« この栗ご飯はおいしい | トップページ | 高台寺 ねねの小径 »

あのハゲネズミには

Pict0027  織田信長というと、近寄れば背中の日本刀でいきなり斬りつけられそうで、まるで親しみを持てないとずっと思っていたが、渡部昇一著『なでしこ日本史』を読んでいささか認識が変わった。

 秀吉が寧々を妻に迎えるころ、秀吉は赤貧洗うが如しの貧乏ぶりであった。スノコの上にワラを敷き新婦を迎え、欠けた茶碗で固めの盃を交わしたそうである。それなのに秀吉ときたら、妻の内助の功も忘れたふりをし、出世するにつれ多くの女性を追いかけ回し、お尻があたたまるヒマもないのだった。若き日の寧々は嫉妬心もあり信長に「うちの人に意見の一つも言ってください」と愚痴を書き送ったことがあった。すると信長から折り返し手紙が来た。

 “あのハゲネズミ(秀吉)には、あなたのようないい女房が二度と現れることはないのだから、奥方らしく、落ち着いてすごすように”

 それを読んで私は思った。信長という人は案外とユーモアもあり、人の心の機微もわかる人なのかもしれないと。 

 信長が死去し、最高権力者となってからの秀吉は、世が世であれば手も出せないような身分の女性を次々に側室にしてしまうのだから、寧々としては穏やかではいられなかったことであろう。それでも秀吉によく仕えよく耐えたのであった。

 秀吉が関白の位を得ると、寧々は北政所と呼ばれ、最後には三后に準じて従一位となる。三后というのは太皇太后、皇太后、皇后をいうそうで、それに準じるというのは、これは日本の女性としてはもうこれ以上の位はない、ということである。そういう名誉ある位を得たからといって、寧々がほんとうに幸せだったかどうかは疑問だ。

 淀君が子供を連れて大阪城に移ってくると、寧々はささっと身をひるがえし、京都の高台院に入ってしまう。のちに豊臣家が存続するかどうかの瀬戸際のときには、家康にくみして関が原の戦いの動きを左右したのであった。

 あのような時代に秀吉のような夫を持った女の心理はどのようなものであったか興味深い。寧々と同時代を生きた、前田利家の妻 まつ、山内一豊の妻 千代などの生き方も魅力的だ。才気煥発だったと言われる彼女らの大きな働きがなかりせば、夫たちがめでたくも一国一城の主となれたかどうかはわからないのではないだろうか。

 私は吉川英治の『新書太閤記』はあまりにも長々と続くので、途中で頓挫したまま読み終えていないけれど、そこではたいそう秀吉に友好的な書き方だったと思う。しかし男たちがヒーローの物語もいいけれど、女たちの生き様に視点を当てた物語も、おもしろいのではないだろうか。

 調べてみたら、『おんな太閤記』というのがすでに書かれていてドラマにもなっているのだった。 アマゾンで買いましょ、と思ったら、これはプレミアムがついていて、かなり高いことがわかった。では、と近くの図書館に行ってみたら、県立図書館から取り寄せてあげます、ということだった。

 本が届くのも楽しみだ。DVDもあるそうだから、そのうち秋の夜長にゆるゆると観てみたいものである。

 

|

« この栗ご飯はおいしい | トップページ | 高台寺 ねねの小径 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

読書の秋ですね。なぎさサン文学が好きなのね。一杯読んで、かじりだけでも、教えてください。イロハ

投稿: | 2009年10月28日 (水) 09時04分

イロハさま

いえいえ、たいして読んではいないのですよ。
ちょっとでも読むとすかさず記事にしてしまうという
手法でやっておりまする。

それにしてもあの時代はおもしろいですね!

投稿: なぎさ | 2009年10月28日 (水) 21時41分

信長も意外な一面がありますねdelicious

投稿: つばき | 2009年10月29日 (木) 19時26分

つばき様

そうですね、非人間的な人かとおもってましたから~。仮面をかぶっていたのかもしれませんね!

投稿: なぎさ | 2009年10月29日 (木) 20時58分

うちのカミさんに言わせますと、
「仕事をバリバイやる男は浮気くらいして当たり前、
 浮気なんてド~ってことないわ」ですと。
だけど小心者の私は側室なんて持てません(^^;

投稿: 便利屋 | 2009年10月31日 (土) 19時30分

便利やさま

奥方さまの仰せになることは、それはただ、口が言うだけであって、ほんとうにソバメでも置いてごらんなさいませ。

たちまちにしてお家の騒動がおこり、いつ寝首をかかれることやらわかりませぬぞ。

ま、かいしょがないとアヴァンチュールも楽しめない訳でして、、、^^

投稿: なぎさ | 2009年10月31日 (土) 21時09分

はじめまして、さくらと申します。
ブログ、面白く拝読しました。
長崎県の方のブログに初めてお邪魔し、
ちょっと嬉しい今の私です。^^

投稿: さくら | 2009年11月 4日 (水) 11時57分

さくら様

はじめましてー!
どこか、海外にお住いなのですね。

長崎県ではありますが、はるばるとお船に乗りまして
五島列島にすんでおります。

兄や姉に言わせると、五島も海外らしく、不便だわ~ということになります。

住めば都なんですけどね^^

投稿: なぎさ | 2009年11月 5日 (木) 19時31分

こんにちは!
私も歴史小説、大好きです。

女性の側から書いたもの・・・といえば、
「美女いくさ」が面白いと思います。
読売新聞で連載されていました。
お勧めです!

私は歴史上の人物の、最初の名前が「○○」。後の「○○」である・・・
というのがどうしても覚えられません。
覚えても忘れてしまうんです。
まあ、覚えられないのはこれだけではないのですが・・・Σ(;・∀・)

投稿:  ジャスミン | 2009年11月12日 (木) 08時57分

ジャスミンさま

美女いくさ は浅井三姉妹からみた物語のようでしたね。著者は女の人だったので、とてもていねいな物言いだったような、、、。読売に連載されていたのですね。

ほーんとに、あの頃の人々は、まるで出世魚のブリみたいに、次々と名前を変えていきますから、一体全体誰だったのか、わからなくなりますよね。

実はワタクシ、このたび、秀吉の正妻 寧々ゆかりの寺 高台寺へ行ってきました。ライトアップがとてもきれいでした。

投稿: なぎさ | 2009年11月13日 (金) 20時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76457/31952694

この記事へのトラックバック一覧です: あのハゲネズミには:

« この栗ご飯はおいしい | トップページ | 高台寺 ねねの小径 »