« 主のみ心ならば | トップページ | もしも宝くじに当たったら »

なんてったって女は強いな~^^

Pict0043 夫が、「もうあの妻と一緒には暮らせない、外に好きな女のひとがいるので、そのひととやり直したい」という意向をまず打ち明けたのは、その母にであった。家系を乱す行いを忌み嫌っている母こそ、まず説得せねばならないのであった。そしてそのことを嫁は姑から伝えられたのであった。

 それから姑上は付け加えて言った。「この際、あなたにも言っておきますけど、文彦(冬彦ではありません)がこんな気持ちになったというのは、あなた側にも多分に責任があるってこと、よく考えておいてちょうだいね。私から見ても、あなたはこの頃、なんだか書くことに夢中で、家のことには上の空よ。それが文彦にも伝わるんです!」

 それからまた言った。「あなた、最近何のかんのと理由みつけて、教会から遠ざかっていますね、それがいけないのよ、神様を忘れているのが。それが根本の原因よ、分かって? これを機にちゃんと教会へいらっしゃいね。」

 へんによそよそしいと思ってはいたがなんだ、そうだったのか。夫からの別れ話を聞いて妻は思った。よし、こうなったからには、文彦にはなるべく平静に接しよう。おそらく別れも近いのであろうから、、、。ところが夜更けて夫が帰ってくると、冷静ではいられなかった。 以下少々、とても迫力のあるシーンを抜粋してみることにしましょう。

 “夫の顔を見るや私は煮え湯を浴びた猫のように跳ね上がり、いきなり 「女がいるんだってねえ」とヤクザのような口調で叫んでしまったのだった。「おかあさんに打ち明けたんだって?お嫁さん替えたいんですけどって。まあまあ、いつまでもお母さんが怖くてお気の毒なこと。私に直接言って下されば良かったのに。私もそれほど物分りは悪くないつもりですよ。嫌われてまであなたにしがみついていようなんて気は、サラサラありませんからね。(中略 )いつだって出てってさしあげます!」 

 「いや…」と夫が口を挟もうとした。それをさえぎるように押入れの戸を力まかせに開くと、文彦の寝具一式をわし掴みにして、文彦めがけてポンポン投げ始めた。こんなはずではなかった、と思いながら。そう思えば思うほど、きたないものでもつまみ出し、放り出すように、蒲団を、枕を、寝巻きを、夫に向けて投げつけた。(後略)

 翌日から私は意識的に文彦をさけ、その持ち物にさえ触れるのを嫌がるそぶりを、わざとのようにして見せた。夫は私の際限もない嫌がらせに耐えねばならなかった”

 しかし、妻を取り替えることはかなりな難事業なのだ。夫だけならともかく、夫の背後にデンと控えている難攻不落の手ごわい母上がいるとわかったら、果たして「ではお嫁に参ります」などと言う殊勝な女がいるのだろうか。

 さて私は物語を読んだあと、我が夫に言った。あの赤いプルトニウムの女の子みたいなポーズで、余裕で半分笑いながら。 「女がいるというのであれば、ささっと出ていってあげますけどね。お気の毒だけれど(うちの、あのおかあさまがあなたの後ろにがんばっているようであれば)なかなか再婚までこぎつけるのは難しいんじゃないかしらぁ~?」

 すると夫はあっさりと、かつにこやかに言った。「大丈夫だよ~、オフクロだったらすぐに施設に入れるから~♪」

 ムムッ、なんということを言うのだ。ってぇーことは何ですかい、古女房(と自分で言いたかぁないが、古いことは古い)には無理難題を平気で押し付けておいて、新しいヨメハンのことはチヤホヤご機嫌をとろう、ってんですかい? ウーム、敵がそのような心根であれば、こちらも策を練り直さねばならぬ。女のいくさはきりもはてもないようだ、まったく。

