« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

嫁を生きる

Pict0008  去年の秋も深まったころのこと、近くの図書館で古本まつりというのがあった。これは図書館が廃棄図書として処分する本や、家庭からもうイラナイといって持ち込まれた本を、タダでもらえる催しである。

 ちょっと見てまわっているうち、私は『嫁を生きる』という本に目がとまった。厚さが2.5センチほどもあるその本は伊吹仁美著、講談社刊であった。さぁこれを貰って帰ろうか、どうしようか。

 考えてみれば、 私はもうウンザリするほど長々と嫁を生きているのである。嫁の考えそうなことはもうぜぇ~んぶ聞かんでもわかっておりますよ。もうよそのうちのすったもんだまで追体験することはなかろう。要らない、と思った。

 このごろ、泉ピン子さんが姑役のドラマが始まった、と教えてくれた人がいる。おもしろいのよ~とその人は言った。けれど私は嫁姑の話は苦手だ。どうせ姑が次から次へと無理難題を持ち出し、それに若い嫁が、オロオロハラハラしながら、あるいは腹をたてながらなんとか姑の意に沿うよう努力奮闘する、というストーリーであろうと思う。そんなことはわかってますってば。もうじめじめした愚痴っぽい話しは聞きたくもないのだ。

 しかし待てよ。今までにこういった極めて家庭的な題材で書かれた作品を読んだことがあっただろうか。ノンだ。数年前のことだけれど、著名人と言われる人々が寄稿した『嫁姑論』というのを読んだことがある。さぁて先生たちはどんなことを書いているのか、私は喜び勇んで読みだした。ところがそこには通りいっぺんなこと、大昔からの家庭制度の変遷だとかどうでもよいことしか書かれていなかった。「あなたのおうちではどうですか?」と聞きたいのに。

 それは仕方のないことではあろう。先生がたにも大事に守っていたい家庭があるのだ。本気でまじめに嫁姑論など書いたらその先生のうちは一瞬にして崩壊するであろう。それほど家庭内のことはデリケートで壊れやすいのだ。だから誰も手を出しにくいテーマであろうと思う。

 それなのに、この著者は勇気をもってこの本を書き上げたのだ。 ではありがたく頂いていくことにするか。なんてったてタダなのだ。読む気になれないときはまた、そっと返せばいいのだ。

 で私はその本を持ち帰り本棚に並べた。(背表紙はあちら側にむけて) そしてやっとこのたびその本を読んだ。いや~おもしろかったです。息もつかせぬおもしろさ。ヨメの心理というものをこんなに深くあからさまに、そしていさぎよく書いたものに出会ったのは初めてであった。

 “おもしろいことに、愚痴でさえ、表現が下手だとうんざりする話になるが、整理がいいと芸術になり得る   曾野綾子 ”

 そうでした。ほんとうに整理のいいお話で、たいした文学作品だったのでした。つづく

| | コメント (10) | トラックバック (0)

ワカチコできます!

 Pict0017_2        

さて“ゆってぃ”君は登場すると、「ゆってぃーね、きのうねー」とか言っていろいろおもしろい話を披露してくれるのだが、私が気にいってるのは「強~烈! 小さいことは気にするな!それ ワカチコ ワカチコ!」と元気よく言ってくれることだ。

 ワカチコとは若さと知性と根性を合体させたものらしい。小さいことは気にせず、若さと知性と根性でこの世の荒波を乗り越えよ!というメッセージなのだ。 もはや若さも知性も根性も底をついたおばさんにとっては、たとえテレビ画面からであっても、そう言って激励してくれると嬉しいものだ。私って意外と?アンビリバボーかもしれないけれど、大きいことも小さいことも気にするヒトなのよ。

 そのワカチコの振りを私はマゴに教えることにした。「それ!ワカチコワカチコ!」と声をかけると、にこにこしながらお尻をモコモコ、おテテをフリフリするのだ。それがまたかわゆいのよねー!

 私はうちに遊びに来るおばさま達に言った。この子、ワカチコできるんですー。それからマゴに「さ、○○ちゃん、ワカチコやって!」と言えば喜んでフリフリするのだ。 ところがおばさま達はお笑い番組など見たこともないから、なにがワカチコやら全然おわかりではないのだ。 (見たっておわかりにはならないでしょう)

 マゴは帰って行った、ワカチコの芸とともに。 マゴが帰ったあと、うちへ来たおばさまが言った。「あら~、お孫さん帰ったんですか?さびしくなりましたねー。でもあのお孫さん、まるでイシみたいに重かったですねー」。 え?イシ?イシってなんですか?と私は訊いた。

 石、ですよ、とおば様は言った。それを聞いて私達は満点大笑いをした。マゴは来たときは11キロあったのだが、一ヵ月半うちにいて、帰るときには半キロふえていた。80歳のおばさまにはまるで石のように重たかったのだろう。

 マゴはいまごろパパにワカチコをしてみせているんだろうなー。マゴって、来るのもうれしいものだが、帰っていくのもまたいいものだよなー^^

| | コメント (6) | トラックバック (0)

お笑い大好き

Pict0034  数年前に子供たちが出払ってしまったあと、家の中はまったく静かになった。テレビは天気予報とニュースをちょっと見るとそれでおしまい。シ~~ン。そんな暮らしのおかげでブログを書く時間もあったのだけれど。

 ところが息子の一人が家に帰ってきてからというもの、なんだかそうぞうしくなった。息子はお笑い番組大好きで、ヒマさえあれば寝っころがってお笑いを見るのだ。それは島田神助であったり中学生でもわかるクイズ番組であったり、、、。ソニーのブルーレイという優れものがお笑い関係を細大漏らさず録画してくれるのだ。

 それで私もつられてぼんやり見ることが多いのだが、実を言うとあんまりよくわからない。というのはこの若い芸人さんたちはとても早口なのだ。字幕でもあればわかるかもしれないけれど。それから世情に疎いとやはり理解不能ではないかと思う。息子がアハハと笑ってもちっともおもしろくもおかしくもないので、今なんで笑ったの?としょっちゅう訊かねばならない。

 それでもこの頃では私にもひいきの芸人さんが出てきた。それは“U字工事”という栃木弁でやりとりをするお二人さんである。栃木県というのは白地図を出されても、どこだかわからないくらいなじみのない所だけれど、今では栃木県に行ってみたいとまで思うようになった。コントの終わりころに、向かって右側の人が「ゴメンねゴメンね~!」と言うときはついつい笑ってしまう。 

 “謝らなくてもいいのだけれど、謝りたくもないのだが、謝ってしまったほうが早くケリがつく”という事態が一年に一度くらいはないだろうか?そのとき、この「ゴメンねゴメンね~!」を抑揚をつけて言ってみるのはどうだろう? 「フザケルナー!」と怒られてまた謝らされるかなー?

 ところでテレビをみる、というとき、テレビは観るものなのだろうか、見るものなのだろうか。たいていテレビときたらホイ、観る、が出てくるようだけれど、わたくし的には見る、なんだよねー。間違ってたらゴメンね ゴメンね~!

 それから“赤いプルトニウム”(これは若い女の子)も好きね。この人は茨城弁。八割方しかわからないけれど、うちの次女に雰囲気が似ていて、こういうよく似た表情をすることがあるのでおもしろがって見てますよ。

 それからもう一人、好きなのが“ゆってぃー”なんですー。この人は小さいころの渾名が“ウマ”だったらしく、画面に出てきたときからそこはかとなくおかしみがあるのですね。  つづく

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »