« あこがれの大観峯に今来たり | トップページ | なた豆は希望の豆 »

秋田県の姑さんはエライ! あなたはうちの宝物

Aso_015_2 前々回に“榎木孝明さんて素敵”という記事を書いたが、実はそんなことよりもっと心に残ったことがあった。

榎木さんが秋田県のなんとかという山村のあるうちを訪問して、そのうちのお嫁さんと姑さんと話していた時のことである。榎木さんは言った。「お二人はなんだかほんとの親子みたいに似ていらっしゃいますねー」

するとお嫁さんは「あらーっ、おばあちゃんごめんねー!私みたいなのに似てるだなんてー」と言って二人で大笑いしてるのだった。それからお嫁さんは言った。「ほんとうは東京で暮らしたかったんですけれど、このおばあちゃんや亡くなったおじいちゃんが私のこと“うちの宝物だ”といって大切にしてくれたものですから、裏切れなかったんですぅー」

それを聞いて私は驚いた。秋田県には息子のお嫁さんのことを“うちの宝物”だといって大事大切にしている姑さんがいるのだねーと。

五島にももちろん立派な姑さんがいるにはいるのだが、、、(とまことに歯切れは悪い)こんなふうに

あらゆることを不問にして、たとえば朝起きてくるのが遅いだとか、素直にハイと言わないとか、、性格が悪いだとか、金遣いが荒いだとか、夫(自分の息子)をこき使ってけしからんだとか、、

そんなことは一切言わない秋田県の姑さんの心のひろさやさしさ、それは人生の達人とでも言うべきだと思ったものである。

そして夜の11時ころになってご主人とその弟という人が仕事から帰ってきた。なんでも街なかで本屋さんを経営していて、帰りはいつもそんな時刻になるのだそうだ。そんな時間に晩ご飯を食べたりするのだからお嫁さんの負担は大きいに違いない。けれどお嫁さんは終始にこやか~にして、大人四人の暮らしをたのしんでいるように思われた。       

さてうちのムスコ達にお嫁さんが来たら“あなたはうちの宝物”と心から言えるものだろうか。宝物だと大切に慈しんでいれば仔猫が家に居つくように居ついてくれるものなんでしょうかねー、、、とまだ姑になったことのない私はつらつらと思うのでありました。

(写真は阿蘇の野草園で見た花です。名前をメモするのを忘れてしまいました)

|

« あこがれの大観峯に今来たり | トップページ | なた豆は希望の豆 »

嫁と姑」カテゴリの記事

コメント

難しい永遠の問題~。

“家の宝物”と言われて、最近の嫁さんは「止してよ~、ウザイ」な~んて言いそうだしね。

二人の感性と、息が合わないと、なかなか本音まで円満には行き難いでしょ。

同居していないと、たまのことなら、労わりあって仲良く過ごしていられるでしょうがねぇ・・・。

投稿: ば~ば | 2007年10月30日 (火) 15時20分

私もテレビ見ました。
ほんとにいい人達だと思って見てました。
仲のいい家族って見ている方もうれしいですね。
榎木さんが風景描ける田舎希望と言うことで秋田の羽後町に行ったのでしたね。
今も茅葺きの家がある風景の所あったんだ~。
秋田の実家に時々帰る私がしらなかった~。テレビ局の人よく見つけたと感心したおぼえがあります。

投稿: なべちゃん | 2007年10月30日 (火) 17時00分

ばーばさま

よしてよーウザイ!とうちのムスメたちも言いかねませんねー。

誰かとヘキエキしながらも、なんとか折り合いをつけて仲良くやっていく、というような超ウルトラ級の技は、もうこれからハヤラナイかもしれません。

投稿: なぎさ | 2007年10月31日 (水) 21時46分

なべちゃん様

あらまー、秋田県のご出身だったのですね!

私は北国の方とお近づきになったことはほとんどありません。寒い所と暖かい所の産では、かなり考え方も違うのではないかと思うのですが、いかがでしょうか。

ちなみに榎木さんは鹿児島の産のようでしたよ。

投稿: なぎさ | 2007年10月31日 (水) 21時51分

上手に育てられず、しつけも不十分、親がもてあました不肖の息子と、何を勘違いしたか一緒になってくれて、上手に手なずけて尽くしてくれる嫁、、、こんな出来のよい嫁を、我が家の宝と言わずして、何と言う!
それとも、可愛い出来の良かった息子をたぶらかし、一緒になって親をないがしろにする出来の悪い嫁なのか、、、
まあ、、いづれにしてもこちらは、だんだんヨレヨレになって何らかの世話になる身、誉め殺しとまではいかずとも、我が家の宝と嫁に胡麻すって損することは無いね~。

投稿: ナベショー | 2007年11月 1日 (木) 06時56分

嫁姑問題の根本はだらしない亭主にあると思いますね。
二人に挟まれた亭主がオタオタすることなく、
「婆ちゃんは尊敬するけどオレには嫁を守る義務がある」
とビシッと言えば何も問題にならないでしょう。
嫁さんに母親役をさせる日本の男のだらしなさには呆れますね。
てなこと言いながらカミさんに頭が上がらない私ですけど・・・(^^:

