« 高台寺 ねねの小径 | トップページ | おかあさんの三億円 »

『あかちゃんのドレイ』

Pict0116 娘の愛読書に『あかちゃんのドレイ』(大久保ヒロミ作)という漫画本がある。それを我が家に置いていったので、ちょっとばかり読んでみた。あとを引くおいしさ、ではなくおもしろさでなかなか止められない。あかちゃんのいる日常生活のなんでもない話題を描いてあるのだが、そうそう、わかるよ、家に小さい人がいると、そうなんだよねーと共感することばかりなのだ。ドレイのごとくに小さな王子様 王女様に振り回されているヤンママの忙しさ、苛立ちや心理が巧まざるユーモアでもって描かれている。 それでも作者はこうして漫画を描く時間を捻出しているのだからエライものだ。 うちでは娘も私も、たった一人の子供のことで気もそぞろで、何をする余裕もなくマゴに翻弄されかく乱されていたものだ。(ブログもほとんど書けなかったデス)

 マゴがうちにいた頃のことだが、子供というものはどうしても外へ出たがる。オソト、とはまだ言えなかったがウンウンと大人の手を引っ張って散歩へ行こうと要求する。まだ家の用事がすまないうちは、散歩になど行きたくないのだけれど、自分の靴を差し出して、さ、はかせて、とつぶらな瞳で見上げられたらもうお付き合いしないわけにはいかない。

 五分ほど歩くと、バスの整備工場がある。常時10台ほどのバスがとまっていて工場の人たちが忙しく立ち働いている。それを金網ごしにバ!バ!(バスのことです)と言いながら張り付いたように離れようとしない。これをやっとのことで引きはがし少々歩くと次は三叉路に出る。いちおう国道なので交通は頻繁で、大好きな車が次から次にやってくるものだから、右を見て左を見て、ブーア!ブーア!

 私たちがクルマと言うのでクルマと言っているつもりが、ブーアとなるようだ。 30分もそこにいれば排気ガスでだんだん眼もチカチカとしてくるし、家のことも気になるしで、早く帰りたいのだけれどこれまた離れようとしない。

 こういう事態になると娘などは携帯で「誰か連れに来て~この子が動かないの~」とかよく言ってきたが、そうすると私などは「そんなに子供の言いなりになってどうするの、しっかりしなさい!」と気合をいれたものだ。それでもなかなか帰ってこないので様子を見に行くと、マゴは大地にへばりついてまだ帰らんぞ、と抵抗しているのだった。

 「モォッ!いい加減にしなさいっ!」とジタバタするマゴを小脇にひっかかえ、問答無用とばかり連れ帰るのだったが、ある時、マゴが私たちを真似て「モォッ!」というのには笑ってしまった。口癖みたいにモォッ!を言っていたらしい。

 そんなことどもを思い出していると、娘から電話があった。「おかあさん、そちらから送ってくれてる荷物、何時ころ届くの~?」どうして~?と訊いたらば、マゴが散歩に行くと自分で決めていて、一人でバギーに乗っているのだという。留守中に荷物が届いたらいけないと思ってたずねてきたのだ。荷物は夕方届くように指定してあるので心配はないのだけれど、私にはマゴがあっちに行け、こっちに行けと指差す方に、ハイハイとバギーを押す娘の姿を想像すると、おかしさがこみ上げてきたのだった。

 娘とマゴが帰っていって、我が家も静かな暮らしが戻ってきた。マゴはなにかひとくち食べると、ニコニコしながら「ウマっ!」と大きな声で言っていたものだ。たいしておいしくないものでも必ず機嫌よく ウマッ!と言っていた。それにならい私たちも今、何かひとくち口に入れたらウマッ!と言ってみては王子様におつかえしていた日々のことを想うのである。

 

|

« 高台寺 ねねの小径 | トップページ | おかあさんの三億円 »

家族」カテゴリの記事

コメント

お孫さんはかわいいみたいですねsmile

投稿: つばき | 2009年11月27日 (金) 22時11分

孫かわいいね。愛らしいね。わたしも孫が欲しいよ.ひげ息子、ひげおやじ   むっつり顔の父ちゃんより、孫は、いいね。緩みっぱなしに、なぎささん、しあわせなんだ。   イロハ

投稿: | 2009年11月28日 (土) 13時51分

いや~大変さが伝わってきますよ。
ウチは双子だったもんでそりゃ大騒ぎ!
カミさんは散歩のたびに泣きながら帰ってきてました(^^;

以前オオカミの散歩を依頼されたことがありましたけど、
お孫さんのお世話はそれに匹敵するかもしれませんね!happy01

投稿: 便利屋 | 2009年11月28日 (土) 19時08分

つばき様

そうですねー。
思うんですが、ちょっとでも世話をするのと
世話をしないのでは、全然可愛さが違うような
気がします。

時々会うくらいだと、あら大きくなったわねー
でおしまいのような。

共に悪戦苦闘した仲間だ!という感じでしょうか。

投稿: なぎさ | 2009年11月29日 (日) 07時47分

イロハ様
 
このごろでは、結婚しないムスコやムスメがふえてきて、生涯ついにマゴをその手に抱くことがない人もふえてきていますね。

結婚生活ってこういったらなんですが、、、ヘドが出そうにしんどいことことばかり、だけれど、マゴを獲得するためにも、いっちょう結婚してみっか!
なんて気になってくれないもんですかね^^

投稿: なぎさ | 2009年11月29日 (日) 07時53分

便利やさま

へぇ~!狼の世話ですか?

友達に双子のあかちゃんを育てた人がいるのですが
もう、日々髪振り乱して、顔を洗うヒマもなかったって言ってました。

首尾よく大きくなってもらって、よかったですね~~!

投稿: なぎさ | 2009年11月29日 (日) 07時57分

あはは~。私もこの本、持ってます。
3巻までですが。
ピロミの奴隷生活に笑わせてもらってます。
お兄ちゃんに小さな雛人形を買ってもらうエピソードが好きです。

もう少ししたら色々とこだわりが出てきてうちの子も大変なんだろうな~。
今は障子を破くのにはまっていて、もう骨だらけ。
張り替える気力もありません。

投稿:  ジャスミン | 2009年11月30日 (月) 15時59分

ジャスミン様

そのエピソード、まだ読んでませんので、楽しみに読んでみますね。4,5巻もでてるそうですね。

障子破るのって、どの子も好きですね!うちでは私が「ダメッ!」ってにらんだらびくっとして、手をひっこめました。

ま、動物の調教と一緒で、なめられたらアカンのですわー。二枚破ってましたが、カレンダーの紙を内側から貼っていたのを、やっとこの頃張替えました。ブログもがんばって書いてくださいねー。

投稿: なぎさ | 2009年11月30日 (月) 21時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76457/32354590

この記事へのトラックバック一覧です: 『あかちゃんのドレイ』:

« 高台寺 ねねの小径 | トップページ | おかあさんの三億円 »