« 捨てるのも美学 | トップページ | こう忘れっぽいのでは »

学童保育願望

Pict0013 一番下の娘が高校を卒えて家をでたあと、空の巣症候群になった、とは思わないが、いささか気が抜けた状態になっていたのは確かだ。

家の近くに小学校があって、朝夕には小学生が登下校するのを眺めることができる。そのうちの二人くらいを我が家で預かってみるのはどうだろう、などと考えるようになった。

夕方になると預かり子はランドセルをカタカタいわせながら帰ってくることになるだろう。

 子供A 「おばちゃーん、ただいまー、オヤツちょうだーい」

 ミー  「はいはい、ちゃんと手を洗ってからねー(そうだ、おばちゃんじゃなく“ママ”って呼ばせようかな)」

 子供B 「ママー、遊びに行ってきまーす」

 ミー  「ダメー、宿題がすんでからよー、これこれ、その筆順は間違ってるでしょ(と言う前に『漢字の正しい書き方』などで確認すること。案外思い込みってものがあるんだよね)」

そういうことどもを夢想していたある日のこと、近所の男の子が三人(小学四年生)我が家の玄関に立ち言った。「おばちゃん、ぼくたち、おばちゃんちのテレビの部屋で遊んでもいいですか?」

その日は私のほかには誰もいなかったので、「ちょっとくらい騒いだっていいや」くらいの気持ちで「どうぞー」と愛想よく言った。

坊やたちはしばらくはゲームなどして静かに遊んでいた。ところが30分くらいするとドタンバタンくんずほぐれつの大騒動。しかも発する声といったらキーキーと甲高くてこちらの脳みそが溶けてしまいそうになってきた。

もうウルサイなー、男の子ってこーんなに暴れまわるものだったのかねー。カクランされてまるで考えがまとまらないじゃないの。

で、用事を作って我輩はでかけることにした。途中で 男の子の一人のママと出会った。

ミー「こんにちはー、おたくのお坊ちゃま、うちで遊んでいますよー」

ママ「えーっ、騒いでいますでしょ、早く家に帰るように言ってください」

ミー「いえいえ、おとなしく遊んでいますよ(と、くちだけはおじょうず)」

一時間ほどして帰ったら、家にはもう男の子たちはいなかった。その時わたしは悟ったのだった。うちの子だったら「やかましー!外であそびなさーい!」と一喝し外に追ン出せるのだけれど、よそ様のお子ちゃまは追ン出すわけにはいかないのだ、ということを。外で交通事故に遭ったり誘拐されたりしたら、重大な責任問題なのである。

さてそんなことがあってからというもの、学童保育をしようなどと、だいそれたことは考えないようになったのでありました。

                      

|

« 捨てるのも美学 | トップページ | こう忘れっぽいのでは »

家族」カテゴリの記事

コメント

良かった良かった。その子達のお陰で楽しい思いして,徳しましたねー。

投稿: | 2009年3月19日 (木) 11時02分

私もね、病後の編集者は体力的にとても務まらないと辞職して家に居る日々、同じようなことを考えたの。

保育所に入れなくて働きたいのに働けないお母さんが居たので「お子さん預かりましょうか?」って、喉(ん、舌先くらい)まで言葉が出掛かってゴクッと飲み下した。

思い出した、預かったお子さんが事故死して賠償金が数千万って訴訟があったことを~。
そして気づいた、預かるって言った以上、私が具合が悪いからと「今日は都合により休業」の札は出せないんだって。

日々に体力が落ちて、のんびりと「ヒマダナァ」なんて思ってるありがたさをシミジミ~です。

投稿: ば~ば | 2009年3月19日 (木) 11時12分

Sさま
はーい、トクしましたです!
オヤツや宿題の世話だけならいいけれど、
生きてる人間の世話って大変ですよねー(笑)

投稿: なぎさ | 2009年3月20日 (金) 22時11分

Sさま
はーい、トクしましたです!
オヤツや宿題の世話だけならいいけれど、
生きてる人間の世話って大変ですよねー(笑)

投稿: なぎさ | 2009年3月20日 (金) 22時15分

ばーばさま

あらら、訴訟にまで発展した事件があったのですね。
善意からしたことが却って恨みをかうことになってしまって、さぞやりきれない思いをなさったことでしょう。

今頃のヤンパパ、ヤンママは我々にとっては異邦人みたいなものですから、その子供たちを預かるなんてェことはもう、考えないほうが身のためでありましょう!?

投稿: なぎさ | 2009年3月20日 (金) 22時21分

アハハハ!
そりゃガキ、いやお子様がたくさんいたら大変ですよね。
よく保母さんなんてお仕事やってられるなって感心しますもん。
私はガキの頃、祖母の家で暴れてタンスや仏壇を引っくり返した記憶があります(^^;
男の子はほとんど怪獣ですよ。

投稿: 怪獣だった便利屋 | 2009年3月21日 (土) 19時11分

便利やさま

仏壇やらひっくり返してどうする?とおもいますけどねー^^
うるさい子供はキッズザウルスとでも命名したほうがいいですね。
けれどこの頃では学童保育をビジネスとして志願する人が多いそうですよ。

投稿: なぎさ | 2009年3月22日 (日) 10時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76457/28682816

この記事へのトラックバック一覧です: 学童保育願望:

« 捨てるのも美学 | トップページ | こう忘れっぽいのでは »