«  源氏物語は永遠に | トップページ | 秋の霜のおかすべからざるごとく »

おくちをミッフィーちゃんにしときましょう

002 その昔、子育てに励んでいた頃、子供の着ている服を見て、おかあさま(姑)から、「そんな格好じゃ風邪ひかせます!もっと着せなさい」などと言われると、うるさいなーこれでいいのに、と思いながらも一枚また一枚と着せかけていたものである。そのとき、これから先“若い人たちにはヤンヤと口を出さないことにしましょ”と心を決めたはずだったのだが、、、。

今、家には娘とその赤ん坊がいるのだが、朝になって娘が赤ん坊を抱いて居間に現れオハヨと言うとき。赤ん坊がいと涼しげなる格好をしている(と私には思われる)のを見ると、たちまち何かを言わずにはいられない。「まぁー、そんな服では風邪ひかせます!」

すると娘はいくつか服を持ってきて「じゃ、これは?」「ノー」「ではこれは?」「ノー」

それはあたかもキャッチャーがいろいろサインをだすのを、ピッチャーがかぶりをふって、「ノーノー」と言っているみたいなのだが、そのうち娘が「もぉ!おかあさんが好きなもの、なんでも着せて!」と言い出す始末で、これが嫁さんだったら、とっくの昔に嫌われていることだろう。

斎藤茂太さんがどこかで書いていたのだが、たとえ身内の者であっても、よけいなお節介、よけいな干渉はしてはいけない。たとえば孫がどこかへ出かけようとしていたら、「どこへ行くの?」とは訊いてはいけない。孫には孫の、誰にも知られたくない事情があるかもしれないのである。だから斎藤家では「どこへ行くの?」の代わりに「気をつけて行ってらっしゃい」と言うのだそうである。

まぁー、なんとハイカラで高尚なおうちでしょう!と私は思う。これがうちだったら、「どこへ行くの?」はもちろん訊くし、そんな服装じゃそぐわないんじゃない?とか誰に会うの?とか、アブナイ所へアブナイ時間に行ったらいけませんとか、言わずもがなのことを連発するに違いないのだ。

うちなどはつい先ごろ山奥からポッと出てきた山ザルみたいなものだから、まだまだ進化の途中であるからこの程度のレベルであることは仕方がないとしても、 「気をつけて行ってらっしゃい」 とだけ言えるようになるまでにはあと100年くらいかかるのではないだろうか。

そんなことを話していたら娘が言った。先ごろお笑いで「お口をミッフィーちゃんにしときましょう」と言ってウケた芸人さんがいたそうである。なるほどミッフィーちゃんはいつだっておくちをバッテンに結んでいる。どうしても過干渉になってしまうこの私も、お口をミッフィーちゃんにしといたほうがいいのかもしれない。

そして赤ん坊が風邪をひいたら「あらあら、風邪を引いたのォー、かわいそうにィーおォーヨチヨチ」と言えばいいのだね。

そうは思うがお口をミッフィーちゃんにしとくのはじっつに難しいことなんである。

|

«  源氏物語は永遠に | トップページ | 秋の霜のおかすべからざるごとく »

言葉って」カテゴリの記事

コメント

ですよね~、お口×は至難の業ですよ。
私は名だたるお喋りで、夫は「口先女(口から先に生まれてきた)」というくらいですからね~。

でも、考えてみたら、私はくだらないことはペチャクチャ喋りっ放しなのに、肝心なことはあまり言ってないような・・・。
娘や息子、夫にさえ干渉してないみたいです、ってか必要なことまで言ってないことがあるようですbearing

ただね~、私は同居の経験が無いので・・・同居したらいろいろ口出ししてるかもね。

投稿: ば~ば | 2008年12月 8日 (月) 11時01分

意外とシャイなばーば様へ

他愛のないことだったらとめどもなく喋れるけれど
いざ肝心なことって、ためらいますよねー。

親しきなかにも礼儀あり、といいますから、たとえ親子、夫婦の仲でもバリアを踏み越えないほうがいいのかもしれませんね!

投稿: なぎさ | 2008年12月 8日 (月) 21時54分

そういえば私は娘達がどこへ出かけるのか聞いたことがありません。
彼女らが高校生になって友達と出歩くようになった時、
「近くにいれば俺が助けるけど、遠くにいたら無理だ。だから自分の身は自分で守りなさい」と言ってやりました。
それ以降、娘達は変態が現れたら闘う気マンマンなんですけど、幸いなことにまだ現れないようです。
娘達いわく、「デカい女は襲われないんだよ」ですと・・・。
ちなみに娘達は全員170以上です(^^;

投稿: 便利屋 | 2008年12月10日 (水) 18時16分

便利やさま

男の子だったらともかく、女の子が出かけるのに
いちいち詮索しない、というのはご立派ですねー^^

うちでは高校を終わったら全員、ヨソへ行ってしまいましたから、「気をつけていってらっしゃい」もなにもないのです。親の干渉の届かないところで、楽しくやっていることでしょう!

投稿: なぎさ | 2008年12月11日 (木) 22時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76457/26001666

この記事へのトラックバック一覧です: おくちをミッフィーちゃんにしときましょう:

«  源氏物語は永遠に | トップページ | 秋の霜のおかすべからざるごとく »