« なた豆は希望の豆 | トップページ | ダイエットは至難の技 »

この世の悩みはゼロにならない

005 ムスメに教えられてパソコンの“脳内メーカー”という所を開き、自分の名前を入力したら、、、ギョギョッ、なんと私の頭の中は一面 “悩” の漢字で埋め尽くされていた。

知らなかったけれど私って懊悩のるつぼを抱えていたのだね~~?

それからしばらく知人のあの人この人の頭の中をのぞいて楽しんだ。

そんな私が小林正観著『この世の悩みがゼロになる』という本を読んだ。

・・・人生が思い通りにならない、、、そんなあなたの悩みが、たちまち解消する考え方があります・・・とある通り、そこには素晴らしい考え方が満載されていた。そっかー、こういうふうに考えれば悩まなくてもいいんだねー。私はもう悩みはゼロになったような気になった。

ではではと、また脳内メーカーを覗いてみたら、、、あらら、なんの変化もなく相変わらずの悩の漢字ばかり。愛やら幸、福、休とか、嬉しくなるような漢字はひとつも現れないのだった。・・・ということは改名でもしない限り一生このまま脳の中身は“悩”オンリーなんだねー。

ところで小林正観さんというお人は超売れっ子の講演者らしくて、なんと一年365日のうち、330日は講演に明け暮れているという。そんなに来る日も来る日も講演していて疲れ果てないのだろうか、、、。自分のふとんで寝るのは一体何日あるのだろう。人生イヤにならないのだろうか。奥さんや子供たちはハッピーなんだろうか、、、。

、、、といろいろ考えていたら、T(だんなです)から「天皇家やよそのうちのことまで心配せんでもよろしい」と言われてしまった。

あっ、そうなんだ。私って結構自分のことのみならず、ヨソ様のことまで気に病むのよねー。それで頭の中は 悩 一色というわけなのかしらぁー。

|

« なた豆は希望の豆 | トップページ | ダイエットは至難の技 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

私も遣ってみました。

苗字と名前を続けた時と、離した時とでまったく違うのね・・・。

私は、続けると“幸が4割と恋3割、楽2割、忘1割”でしたが、離すとナンと!!“妄10割”・・・。

妄想だけで生きてるのかしら??

投稿: ば~ば | 2007年11月12日 (月) 10時22分

面白いいい話,結構いいね.私の脳ダブって出る可能性ありだね.ご主人の,言われる事,正解。ターサ

投稿: | 2007年11月12日 (月) 11時17分

ばーば様

いい線いってますねー!
恋をして楽しんで幸せ、嫌な思い出はあっさり
忘れる、、、と。

私はまたもや驚きました!!
くっつけても離しても、どちらも 悩 ばっかりだったのです。これはホンモノですわ~^^

投稿: なぎさ | 2007年11月12日 (月) 15時49分

ターサさま

楽天家のハズなんですが結構、心配性みたいなところもありましてねー。

何かが起こったら、その時バタバタするよーに、
といつもおっとっとーから言われておりまする。

ターサさまも一度、脳内メーカーを覗いてごらんなってくださいませ。

投稿: なぎさ | 2007年11月12日 (月) 15時55分

私は、遊 一字でした。
頭の中が遊ぶことでいっぱいだったみたい。
自分では、仕事一色のような気がしたのですが。
でも、考えてみれば、仕事も遊びの延長みたいなもんかもって感じです。
妻は、やってられない気持ちでしょうね。

いつでも、どこでも、旅先でも、見るもの全てが
仕事につなげてしまう性格ですから。(笑)

そのくせ、ビジネスと割切ることができないのです。
困ったものです。

投稿: frusic | 2007年11月12日 (月) 19時15分

fruicさま

おとうちゃん、おかあちゃんの庇護のもとにある時は遊んでばっかりで良き時代でしたねー。

ところが、仕事やら家族やら責任などが背中に張り付いて、のんびり楽しむこともできなくなる時代が、必ず来るんですよね。

そのうちきっと、見晴らしのよい所へ行き着くことができますよー^^

投稿: なぎさ | 2007年11月12日 (月) 20時28分

10億円の借金を取り立てられても平然としてる人もいれば、50万円の借金で首つる人もいる。
まあ、、悩みというのは、入れものの容量による。
すぐオーバーフローする小さいの、入れても入れても底溜まりのもある。
まあ、、今まで63年生きてきて、耐えられなくて死んでしまわねばならない悩みも無かった。いや、耐えられなかったら死んでいた。
まあ、、年の功で、「じたばたするな~、うろたえるな!」と平然と構えておれば、時が解決してくれることを体験から知るようになった。
家族、子供が多いと、常に誰かが、いろいろやらかしてくれるから、身近なところで、とんでもないドラマを見せてもらってるうちにタフになったということか、、、
なぎさ様も幸せだね!


投稿: ナベショー | 2007年11月13日 (火) 21時38分

ナベショーさま

ほんとうに毎日がドラマ、、、という日もありました。

雨の日には雨のなかを
風の日には風の中を

という気持ちでいますよー。

投稿: なぎさ | 2007年11月14日 (水) 13時19分

ブフフ
その人がいくら儲けてるのかも含めて、色々心配になりますよね。
たしか加山雄三は講演料が日本一高くて、一回ン百万だと聞きました。
いいっすよね~♪

投稿: 便利屋 | 2007年11月15日 (木) 17時22分

あの若大将がねー、そうでしたかー。
それこそブランドですよねー。
私たちがいっくらおしゃべりしたって、
一銭のお金にもならないでしょうからね。

大勢の人から支持されてるということは
人々に夢と希望を与えている、ということ
なんでしょうねー。

投稿: なぎさ | 2007年11月15日 (木) 22時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76457/8870730

この記事へのトラックバック一覧です: この世の悩みはゼロにならない:

« なた豆は希望の豆 | トップページ | ダイエットは至難の技 »