« 榎木孝明さんって素敵! | トップページ | 秋田県の姑さんはエライ! あなたはうちの宝物 »

あこがれの大観峯に今来たり

Aso_028_2 阿蘇はいいなぁ~、360度のパノラマを楽しめる大観峯に着くと、高浜虚子の句碑が立っていた。“秋晴れの大観峯に今来たり”

それで私もすぐに一句 ができた。 “あこがれの大観峯に今来たり” 

 この前阿蘇に来たのはいつだったかと考えてみたら、はるかかなた30年も前のことだった。あれから苦闘の幾歳月、ようやくまたここに立つことが出来た。

見るべき所が多すぎて、困ってしまったのだが、まず初日は「高森湧水トンネル公園」「阿蘇の大火口」「風の丘 阿蘇 大野勝彦美術館」を楽しんだ。

二日目は「清和文楽館での人形浄瑠璃」「リンゴ狩」「野草園」と温泉。

三日目。「榎木孝明さんて素敵!」で盛り上がっていたら大分・九重町に榎木さんの美術館があるのがわかった。高千穂峡に行くか、アコガレの君の方へ行くか、、、迷った末にアコガレの方へ。

あちこちの道の駅での買い物も楽しくてついつい買い込んでしまったのだが、お宿に着いてシミジミと眼鏡をかけて眺めてみたらなんと。

ドライフルーツのイチジクはイラン産、巨峰のレーズンはチリ、ブルーベリーはアメリカ、梅は中国、マンゴーはフィリピン、etc でありました。

それにしても楽しい旅だった。阿蘇の火口に着いた時、有毒ガスが発生してるからダメー!と警備員のおじさんに押し返されそうになったのだけれど、「写真を一枚だけ!」とオネガイしたら「一枚だけですよッ」なんて怒られながらも貴重な一枚をパチリとしたら、残念ながら写ってなかった。こうも押し強くなれるのはブログに載せなきゃという一念か、それとも美貌のせいかしら、、、。なぁ~んて。

そうそうこんな事もあった。寄り道したせいで道を間違えたらしく、牛のウ○コがボタボタと落ちてるような道に入り込んでしまった。しかも大きな牛が悠然と通せんぼしていて、誰かが「ステーキにするぞー!」と叫んでも微動だにせず、牛のお尻のすれすれのところをすり抜けたこともあったよね。こういうことが忘れ難い思い出になるのよねー。

数えてみたら11食も人様の作ったものを食べたことになる。食べるだけの人ってこーんなにラクチンなことだったのねー、やっとわかったぞ。けれどいろいろなことを見て学んだこともたくさんあった。やはり旅っていいもんですね!

|

« 榎木孝明さんって素敵! | トップページ | 秋田県の姑さんはエライ! あなたはうちの宝物 »

「旅」カテゴリの記事

コメント

なぎさ様,今回は、どんな旅をどんなに,表現なさるか,待っていました。良かったでしょう.私福岡県に住んでいますから、阿蘇まで日帰りなんですよ.雄大な外輪山、季節ごとに変わり行く山の色、手持ち弁当をほうばり、放牧された牛も、丸々と愛嬌!阿蘇の魅力行くたびに増すのだからね. ネ、草千里から、噴煙見ました?北海道にマリモの湖、南に火を噴く阿蘇の山、姿、形は、違うけど、なぎさ様、やっぱり阿蘇は、いいです。良い体験良かったですね。

投稿: | 2007年10月25日 (木) 12時42分

やはり、神々のおわす場所より、かのキミの美術館に・・・。

旅の良さは、カルチャーの感動と観察(心の洗濯)・・・なんでしょうが、我ら主婦には日常からの脱却もありますね。

上げ膳据え膳で、お風呂も洗わなくていい・・・掃除も無し。
それだけで、命が洗濯されます。

投稿: ば~ば | 2007年10月25日 (木) 13時58分

ウヒョ~!
凄い景色っすね!
旅行なんて何年も行ってませんから羨ましいっす~
警備員のオッサンはなぎささんの美貌に負けたんですよね?
怖かったんじゃないですよね(^^)v