投稿: 便利屋 | 2007年11月 1日 (木) 17時03分

なぎささんこんんばんは!
秋田離れて30何年です。
夫も秋田出身ですが大学から来てるのでなまりはありませんが私はなまりがもうとれないようです。
考え方も違ってるようですがわりと鈍感なので楽しく暮らしてきました。
ですのでとんちんかんなところがありますがよろしくお願いします。

投稿: なべちゃん | 2007年11月 1日 (木) 20時45分

ナベショーさま

そうですねー。「あなたなればこそ、うちのムスコのような者に、、、」と言うつもりでおりますが、なぜだか一向に結婚話が浮上してまいりません。

お嫁さんのご機嫌うるわしいほうが、何かと便利で楽しいのははっきりしてるのですから、うんと褒め称えておいて老後もヨロシク、と言っておきましょうね!

投稿: なぎさ | 2007年11月 1日 (木) 23時00分

便利屋さま

現実はそーんなになまやさしいものではございませぬゾ!

妻に対しては毅然として頼もしい夫、母親に対しては優しい息子、、、を演じようとしても、気の強い二人の女が何を言い出すか、しでかすか、

シナリオ通りにはいかないものでして、翻弄され攪乱されること必定でありましょう^^

投稿: なぎさ | 2007年11月 1日 (木) 23時07分

なべちゃんさま

北国の人たちは、来るべき冬のために、いろいろと冬支度などしなくてはいけないでしょうけれど、暖国にいるとポワァ~ンとしていてもなんとか暮らしていけるせいで、

それが頭の働きや身のこなしなどに大きな開きがでてくる、、、というようなコト、あるでしょうね?

投稿: なぎさ | 2007年11月 1日 (木) 23時12分

なぎささんこんにちは!
昔は冬囲い(ふゆがこい)や薪ストーブの準備や
山菜の塩漬けなど保存食作り等々忙しくしてました。

今は便利になってそんなに差はないと思いますよ。
とにかく外は寒いことは寒いですが~。
家の中は床暖房やったり家中暖かくしてますから。

でも主人は絶対北国住みたくないと言ってます。
寒いからですって。


投稿: なべちゃん | 2007年11月 2日 (金) 14時10分

なべちゃん様

そういえば思い出しました、札幌出身の友達が昔いて、言いました。東京はなんだかスースーと風が通り抜けるような気がして寒いと。

あちらでは真剣に暖房のこと考えてるから、家の中は暖かいんだそうです。外は勿論寒いけれど、しっかり身構えてるからさほどでもないんだとか。

こちらは寒い時で、まー家の中は7度か8度くらいでしょうか、10度になると、サム~と思ってしまいます^^

投稿: なぎさ | 2007年11月 2日 (金) 21時36分

たとえ、同居していても離れて暮らしていても、心は通じるはずだと思っています。
お互いが思いやればの話ですけど。

私は、実家と5分程度離れたところで暮らしています。妻も実家の両親もお互いペースを大切に暮らしたいと言っています。
しかし、いざ、何かが起こればお互いカバーします。
そんなとき、働いていて時間が取れない私は、妻の一言にあったかい気持ちになるときがあります。
また、逆に妻が困ったときには、必ず両親が助けてくれます。

個人差があると思いますが、お互いの思いやりのような気がします。

投稿: frusic | 2007年11月 2日 (金) 22時19分

fruicsさま

ほんとうにそうですね。核家族というのは弱いものです。誰かが病気にでもなったりすると、たちまち弱さを露呈することになります。

お互いが思いやりの心をもって、楽しく愉快に過ごせたらこれが一番理想的ですね!

投稿: なぎさ | 2007年11月 3日 (土) 20時25分

なんかほのぼのした話題ですね。私の姑は、すごく良くできた人なので、だめ嫁の私は、助かっています。
人生は、楽しめばいいといってくれて、できの悪い私を、励ましてくれる。きっと、遠くに住んでいて、なかなか会えないので、そうなのかもしれないけど、ほんとうに、長生きしてほしいです。わたしは、宝には、なれないけど、お会いできるときには、精一杯のご奉仕はしたいです。海外なので、なかなかお会いできないのが、悩みですが。。。風邪など引かないで長生きをしてほしいと思っています。

投稿: les fleurs | 2007年11月 4日 (日) 05時06分

les fleursさま

人生は楽しめばいい、と言ってくださるなんて、ほんとうに素晴らしいお母様ですね!!

遠く海外に暮らせば、自分の手の届かない分、どうぞ息子のことよろしくお願いします、という親心が秘められていることでしょう。

ところで、そちらのコメント欄への入力が何がなんだかよくわからないで失礼をしております。パソコンのことまだよくわからないものですから、、、。

投稿: なぎさ | 2007年11月 4日 (日) 19時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76457/8673566

この記事へのトラックバック一覧です: 秋田県の姑さんはエライ! あなたはうちの宝物:

« あこがれの大観峯に今来たり | トップページ | なた豆は希望の豆 »