« たかが洗濯 されど | トップページ | 神は細部にのみ宿る »

手でアイロンを

Pict0148 ある朝のこと、洗濯物を干していると、ご近所のおばば様が手押し車をおしながらやってきて、それに腰かけると、私が乱暴にバサバサと(はやければいいのだ)干すのをじっと見ていた。

それからおもむろに言った。「私はね~、タオルなんかは縦に伸ばし横に伸ばし、パンパンと叩いてキチーンとたたんでから干したものでしたよー。それからね、息子達のカッターなんかもね、広げて皺をのばし、手でアイロンをかけて干したもんです。それで皆さんが私の洗濯物を見て“○○さんの洗濯物はいつ見てもきれいですねー”と言われたもんですよー」と誇らしげに言うのだった。

お言葉ですがワタクシ、手でアイロンしなくちゃいけないものなんか干していません。たかがタオルを、なんでそんなに手間ヒマかけて、叩いたり伸ばしたりしなくちゃなんないの。手や顔を拭くだけでしょうが。それにカッターなどは形状記憶になっておりますのよ。と私は言いたいのだがガマンガマン。

かわりにこのおばば様を褒めたたえることにした。じっさいのところ、このおばば様のうちは食料品店を経営していて、大変に忙しいうちであったのだ。「ふつうのうちの三倍も忙しかったのに、ていねいな暮らしぶり、誰にもマネをできないことをよーくやってこられましたねー!」

そんな話をやっとのことで終わって家にはいると、お姑さまが言った。私の若いころはねー、川に洗濯に行ったものですよ。水が冷たくてねー。手がちぎれるくらいに痛かったもんです。(それにくらべると、この頃の若いもんときたらー、、、)

考えてみると、洗濯に関して、女たちの世代間の思い入れはずいぶんと落差があるものだ。電気洗濯機もずいぶんと進化した。小さいころ、家に初めて洗濯機にローラーがついたものがやってきたときのことを思い出す。それに衣類を挟み込みゴリゴリまわしながら脱水するのだが、欲張ってたくさん挟めばこれはなかなか動かず苦労した。急がば回れ、で少しずつはさめばいいものを、どっさり詰め込んで大汗をかいたものだ。

この頃では乾燥機がついたものが主流だという。ところがある若い人が、(実は我が娘なのだが)ウールのセーターをうっかり洗濯、乾燥してしまい、縮んで小さくなってしまったそうだ。それは知人の小学一年生の娘さんに差し上げたら喜んで着てもらっているそうである。それはそれでいいのだが、なんとまぁ迂闊なことよ、と私などは思ってしまう。もっとしっかりしなさい!と喝をいれたいのだが、時すでに遅し、、、だ。

|

« たかが洗濯 されど | トップページ | 神は細部にのみ宿る »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

今回登場された皆さんが、ウチのカミさんの洗濯を見たら腰を抜かすでしょうね。
かなりテキト~ですもん(^^;
ってことはウチの娘たちは、もっとひどい洗濯をするってことに・・・。

投稿: 便利屋 | 2009年6月 7日 (日) 19時05分

便利やさま

たかが洗濯ですから、それぞれ思うように
したらよろしいのですよね。
それが人のすること、気になるってのが
姑根性でしてー。自戒しなくちゃ!

投稿: なぎさ | 2009年6月 8日 (月) 05時56分

日常生活の一こまですね。いろいろですね。友達に良子チャンがいます。良子ちゃん炊事かうまい口は静か 頭もいいし よく尽くすのですけど、お姑さんその良子チャンに何が不足か、言い放題、人権無視で、姑ずらして口攻撃するのね。口先であやつる姑、故に良子チャン心労ただ事では、無かった筈だから良子チヤン・・・・月日は過ぎやがて、姑は病院で余生を過ごすはめに成ったの。・…話 横道にそれたが、口喧しい姑に  匂い良い洗剤リンス太陽の恵みで真っ白に洗濯された下着をしげしげ病院に運んでいます。洗濯が好き・真っ白な、出来上がりが好き、けど自分を、いじめた姑は、今でもキライだとさ。終り・・・・・イロハ

投稿: | 2009年6月 8日 (月) 16時07分

イロハ様

ヨメシュウトメはいわば一種の三角関係ですから
人柄が良い悪いなどには関係なく、いじめてみたり
憎んでみたりするわけなんですよねー。

良子ちゃんのこと、いまでは姑さんも感謝して、
後姿を拝んでるかもしれませんよ~^^

投稿: なぎさ | 2009年6月 8日 (月) 21時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76457/29977404

この記事へのトラックバック一覧です: 手でアイロンを:

« たかが洗濯 されど | トップページ | 神は細部にのみ宿る »