« 今日の風 なに色? | トップページ | この栗ご飯はおいしい »

ブーニンじゃなきゃイヤ

Pict0025 さて三枚頼んだCDのうち一番最初に届いたのはマイケル ジャクソンのCDだった。早速聴いてみると、このあいだラジオで初めて聴いたのはHEAL THE  WORLD  であろうと思った。バラード風のとてもいい曲で、これならオバサン好みだ。ラジオでは塾の先生が、この歌詞がとてもよろしいので、英語の教材として全国的に使われるように努力したい、と話していたのであった。

 私はまた、マイケルのDVDもちょっと見てみたのだが、熱狂のあまり、卒倒せんばかりの人々がたーくさんいるのを見た。スーパースターと言われるだけの何かがあるのだろうな、と思った。けれど何度も聴いているとなによりビートがきいていて、なかなかいい曲ばかりに思われてくるから不思議だ。

 さて次にやってきたのは荘村清志さんのギター曲だ。驚いたことに、なにかのお間違いでは~?と言いたいくらいにお値段が高かった。調べてもらったら、プレミアムがついているとのことだった。なんでもこの荘村さんという人は、今やギター界の第一人者だそうである。小さいときから天才少年と言われてきたのだ。ギターは小さなオーケストラといわれるそうだが、よくギター1本でこれだけ演奏できるものよと、感心するばかりだ。  

 最後にやってきたのは発売になったばかりの辻井伸行さんのCDだ。以前何かで読んだことがあるのだが、全盲の人がピアノを弾くとき最大の難関は、たとえば低音部から高音部へ一気に跳躍するとき、とんでもないキーを叩いてしまうこと、だそうである。アマチュアだったら「ちょっと、間違えました~」と笑っていられるかもしれないが、プロだとそうはいかないであろう。一体全体どうなっているのだろう。これは神業か、まるで指に眼がついているみたいに流暢そのものなのだ。

 辻井さんの母上が書いておられるが、伸行さん生後8ヶ月のころには、ショパンの英雄ポロネーズを聴かせていたそうである。そのCDを流すととても機嫌よく手足をばたばたさせてリズムを取ることができたのだ。ある日のこと、そのCDが傷んでしまったので、別のを買いに行き取り替えたところ、どうしても坊やの機嫌が良くならない。あやしたりなだめたりしてもダメなので、改めてCDのジャケットを見比べてみたところ、前のものはブーニンのもので、後のはサンソン・フランソワ。同じ曲を演奏していても坊やにとっては別のものだったのである。それで急いでブーニンのものを買い求め聴かせたところ、機嫌が直ったそうである。そんなことも耳の力が人並み以上に優れていた、という証明になるのだろう。

 小さいからといって手加減せずに、ちゃんとした音楽を聴かせたほうがいいですよ、とその本に書いてあったので、私はマゴ(今、マゴ一歳半、我が家に逗留中)の情操教育のため、BGMとしてクラシックを流すことにした。ところがマゴは一向に反応しない。なぜか重たいものが大好きで、いつも身に余るような重たいものをエンエンと運んでいるのだ。ある時は何を思ったか、ひいおばあちゃんの大切な博多人形(ガラスのケースにはいっている)を、ヨロヨロしながら運んでいて、私は悲鳴をあげた。

 音でよく反応するのは玄関のピンポンだろうか。これが聞こえるとなにもかも放り出して玄関へダッシュする。そんなこんなを見てたら、私はもう情操教育をやめることにしたのである。

 

 

 

|

« 今日の風 なに色? | トップページ | この栗ご飯はおいしい »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

(◎´∀`)ノ
やはり天才は違いますよ。
持って生まれた才能でしょうね。

投稿: つばき | 2009年9月28日 (月) 21時52分

アハハハハ!
お孫さんは私と同じ肉体派なんですよ♪
もうちょいしたら鉄アレイ買ってあげてくださいな。

天才の耳ってすごいんですね。
私は3バカ娘の声が誰が誰やらサッパリわかりません(^-^;

投稿: 便利屋 | 2009年9月29日 (火) 19時06分

つばき様

ほんとうにこの世に、天才って存在すると思います。
けれど、かのバッハが言ったそうです。

“人々が私のことを天才というけれど、私ほどに
努力すれば、誰でも私ほどにはなるだろう”

天賦の才能を与えられたそのうえに、努力を
しないといけないということなんですねー。
やっぱり凡夫にはムリなようですー。

投稿: なぎさ | 2009年9月30日 (水) 07時55分

便利やさま

鉄アレイ?!そうそう、今から鍛え上げましょうか。
どうしてそんなに元気なの?といいたいくらい
よく動き回ってますよ。


娘さんたち、さおいいお声なんでしょうね!

投稿: なぎさ | 2009年9月30日 (水) 07時58分

私も初めてクラシックやフラメンコのギターを聴いた時は驚きましたよ~。
なにこれ??どうやってるの??ってじ~っと見ちゃいました。分かりませんでしたが・・・。(^^;)

耳がすご~くいい人っているんですよね。
やっぱり全然違うと思います。
辻井さんの場合は、元もと耳が良かった。目が見えないことで更に冴え渡った。お母さまが磨きを掛けられた・・・ということなんでしょうか。
努力で有る程度までは誰でもいけると思いますが、ぬきんでるにはやはり持って生まれた物って大きいと思います。

投稿:  ジャスミン | 2009年9月30日 (水) 08時28分

ジャスミンさま

ステージパパ、ステージママ、という言葉がありますが、やはり親の意気込みがあるのとないのでは、全然違いますよね。

本人の才能もさることながら、こういう世界では親の経済力が絶対的に必要だそうです。それと継続するチカラ。

どれが欠けてもダメらしいですよ。

投稿: なぎさ | 2009年9月30日 (水) 22時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76457/31539367

この記事へのトラックバック一覧です: ブーニンじゃなきゃイヤ:

« 今日の風 なに色? | トップページ | この栗ご飯はおいしい »