« 『あかちゃんのドレイ』 | トップページ | ガガーリンの笑顔 »

おかあさんの三億円

091206_1324  左の写真は大阪のある所にディスプレイされている三億円分のお札である。

 娘夫婦がお歳暮と共に、大阪で一番当たりくじが出ている、つまり一番良く売れているところで、宝くじを買って送ってくれた。連番でワンセット、バラでワンセット。娘の手紙には“当たったらどうしよう、、、と日々 妄想をふくらませて楽しんでみてください”とあった。

 さぁて、ほんとうに宝くじが当たったらどうしよう。三億円もあるんだから、この年の瀬にお金のやりくりで困っている人に100万円ずつ配ってもいいな。いったい何人の人に配ばれるのか、誰か計算して!

 私は炊事をしながら考えた。子供たちには言おうか言うまいか。言わないほうがいいのではないだろうか。三億円当たった!と聞いたらおそらく目の色を変えて、今やっていることを放り出し、ろくでもないことに血道をあげるだろう。真面目に努力することを放棄するようだったら本人のために実によろしくない。 私は夫に言った。「子供たちには教えないほうがいいんじゃないかしらー?」すると夫も「ウーン、それがいいかもしれない。」と厳粛な面持ちで言った。

 しかし、宝くじを送ってくれた娘には教えないですむものだろうか。内緒にしているつもりでも、いつかバレる日があるかもしれない。すると娘はけたたましく電話してきて言うだろう。「おかあさんっ!あの宝くじ当たったんですってねっ!なぜ私に教えないのっ?あの宝くじ私が送ってあげたのよっ!半分くらい どうぞ って差し出すのがほんとうじゃない?おかあさんて見損なったわよ、もう絶交っ!!」

 ほらほら、もう親子の断絶が始まった。ビンボーな時は仲良くしていたのに、お金持ちになったとたんにこうなんだからぁー。

  そうだ、お金は細切れにしないで、ドーンとまとめて『なぎさ基金』とでもいうものをつくって、世のため人のためになるような素晴らしいプロジェクトを始める、というのはどうだろう。えーっと、どんなのがいいかなー。

 夜になって、私は薪ストーブの前のテーブルに陣取って家計簿をつけていた。そこへ息子がやってきて言った。「おかあさんの三億円に 僕は手ぇ出さないから安心してていいよぉ~♪」あらそぉ?と言いながら私は・・・そんなこと今は言ってるけどお金を見たら豹変するんじゃない?・・・と思っていた。そしてレシートの要らなくなったのをまるめてポーンと薪ストーブに放り込んだ。アワワワワ!なんと私は商店街で貰ってきた抽選券までレシートと一緒に燃やしてしまったのだった。特等に当たるかもしれなかったのにィー! そうだ、当たった宝くじを間違えて燃やしてしまうようなことがないように気をつけないといけないな。

 聞くところによると、当たった宝くじは一年間くらいは引き換えなくてもいいらしい。ではほとぼりが冷めるまで、そのままそっと置いておくことにするか。けれどその間、この私が誰にもしゃべらずにおれるものかは?ガマンできずに言うかも!「当たったのよ~~!!」そうしたら蜂の巣をつついたような騒ぎになるよね。なぎさこまっちゃうよー。

 

 

|

« 『あかちゃんのドレイ』 | トップページ | ガガーリンの笑顔 »

」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。私なんて、宝くじ買ってもないのに、「当たったら~どうしよう」なんていつも妄想してます。
楽しいですよね。
なぎささん、当たるといいですねぇ。

投稿: ひよこ | 2009年12月19日 (土) 09時23分

ひよこさま

はじめまして。
宝くじというものは実際に持ってみると、妄想の度合いが違いますねー。

どうしよう~と真剣に悩んでしまいます。あれこれ悩みながら暮れの仕事に励むことにいたします^^

投稿: なぎさ | 2009年12月20日 (日) 07時08分

確か大阪で一番じゃなくて日本で一番一等が出ている売り場だよ~

当たるといいね☆☆

投稿: さと | 2009年12月23日 (水) 16時32分

うちがもし3億当たったら、絶対に誰にも言いませんね。
娘達にも内緒にしようとカミさんと決めてます。
「うちには金があるんだ!」な~んてあてにされたらアホになっちゃいますもん。

高額賞金が当たった人は何かと不幸になるケースが多いようですよ。
そうならないためには、当たる前の生活を一切変えないことだそうです。
しっかり貯めこんで、隠れてニヤニヤしてるのが一番いいんでしょうね。

投稿: 便利屋 | 2009年12月23日 (水) 18時13分

さと様

宝くじのプレゼントをありがとう。
おかげで夢をバクバク食べてます。

ま、宝くじが当たったら、黙っていることにいたしますワ。寄付の申し込みがすごいんですってね!

投稿: なぎさ | 2009年12月23日 (水) 21時45分

便利やさまのに

隠れてニヤニヤしてて、いつそのお金使ったらいいんでしょうねー。使ってこそ楽しいのに。

突然 “飛鳥”に乗って世界一周の旅に出たりしたら
みんなが、そんなお金どこにあったの?ってうるさいでしょうね。ホントに何に使ったらいいのかしらー。

投稿: なぎさ | 2009年12月23日 (水) 21時52分

夢でなく 現実が欲しいね。心配しないで!お金を枕に 考えてあげましょう。振り向きもなかった知り合いが、いっぺんに親戚だらけになり、親切になる、平和だってことですよ。と・・・言ってもね・・・
車、家、旅行、お食事、使っても使ってもまだ金は残る。なぎささん どうしましょう、助けて・・・
イロハ

投稿: | 2009年12月25日 (金) 12時28分

イロハさま
妄想は妄想をよんで、今 わたくしは大変なことに
なっておりまする。

当たっても、じーっとガマンして、動かないほうが
いいそうですよ。動かないようにしましょうねっ!

でもね、欲ボケというのがあるらしく、そうなったら
はた迷惑で困りますわねー^^

投稿: なぎさ | 2009年12月26日 (土) 12時35分

私は2兆円持ってます(笑)coldsweats01

投稿: つばき | 2010年4月 4日 (日) 21時19分

つばき様

あは、それはおそらくオモチャの紙幣でしょ?
私は、3兆円のを財布に入れてますよ^^
なんでも財布は大金がはいってるほうが好きだそうですよ!

投稿: なぎさ | 2010年4月 5日 (月) 21時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76457/32650633

この記事へのトラックバック一覧です: おかあさんの三億円:

« 『あかちゃんのドレイ』 | トップページ | ガガーリンの笑顔 »