« 秋田県の姑さんはエライ! あなたはうちの宝物 | トップページ | この世の悩みはゼロにならない »

なた豆は希望の豆

004 阿蘇のふもとの道の駅のそこかしこに、その豆はお皿に盛られたり、枝ごと売られたりしていて気にはなっていた。それは“ジャックと豆の木”を連想するくらいにたくましい枝だった。

福岡のT市に住むAさんのうちで、玄関横に拵えたアーチにその豆の枝が絡んでいるのを見た時、思わずその豆はなんという豆ですか、と尋ねていた。

それは“なた豆”と呼ばれるものであって、若いうちはサヤごと食べることも出来るし、ソラ豆みたいに茹でて食べるのもおいしいそうである。もちろんアンコにだってなれる。

けれどもその豆には、ほかの豆には真似のできない特殊な才能があって、それは、根元の方からだんだんと上の方へ向かって花を咲かせ、実を生らせると、今度はいきなり方向変換をして、また根元の方に向かって、花を咲かせ実を生らせる、という得意技があるというのだった。

人は誰でも愛する者には必ず元の、いた所へ戻ってきて欲しいものである。朝「行ってきます」と言って家を出たら、夕方か夜には「ただ今」と帰ってきて欲しいものである。その願いを託して、その豆は植えられているということだった。

特に戦争中は戦地に赴いた夫や息子、想う人の無事の帰還を願って、なんでもどうでも帰ってきて欲しいというせつなる思いから、この豆は競うように植えられたこともあったのだそうである。

私は一番下の根元のあたりで、もうすっかり種になっているサヤを一つ所望し頂いてきた。中を開いてみたら、ピンクのような紫のような色をした、大振りの豆が6個現れた。いつ種を蒔いたらいいんですか、と訊いたら「来年春先ですよ~」とのことだった。

そうだ、私もアーチを作ろう。台所の窓から見える所にアーチを作り、毎年種を蒔き、人々に希望を与え続けたなた豆が、花を咲かせ実をつけるのを眺めよう。

それにしてもホントかな~。是非この目で確かめなくては、、、(^^)v

|

« 秋田県の姑さんはエライ! あなたはうちの宝物 | トップページ | この世の悩みはゼロにならない »

「我が家の庭から」カテゴリの記事

コメント

厄介者みたいに見て完全無視していた、豆チャン、これから、意味を、含めて好きになります。

投稿: | 2007年11月 6日 (火) 08時33分

なた豆・・・これを干して砕いて炒ったものを煎じる。
歯周病などの化膿性の疾患に効くと効きました。

手術のあとの、癒着防止にもいいと送ってくださった方がいます。
宮崎の辺りからだったと記憶してますが・・・。

豆として、料理に使うとどんな味なんでしょう。
普通に豆の味かしら・・・いつか教えてね。

投稿: ば~ば | 2007年11月 6日 (火) 13時34分

?さま

私も若い時には、豆チャンたちの魅力に気がつきませんでした。

けれどこのトシになってから、その姿といい、色合いといい、きれいだな~、と思うようになりました。

小豆を炊いたり、大豆を煮たり、、、心癒される素敵な時間になりました。

投稿: なぎさ | 2007年11月 6日 (火) 15時36分

ばーば様

わたしも初めてなのでして、、、。

けれど遠い記憶に、鞘ごと食べたことあるような気もしています。そういえば歯磨き粉になる、と聞いたこともあります。お茶にもなるとか。

来年植えてみますからね~~。

投稿: なぎさ | 2007年11月 6日 (火) 15時39分

名前だけは聞いたことあります。

さやの形が刃物のナタのかたちですかね。

暑いところにだけ育つのですか?

投稿: なべちゃん | 2007年11月 6日 (火) 18時23分

なべちゃん様

ナギナタのナタでしょうから、きっとカタナみたいな形から来たのでしょうねー。

それにしても根元でまた花を咲かせるなんておもしろいですね。来年の春が楽しみです^^

投稿: なぎさ | 2007年11月 6日 (火) 21時23分

そのお話に感動しました。
いいお話でした。
それこそ、豆知識で記憶しますね。(笑)

私も本当にそのように花を咲かせ、実をつけるのか
興味があります。
来年、楽しみにしていますよ。

投稿: frusic | 2007年11月 7日 (水) 15時59分

「なた豆」って初めて聞きましたよ。
なんだか変わったヤツで可愛いかも・・・。
ぜひぜひ変わった習性を見届けてくださいね!
変人の私としましてはとても興味あるんです(^^;

投稿: 便利屋 | 2007年11月 7日 (水) 17時21分

frusicさま

わぁ~、責任重大ですこと~!
必ずや芽を出し花を咲かせ、実を結んでくれないと
期待に添えませんね。

こんなロマンのあるお話、私も聞いて感動しました。

投稿: なぎさ | 2007年11月 7日 (水) 21時39分

便利屋さま

なた豆は変わったヤツみたいですね。

変わり者は親として気がかりでもありますが
見ていておもしろがってもおります。

でも便利屋さんはぜ~んぜん変わり者なんかじゃなさそうですよ、まったくの優等生です!

投稿: なぎさ | 2007年11月 7日 (水) 21時43分

この間だ、山で野宿して、捜索隊が出て、朝下りてきて、温泉旅館で朝ごはんをいただいた。
なんだか茶色い鞘ごと煮た変な豆がでたけど、どうもこの豆みたいだな~
泊まる予定で遭難したかも知れない客、、無事の帰還の願いをこめて、なた豆の煮物が出たのか、、
また、おいでください、、という意味なのだろうね

投稿: ナベショー | 2007年11月 7日 (水) 22時46分

ナベショーさま

その豆は絹さやみたいではなく、なにかザラッとした感じではなかったでしょうか。子供の頃、食べたような気もするのですねー。

なにはともあれ、ご無事のご帰還でよかったですね。
お宿の女将さんが、絶対ここに戻っておいでねーと祈りを込められたのかもしれませんね!

投稿: なぎさ | 2007年11月 8日 (木) 19時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76457/8773989

この記事へのトラックバック一覧です: なた豆は希望の豆:

« 秋田県の姑さんはエライ! あなたはうちの宝物 | トップページ | この世の悩みはゼロにならない »