« ヘイヘイじゃなくハイと言いましょう | トップページ | やさしさとかいしょのなさが »

こんな夫もいる(3)

Tenntyann_107 Oさんは定年退職して3年目か4年目だが、退職してにわかに農業に目覚め、友人と畑仕事をして楽しんでいる。以下はOさんの奥さんのSさんから聞いた話である。

ふつうの人だったら、、、(とSさんは言った)ジャガイモを掘って家に持って帰ってきたら、ジャガイモを車から降ろすよねー。ところがうちのダンナときたら降ろさないのよねー。

先日のある日のこと、Oさんは愛車のMAXの後部座席を倒して、プラスティックのケース二杯分のジャガイモを収穫してきた。二段に積んで上段にはジャガイモを山盛りに積んでいたそうである。なぜかOさんはジャガイモをそのままにしてお風呂にはいり、食事をして、黒い服に着替えると知人のお悔やみに出かけた。

次の日の午前中もMAXを駆ってあちこち出かけ、昼になるとご飯を食べ、黒い服に着替え、二時にはお寺へ葬式に出かけた。ジャガイモとともに。帰ってくるとまた着替えをし、どこかへ出かけた。

夕方になって玄関で夫が大きな声で呼ぶので何事かとSさんが急いで出てみるとなんと車の中はジャガイモの大洪水だった。ちょっと危ないことがあって急ブレーキをかけたら、後ろに積んでいるジャガイモが雪崩れのごとくに運転席の方までゴロゴロと押し寄せてきたのだそうだ。

Sさんは夫のふだんがふだんだけに「知らないっ!一人でやって!」とあっちを向いていたそうだが、日も暮れてくるのでとうとう手伝うことにしたのだが、ジャガイモを集めたり、掃除機をかけたりとたいそう手間ひまかかったそうである。夫ときたら、「この車もそろそろ掃除をする時期だったんだよねー」とのどかなことを言っていたのだそうだ。

さて夫のOさんのふだんがどうであるかというと、、、テレビの前の定位置に陣取ったOさんは、何でも手が届くところにないと機嫌が悪く、360度回転する座椅子に座ったまま用を足し、ゆえに居間は片付くときがないのだそうである。

Oさんのことだぁ~い好き!といって、職場結婚したSさんなのだが夫がこーんなにものぐさだとは知らなかった、と言っていた。

そ、そうなのよねー。ヒトって同じ屋根の下に暮らしてみないとわからないことっていっぱいあるのよねー、と私も大いに同情したのでありましたが。

この世のさまざまな修行の中でも最大のものは何か、というとそれは“共同生活”だそうである。「共同生活は最大の忍耐である」という言葉も生まれたそうである。人それぞれに修行があるものみたいですね。

さて写真は去年の秋訪れた秋篠寺にて、畏れ多くも三つほど押し頂いてきたクチナシの実を、埋めておいたところ発芽してきたものです。かわいいでしょ。

|

« ヘイヘイじゃなくハイと言いましょう | トップページ | やさしさとかいしょのなさが »

あゝ夫婦」カテゴリの記事

コメント

なるほど・・・
0さんの様な旦那は多いんでしょうね。
我家でそんなことしたらブッ飛ばされるかも(^^;
結婚して25年。
「お~い!お茶!」なんて一度も言ったことありませんもん。
自分のことは自分でやりまっせ~♪

投稿: 便利屋 | 2008年7月25日 (金) 18時08分

便利やさま

ふぅ~む、、、もしかして奥様はやんごとない
家柄のご出身ではないでしょうか?

こちらでは嫁は縁の下から貰え、という言葉がありまして、身の程をしらずに高貴な姫君を貰ってしまうと、「おーい、お茶くれー」とも言えなくなるということですね。

五島の人ってえらいわぁ~、と思います。

投稿: なぎさ | 2008年7月26日 (土) 09時04分

夫婦は共同生活、で共同生活は忍耐そのもの・・・なるほど。

夫が朝から深夜まで働いて(時に呑んで)いた頃は、滅多にジックリ話すことも無かったので、たまに一緒にいると、いろんな話が弾んで、そんなに喧嘩になることも無かったけど・・・。

退職して日がな一日顔を突き合わせてると、話すことも無い割りに喧嘩することが多くなりますね。

結婚して41年、いまごろ気がつき、目につくことがあります・・・忍耐(夫もそう思ってるんでしょうね)。

投稿: ば~ば | 2008年7月27日 (日) 10時00分

ばーばさま

夫婦の関係ばかりでなく、親子、兄弟、その他、
共同生活で平和を保つには「忍耐」は重大な要素
のようですね。

孤独もつらいところがありますが、たまには一人で
のんびりしたいですねー!

投稿: なぎさ | 2008年7月28日 (月) 07時37分

几帳面過ぎるのも嫌だが、後味悪いのも嫌だね。疲れているせいか、気を遣わない居心地のいい、人、いいなー。ターサ

投稿: | 2008年7月30日 (水) 14時41分

ターサさま

緊張せずにすんで、気の置けない人と暮らす分には楽しいでしょうが、顔色、眼の色をうかがって暮らさねばならないとすると、、、苦痛ですよねー。

なにもかもそれは修行だ、という人もいますが、そろそろ卒業したいですよね~~!

投稿: なぎさ | 2008年8月 3日 (日) 20時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76457/22523418

この記事へのトラックバック一覧です: こんな夫もいる(3):

« ヘイヘイじゃなくハイと言いましょう | トップページ | やさしさとかいしょのなさが »