« きよみずで おしあいへしあい もみじ見る | トップページ | はらたち日記 »

技芸天は紀子様似?

021 奈良は秋篠寺に行った。本堂にはあまたの仏さまが鎮座なさっていたが、一番の人気は技芸天という優美な仏さまで、タクシーの運転手さんはたしか「ふくよかなところが紀子さまに似ておられまして」と言っていた。

なんでも衆生の吉祥と芸能を主宰なさるので、芸事の上達を願う人々がお参りに来るのだそうである。一応天女とされているが、頭部は女性的、首から下は男性的な摩訶不思議な仏さまなのだった。

お庭は一木一草にも人の手が届いているのが感じられ、もみじの紅葉も素晴らしかったが、萩の黄葉もまた良かった。7~8メートルもあろうかと思われる紅と白のさざんか、分厚い絨毯をしきつめたような苔、これが本当のモスグリーンという色なのだろう。

あらら、お庭の一角にくちなしの木が、、、。黄色いようなオレンジ色のような実をたわわにつけて。じつはくちなしの実を探していたのよね。というのはさる方のブログで“大根の甘酢漬け”というのを拝見したのだが、その大根をほんのりくちなしの実で色づける、と書いてあったので、どこかにないかな~とアンテナを張り巡らしていたところだったのだ。

それで畏れ多くも、ほんの3個だけ、頂いてくることにした。どこからかお咎めがあるとは思わないけれど、このことはオフレコにしておいて下さいねー。

ところが昨日のこと、近くのお寺さんの掲示板を見たら、ご住職さまの達筆でこう書かれていた。

“みてござる いつでも どこでも みほとけは”

なんだそうなんだ。緘口令をしいたところでほとけ様はすべてお見通しだったのか。斑の美しいアイビーを5センチほどとか、ゼラニュームの白い花の咲いているのを少々、断らずに頂いてきたりしたが、ぜ~んぶほとけ様に見られていたというのねー。

ところでこの頃聞いたのだが、知恩院のエライお方が、大金をごまかしていたそうだけれど、ほとけ様がいつでもどこでも見てござる、ということをご存知なかったのだろうか。

|

« きよみずで おしあいへしあい もみじ見る | トップページ | はらたち日記 »

「旅」カテゴリの記事

コメント

“みてござる いつでも どこでも みほとけは”

この言葉・・・官庁・役所・議員会館などの入口にも、ド~ンと掲げたいわね。

葉っぱの2~3枚、お花の1輪・・・可愛い、可愛い。

投稿: ば~ば | 2007年12月 3日 (月) 09時59分

ばーば様

カワイイと言って許してくださって、有難うございます。
私の姉なんか、「そんなことしちゃダメッ」ってうるさいんですから、一緒に歩けないんですぅ。

路傍の小さな花を頂くにもちょっとしたコツがありまして、、、ちょっとでも誰かが見てないかな~、なんて見回したらもう駄目ですね。

わぁ、きれい、と思ったらその場ですばやく頂きますね、こんなこともすべて、見てらっしゃるのでしょうね。

投稿: なぎさ | 2007年12月 3日 (月) 11時23分

可愛いいい話!ソート咲かせてあげてもいいし。なぎささんやさしい人なんだ。それって褒美を貰えたでいいじゃないの   ターサ

投稿: | 2007年12月 4日 (火) 08時23分

「ああっ! なぎさん また やってるよ~!」って御仏様も微笑みながら見てられるでしょう。
ナベショーはどこへ出かけるときも、ポリ袋を数枚ポケットやザックの中に忍ばせております。
豪華なホテルの結婚式や大パーテイー、北新地のお店の大きなフラワーアレンジメントの美しい花木や花、数センチの小枝や葉っぱをいただいてポリ袋へ、、、もちろんその前に生花の美しさをうんと褒め上げることが重要ですが、、、意外と挿し木や挿し芽をすると、ちゃんと根が出てくるんです。
山や公園の木々、、根元に落ちてる木の実、、鉢に埋めとくと芽が出ます。
ナベショーの里山ガーデンの花や木々の多くはそれ矢の成果でございます。
大根の甘酢漬け、きっと美しくお上品な色に染まったことでしょう。

投稿: ナベショー | 2007年12月 4日 (火) 09時31分

ターサ様

実はワタクシね、ちょっといいこともしてるんですよ。よそのうちで、鉢植えなんか飾ってあるとしますよね。すぐわかるんですよね、あー、ここのうちの人達、すぐに枯らしてしまうのよねーって。

それでちょっとばかり自発的に頂いておきますの。

そーして増殖させて皆さんに配りまくります。ホラ、いいことしてるでしょ^^

投稿: なぎさ | 2007年12月 4日 (火) 20時11分

ナベショーさま

わーっ、本格的なんだー。

私もめずらしいスミレなどみかけたとき、根を掘りあげるためのコテみたいなの、持ってくれば良かったなー、なんて思うことたびたびありますね。

くちなしの実のことですが、まだもったいなくて使っておりません。ちょっとナイフで傷をつけただけで、パワフルな黄色がドバーッとでてきました。すごいですね。

一個は種にならないかしら、と思っています。秋篠寺のくちなしが、我が家の庭にワープしてくるなんて、ワクワク!うまくいくといいケド。

投稿: なぎさ | 2007年12月 4日 (火) 20時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76457/9221640

この記事へのトラックバック一覧です: 技芸天は紀子様似?:

« きよみずで おしあいへしあい もみじ見る | トップページ | はらたち日記 »