« それは 口が言うだけ | トップページ | 捨てるのも美学 »

これはなんと美しい花でしょう!

Y_011 三年前の今日は忘れがたい日である。ちょうどお昼ころだったか、姉が危篤になり、ドクターから覚悟をしておいてくださいと告げられた、と連絡がはいったのだった。

大急ぎで高速船に乗り込むも、涙がボーボーと流れるのをどうしようもなかった。けれども今では姉はすっかり元気になり、この世にいてくれるのはほんとうに有難いことである。

生死の境をさまよったあの頃から一年くらいたったある日のこと、姉はこんな話をしてくれた。

手術のあいだじゅう、姉は一面、紫色の花が咲き乱れる花畑の上を浮遊していたそうである。その中でも特に大きく美しい花を見つけ、姉はもっとしげしげと見てみよう、とその花に近寄った。その時ぱっとなにもかも消え去ったのだそうだ。その紫色というのは、えもいわれぬ気高い色であって、あれからずっとその紫色を探しているけれど未だみつからず、あれはこの世にある色ではないのかもしれない、と言っていた。

それからこんな話もしていた。オペのあと自室に戻されて一人でベッドに寝ていると、コンコンとドアをノックする音がした。姉は「おとうさん?」(姉の夫のことですね)と言いながらベッドの右方を見た。すると誰もいないので左方を見た。するとそこにはずらりと6人の人が同じ服を着て並んでいたというのである。

えーっ、そんなことってあるのぉー?ねぇねぇ、その人たちねー、背の高低とかあった?どんな服?男女の割合は?なにかしゃべった?どんなふうにして部屋を出て行ったの?訊きたいことはてんこ盛りにあった。

ところが姉は「あなた なにもかもブログに書くでしょ?いやぁよ」と言ってプイとあっちを向いてしまったのだ。残念!きっと好奇心丸出しで身を乗り出したものだから引いてしまったのかもしれない。

その姉という人は、ブログなんかで世間さまにいろいろ発表するなんて、よおくそんな気になるわねー、という人なんである。ところがほかの兄や姉は面白がって読んでいるらしいのだから、人って、ま、いろいろですね。

このたびは姉夫婦が全然パソコンをいじらない人たちなので、こういう記事を書いたのだけれど、そういう訳だから、甥っ子や姪っ子の良い子のみんなは、この記事のこと、あのSおばさまにはオフレコにしといてくださいね。そのうちおばさまのご機嫌のよいときに、根掘り葉掘り、くだんの六人の使者?のこと、聞き出そうと思ってますからねー。

|

« それは 口が言うだけ | トップページ | 捨てるのも美学 »

ドジなわたし」カテゴリの記事

コメント

私が癌の手術をし、麻酔が切れかける寸前だと思うんですが、同じような情景がありました。

花だったのか何色だったのか今ではボンヤリですが、明るいうっとりする景色の中でいい香りのほうに歩きかけたら、亡き父が「来るな!」とばかりに両手を広げて・・・たぶん、私は帰ってきたんですね。

あと、父の時も母の時も亡くなる直前に報せを受けました。

投稿: ば~ば | 2009年2月 4日 (水) 11時24分

ムムム!
それはぜひ続きが聞きたいですね!
甥っ子サン姪っ子サン、しばらく内緒にしといておくんさいね!wink

投稿: 便利屋 | 2009年2月 4日 (水) 18時54分

ばーば様

ふうむ、やっぱりそんなことってあるのですね。
アチラ側へ行こうとしていたのを、お父様が
とめてくださったのですねー。

霊界から全部見られてるとしたら、なんだか
私、こまるんですけどー。

投稿: なぎさ | 2009年2月 4日 (水) 20時17分

便利やさま

関心はあんまりないわー、といった感じで
フーン、、とでも言っとけばよかったんですけどね。

残念でした。今度は慎重に聞き出さねば、、、^^

投稿: なぎさ | 2009年2月 4日 (水) 20時19分

霊界あるとおもいます。迎え寸前部屋の隅  三途の川 行ってきた人話する人一杯いますよ。

投稿: | 2009年2月 6日 (金) 13時04分

Xさま

霊界ってほんとうにありそうですね。
こんな話ってだぁ~いすき!

科学的な根拠はないと言われるかもしれませんが、
不思議なことって多いんですよねー。

風邪引きでちょっと具合悪くしてました。
入院したかったけれど、ドクターは全然
たいしたことなさそーに言うし、、、。

脳膜炎になったんじゃないか、っていうくらい
アタマ痛かったんですよ^^

投稿: なぎさ | 2009年2月13日 (金) 20時32分

大丈夫ですかぁ~?

風邪って流行のインフルエンザじゃなかったんですか。
>ドクターは全然
たいしたことなさそーに言うし、、、。

ってことだと、安心していていいのね。

投稿: ば~ば | 2009年2月28日 (土) 16時27分

ばーば様

わぁ~ずいぶんごぶさたしました。
息子が帰ってきて、家業がふたつ状態になったら、なんだかワサワサと身辺があわただしくて、のんびりゆっくりする暇がなくなりました。これじゃイカンと思いながらもパソコンをのぞく余裕がなかったのでした。

でもブログは私の大切な社会の窓ですから、あきらめないことにしますよー^^
これからもよろしくお願いしますねー!

投稿: なぎさ | 2009年3月 5日 (木) 13時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76457/27747610

この記事へのトラックバック一覧です: これはなんと美しい花でしょう!:

« それは 口が言うだけ | トップページ | 捨てるのも美学 »