私憤のみです。
テレビがなんと言おうと、なーんともありません。

ま、心の中では怒りまくっても、口ではなんとも言えない気の弱さを併せ持ってるワタクシは、夜になって、ちまちまと『はらだち日記』にぶつけて泣き寝入りしてますのよ^^

投稿: なぎさ | 2010年3月 9日 (火) 20時01分

さくら様

ワオ!ヘビを内臓している女だなんてスゴ~イ!
いつ寝首をかかれるかわからないから、だんな様も
枕を高くしてねむれませんねー^^

上杉鷹山ってとても偉大な人らしいですね。
かのジョン・F・ケネディも日本人で尊敬する人
として、名を挙げたそうですね。

「行動しろ。恐れるものは何もない」
私もその言葉、覚えておきます。

投稿: なぎさ | 2010年3月 9日 (火) 20時44分

ケネディのお話し、その通りです。
なぎささんは、
なんでもご存知なんですね。
ところで、クックッ^^
この間久し振りに、
夫の同僚や上司にお会いしたんですけど、
皆さん私が変わった事に気付いたらしく、
夫の上司が主人に(普段は主人と言っています)
なぎささんと同じような事を主人に忠告したんです。
でも、主人はニコニコしているだけで・・・
どうも、彼は幸せボケしているようです。
呆れる。

投稿: さくら | 2010年3月11日 (木) 22時35分

さくら様

上司さんは眼光鋭い方ですね。
さくらさんが心の中でヘビの卵を孵し、
“成せばなる”をキーワードに武装しているのが
見えたのですね。

さぁ、この闘いがどうなりますことやら?
幸せボケしてたら、やっぱりさくらさんの勝ちかなー?

投稿: なぎさ | 2010年3月13日 (土) 09時11分

コメント抜き拝読しています。なぎささんの、言わんとする表現力素晴らしい。 感性深く頭いいんですね。私もガンジス川の様に慌てず騒がず賢く自分も、相手も傷つかない程ほどをもっとうに威厳を持つ人生、騒がず動せず努力したい。イロハ


投稿: | 2010年3月16日 (火) 08時41分

イロハさま

おひさしゅうございますー^^
読んでいてくださったのですねー。
“何を見ても何を聞いても、腹がたたない”
ようになったら、極楽でしょうね。?そうでもないか。
人の間で生きていれば、いろいろありますよね!

投稿: なぎさ | 2010年3月17日 (水) 20時37分

ガンジス川のように
実際には見たことがありませんが、聖なる川だそうですね。

投稿: つばき | 2010年4月 1日 (木) 19時56分

つばきさま

とにかく雄大な川だそうですね。
河口では亡くなった人を薪で燃やしているとか、、、。

投稿: なぎさ | 2010年4月 4日 (日) 10時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76457/33620039

この記事へのトラックバック一覧です: ガンジス川のように:

« 雑種がええ | トップページ | “島じゃ常識さざえカレー” »