« そうだバンザイ生まれてバンザイ | トップページ | きのうのお礼 »

こわ~いお話 シンドバッドの冒険『おんぶジジィーの巻』

024_2 022 うちの息子の一人がまだ低学年だった頃のはなしである。そのクラスでは母親が順番に物語を読んできかせる、という企画があった。私の番が回ってきた時、『おんぶジジィーの巻』を読むことにした。

それもただ読むのではなく、紙芝居にして読んでやろう、と考えたのであった。それでその頃高校生だった長女にお絵描きを頼んだところ、なにかの考査中だった娘は一瞬絶句したようだったが、やがてイイヨー、と言ってくれて、それから二人がかりで作品に没頭したのだった。

難行苦行の末にやっとのことで出来上がった紙芝居を持ってクラスに乗り込み子供たちの前で披露すると、、、やんやの拍手喝さい「モッテコーイ」の大合唱!なんてことはなく、子供たちはボーッとしていて特に感動した様子もなし。一人担任の女先生が「大変だったでしょう」とねぎらってくれたのだった。

さて『おんぶジジィーの巻』はどんな物語かというと。

“シンドバッドはまたぞろ冒険の虫がうごめきだし、知り合いの船長に頼んで船に乗せてもらうことにした。その船はまたもや定石どおりに難破してしまいシンドバッドは一人小さな島に流れついた。するとそこにやせこけて心細げなおじいさんが座っているのだった。シンドバッドはかわいそうに思い親切にすることにした。

そのおじいさんが自分をおんぶしろ、というのでそのようにすると、じいさんはあっちへ行けこっちへ行けと命令し、自分ひとりが木の実をムシャムシャと食べ、シンドバッドが食べようとするとか細い足でキックをしてくるし、しっこもうんこも背中で垂れ流し、、、。さぁやっと眠ったぞ、とそおっと離れようをするとぐいぐいと首を締め付けてくるしで、シンドバッドはじいさんをおんぶしたままよろよろと島中を歩かされたのだった。

こんなことでは殺されてしまう、、、なんとかしてジジィーを背中からほうりださねば、、、と思っていたある日のこと、シンドバッドはひょうたんが落ちているのを見つけた。そうだ、この中にぶどうの実を入れてぶどう酒をつくろう、そしてジジィーに飲ませて酔っ払わせて背中から振り落とすのだ!

まもなくいい匂いの立派なぶどう酒ができあがると、シンドバッドはそれを飲み酔ったふりして「あ、こりゃこりゃ」と踊りだした。するとジジィーもそれを欲しがり一息に飲み干した。あ、こりゃこりゃ どっこいどっこいと大騒ぎ。シンドバッドは今こそジジィーを振り落とす時だと思った!

いきなりジジィーの首すじをつかんでドボーンと川に叩き落した。わーいこれでやっと助かったー!

いかだで海に乗り出し風のふくままに流されていると、通りかかった船に助け上げられたのだった。船長さんは言った。おんぶジジィーにつかまって生きて帰った者は一人もいないのだよ,お前さんは幸運な子だと。”

さて今この紙芝居を取り出して見ると、表の絵はともかく、裏側は文章を切ったり貼ったりつないだりで、悪戦苦闘したのがありありとみてとれる。どうしてこんなややこしい、めんどうくさいことが出来たのだろう。あの頃はまだ若かったのだねーとしか言いようがないのだ。

それにしても遠いアラブの国で、こんな物語を思いついた人がいただなんて、おもしろいですねー。

|

« そうだバンザイ生まれてバンザイ | トップページ | きのうのお礼 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

それあたしが低学年のときだよ!!(○゚ε゚○)

投稿: はるこ | 2008年11月 2日 (日) 22時46分

はーいハルちゃん

うふ、たくさん子供がいるといったい誰の時の
出来事だったかわからなくなりますねー。

読んでないかと思ってたらしっかり読んでたのねー。
誤字脱字あったら教えてたも^^

投稿: なぎさ | 2008年11月 3日 (月) 18時28分

なんか、思い出してみると、子育て中って自分でもいろんなことに挑戦してましたね~。

近頃は楽することばかり考えてる気がしますcoldsweats01

子供たちって受け狙いしたことに反応せず、偶然発生の出来事に受けしたり・・・だから子供なのかな。

投稿: ば~ば | 2008年11月 4日 (火) 09時43分

楽しい思い出ですね!
でもなんだか不思議なお話しですね。
これが日本の物語だと悪いジジイだと思ったら最後には恩返ししてくれる・・・
な~んてことになるんですけどね。
でもシンドバッドが乗る船はなぜいつも沈むんだか?
(^^;

投稿: 便利屋 | 2008年11月 4日 (火) 18時22分

ばーば様

そうそう、そうですね!
この頃では何から省こうか、とばかり考えてしまいます。おやつなどもよく手作りしたのに、今ではさっぱりです。

それに手も足も頭も鈍くなったのか、さっぱり
動かなくなりましたー。

投稿: なぎさ | 2008年11月 4日 (火) 23時28分

便利やさま

おんぶババァーにならないように気をつけなくちゃー!
子供たちから嫌われないように「アタシのことはアタシでやります!」とやせ我慢しながら言うつもりでおりまするよ^^

投稿: なぎさ | 2008年11月 4日 (火) 23時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76457/24958654

この記事へのトラックバック一覧です: こわ~いお話 シンドバッドの冒険『おんぶジジィーの巻』:

« そうだバンザイ生まれてバンザイ | トップページ | きのうのお礼 »