« 木村秋則さんの『奇跡のリンゴ』 | トップページ | 手でアイロンを »

たかが洗濯 されど

 Pict0141_2                                         用事があって近くのNさんのうちへ行き、そこの若いお嫁さんが洗濯物を干すのを見ていた。そこには3歳くらいの坊やがいるのだが、洗濯物のかごの中からは、その子の脱いだ物がそのままの形で出てきた。パンツとズボンはいっしょに。下着とトレーナーも重なったまま。靴下はコロンと丸まったまま。それをほぐしながらお嫁さんは干しているのだった。

うちの嫁さんがそういうことをしていたら、ココロ穏やかでいられるだろうか。私的にはインナーとアウターは分けて洗って欲しいものである。靴下は特にしっかり洗って洗濯機に入れて欲しいものなりよ。

しかし私の姑ともだちが言っていたけれど(私はまだ姑になったことはないが)この頃の嫁というのは、ちょっと注意したり教えたりすると、「私には私の流儀があります」だの「今は時代が違います」だのと反駁してくるそうである。だから家庭の平和を守るためには、なぁ~んにも言わないほうがいいのだとか。(以上、現役のヨメなのにちょっと言ってみました)

何年か前のことだけれど、遠縁の娘さんが二人、我が家に一週間ほど、遊びに来ていたことがある。ジーンズが干してあるのを見たら、竿にアラヨッという感じで二つ折りにして投げかけてあるのだった。こういう干し方では腰周りのポケットなど、ゴテゴテとしたところがいつまでたっても乾かないであろうし、ヘンなところが日に焼けたりもするであろうから、ちゃんと裏返しにして干したいものである。テレビで言っていたが、ズボンなどは人が穿いている姿のようにして干すのがベストだそうである。だからピンチハンガーのような物に吊るすのがいいのだ。

言うか言うまいか迷ったけれど、お嬢さんたちについに「こうした方がいいんじゃない?」とやさしくていねいに言ったら、おメメを丸くして「えーっ!そうなんですかー?」と驚いていた。あら、そんなコトもおかあさんは教えないの?と言いたくなるが、実は私も娘たちにそんなことを教えたりはしなかったのである。そういうことを言う間もなく、高校を卒えたらささっと出ていってしまったのであった。つづく

さて写真はうすいピンクの色をした孔雀サボテンにてございます。今年初めて一個だけ咲きました。来る人ごとに見せたり、写メールで送ったり大騒ぎでしたー^^

|

« 木村秋則さんの『奇跡のリンゴ』 | トップページ | 手でアイロンを »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お姑さんになる前から大変なこと見ましたね。でもその若いおかあさん可愛いね。今にいいおかあさんになるよ。
お日様に干す、幸せ味わってらしたのよ。家なんか、部屋干しよ。イロハ

投稿: | 2009年5月30日 (土) 16時57分

そうですね。
核家族が当たり前となった現代では、経験者の存在が軽んじられているように思います。

ある社会学者が言ってましたけど、これからは「経験」の重要性はますます低くなっていくだろう・・・ですと。
ならばこっちはこっちで勝手に楽しむしかないのかな~(^^;

投稿: 便利屋 | 2009年5月30日 (土) 19時12分

イロハさま

部屋干しですかー。都会の暮らしは便利なものですが、不便なこともありますね。
でも都会に住む幸せもいっぱいありますものねー。

こちらは、洗濯物をおおらかに、外に干せる幸せを満喫することにいたしますわー。

投稿: なぎさ | 2009年5月31日 (日) 07時38分

便利やさま

う~ん。家庭でも職場でも、年配者の言うことを
聞けない人だらけになるんじゃないでしょうか。

もう軍隊にでもほおりこんで否応なく特訓してもらうほかないと思いまーす!とはいうものの
やはり人にもまれ、まみれて育っていくのが
大切なことでしょうけれど、、と歯切れが悪くて
すいませんっす。

投稿: なぎさ | 2009年5月31日 (日) 07時44分

なかなか深刻な話題です。うちの娘がもしそうだとしたら哀しいですよ。誰にも迷惑は、かけないでしょうけど、考えますね。私生活が、殆ど幼稚かもしれませんね。お姑さんでもいられたら、解決よ。    オンリー

      

投稿: | 2009年5月31日 (日) 10時20分

オンリーさま
こんばんはー。遅くなり申し訳ありません。ただいまマゴにかまけておりまして、時間がないのです。

ご指摘のように、どのような洗濯の仕方をしても、誰にも迷惑はかけないのですね。けれど人のすることを見て、あれじゃイカンとかついつい思ってしまうものなのですねー。私も姑根性みたいなもの、すでに自分の中に発見!こまっちゃいますわねー^^

投稿: なぎさ | 2009年6月 2日 (火) 22時04分

孔雀サボテンは綺麗ですね^^
意外と大きいんですよね。

投稿: つばき | 2009年6月 6日 (土) 18時19分

つばき様

おひさしゅうーございますー。
そうですね、くじゃくサボテンって、大きくて
きれいですね。
月下美人は夜咲きますが、これは日中も咲いているので
とてもいいものですね。

投稿: | 2009年6月 6日 (土) 18時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76457/29855921

この記事へのトラックバック一覧です: たかが洗濯 されど:

« 木村秋則さんの『奇跡のリンゴ』 | トップページ | 手でアイロンを »