 さて物語にかえって、伊吹家で冷戦状態が続き、泥沼化していた頃、これは神の恩寵というべきか、夫にアメリカ出張が命じられたのであった。夫は「留守を頼むよ。僕も少し頭を冷やしてこよう」と言って出かけて行った。そして一年後、帰ってきたときに、「ごめん、悪かった」と妻に謝り、、、ヨリを戻したのでありました。

 ほんとうに、それぞれのうちにドラマがあるものだ。たとえそれが家庭内の出来事であれ、能力のある者は、読む者をうならせるような作品を残すことができる。ところが圧倒的多数のものはそんなことは出来はしないのだから、そのドラマは歴史の片隅にひっそりと埋もれていく、ということになるのでしょうねー。  おしまい。

|

« 主のみ心ならば | トップページ | もしも宝くじに当たったら »

嫁と姑」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした~!
今回のシリーズ物はかなりの力作でしたね。
「24」よりも面白かったです~♪

なんだか昔のお嫁さんって奴隷のようですね。
まわりの人達の身勝手な言い分には腹が立ちましたよ。
しっかしご主人には笑かして頂きました。
さすがなぎささんのご主人ですね(^^)v

投稿: 便利屋 | 2009年8月25日 (火) 17時06分

便利やさま

しらずしらずのうちに、嫁姑問題のスペシャリストになってしまったらしく、ついつい力がはいってしまったかもしれませんねー。

ところで「24」って何でしょう?

投稿: なぎさ | 2009年8月26日 (水) 07時46分

なぎささん なかなか面白かったよ。いつも拝読しております。悔しさあり歯痒さあり、ほんのりヤキモチあり、よかった。又筆者なぎささんの表現も上手い.我々人生のドラマ片隅で、埋もれ寂しいものです。一般我々を代表して語り継いで、ください.次回たのしみに しています。イロハ

投稿: | 2009年8月29日 (土) 12時32分

ブフフフ
「24」ってのはレンタルビデオで人気があるアメリカのテレビドラマシリーズです。
なんだか物凄く長いシリーズなので、
面倒臭がり屋の私は観ていませんけどね(^^;

投稿: 便利屋 | 2009年8月29日 (土) 18時57分

イロハさま

その昔、日本が近代化する前、嫁は動く農機具、とよばれ、牛や馬なみに働らかされていたそうです。

それを思えばいまは極楽!ですよね。でもまた違った形で苦労はあるものですねー。

嫁姑シリーズはちょっと重かったので、しばらくお休みしますね^^

投稿: なぎさ | 2009年8月30日 (日) 19時54分

便利やさま

「24」ってドラマなんですね。
でも視聴者から支持されてる、ということは、おもしろいから続くのでしょうね。

いつかちょっと観てみたいですね。

投稿: なぎさ | 2009年8月30日 (日) 19時56分

冬彦・・・いえ、文彦さん、アメリカ出張の間に彼女にふられてしまったんでしょうか。
それにしても、お姑さんから旦那の浮気なんか聞かされたら、私なら憤死してしまうかもしれません。
それでめでたし、めでたし・・・・なるわけね~だろ!!と思う私ってやっぱり心がせまいんでしょうか?

投稿:  ジャスミン | 2009年8月31日 (月) 13時51分

ジャスミンさま

うーん、詳しいことはわからないのですよ。浮気の相手がどんな女であったか、なんてことは書いてありませんでした。

ただ、離婚するには多大なエネルギーを消費せねばなりませんし、彼もアメリカでずーっと考えたのかもしれませんね。子供もいることだし、このままこれで行くか~、なぁんてね!

さて専業主婦のお値段ですが、アタシ、時給500円でもいいですわよ^^長崎は最低650円くらいだったと思います。

投稿: なぎさ | 2009年8月31日 (月) 21時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76457/31082231

この記事へのトラックバック一覧です: なんてったって女は強いな~^^:

« 主のみ心ならば | トップページ | もしも宝くじに当たったら »