投稿: 便利屋 | 2007年10月25日 (木) 17時45分

雄大な景色ですね。
私は九州に一度も行ったことがありません。
いつかは行きたいと思っています。

観光地でのドライフルーツは99%近くが外国産です。奥飛騨でもそうですよ。
その原産地もなぎささんの書いたとおり、一緒のような気がします。おそらく、商社が同じでしょうね。

上げ膳据え膳は、本当に楽ですね。
だから、旅行に行きたいと妻がよく言います。

投稿: frusic | 2007年10月25日 (木) 20時48分

阿蘇まで日帰りできる幸運な○様へ

そんなに頻繁に阿蘇へ行けるなんて羨ましいですね。
でもたまには一泊なさって、温泉にもはいり、タラリ~ンコと息抜きをなさいますように^^

あまりにあちこち行ったのでなにを書いたらよいのかわからなくなっていました。牛のお尻を二度も間近に見たので、これはなかなか忘れられそうにありません。

投稿: なぎさ | 2007年10月25日 (木) 21時27分

ばーば様

そうなんですね、命の洗濯をしてきました!
そして外もいいけれど、我が家もまた良し、という気分にもなるものですね。

榎木さんの絵はまあ、すっきりとして優等生が描いたお絵描き、という感じに見えました。

投稿: なぎさ | 2007年10月25日 (木) 21時30分

便利屋さま

旅行は何年も行っていないかもしれませんが、その前にあちこち放浪してたんでしょうから、今はマジメに働くべし! とおばさんは思いますよー。

そ!満面の笑みを浮かべてオネガイしたつもりですが、あちらではスゴマレタと理解したことでしょう^^

投稿: なぎさ | 2007年10月25日 (木) 21時35分

frusicさま
ほんとに何もかもそのようですね。
阿蘇で獲れたソバだと信じてたら、輸入品だった、ということが発覚したそうです。

ソバの花、初めてみました。白くて小さくて可憐な花ですね。種になっている所もありました。

私は磐梯山より北は行ったことありません。いつの日にか北をめざしま~す!

投稿: なぎさ | 2007年10月25日 (木) 21時41分

同じ旅でも、わたしのとはずいぶん違いましたね~
でも、道を間違えて牛のウ○コのあるとこへ行ったのと、熊のウ○コのあるとこに寝たのは同じようなもの、、。
やはり、旅はハップニングがなければ楽しくないですね。
旅行社のツアーのように、添乗員の指示通りに従ってバスに乗せられ、用意されたドライブインに用意された昼食食べて、土産買わされて、疲れて、、、、ではなぎさ様はもちろん満足なされまい。
阿蘇は40数年前、緑の外輪山の雄大な景色が記憶に残っております。
そうそう、、五島から長崎への海で遭難しても、捜索費用はただですよ~
安心ですね!

投稿: ナベショー | 2007年10月27日 (土) 10時01分

ナベショーさま

はいはい、ただですね、それでは心置きなく遭難することにいたしましょう。ところがこの頃では、ちょっとでも風がフーッと吹くと、原油が高いせいだか、たちまち欠航することになっておりまして、遭難しようがありません。

ところで、山で遭難すると、何百万円もかかるようでしたら、遭難保険などあったらいいですね?

投稿: なぎさ | 2007年10月27日 (土) 21時28分

遭難保険、、あるんですよ。
海外旅行のときの保険みたいの、、、
しょっちゅう山登りするようになってから、つい山行きのたびに掛ける手続きするの面倒で、、、

投稿: ナベショー | 2007年10月28日 (日) 08時54分

ナベショーさま

聞くところによるとゴルフで、まぐれにホールインワンしたりする時のために、保険があるそうですね。

なんでもあり、の世の中のようですねー^^

投稿: なぎさ | 2007年10月28日 (日) 18時13分

こんにちは!
楽しい旅行でしたね。うらやましいです。
榎木さんの美術館あったのですね。
九州は20代の時ユースホステルに泊まりながら一周した以来行けてません。(ずーっと昔)
異国情緒ある長崎が印象に残ってます。
いろんなハプニングあってこそ楽しさ倍増ですね。

投稿: なべちゃん | 2007年10月29日 (月) 11時23分

なべちゃん様

榎木さんの美術館は大分、長野、北海道美瑛など、またカフェギャラリーといったものもあるそうですよ。

すんなりとは行かなかったことが、忘れ難い思い出になりますね。九州でもリンゴが育ち、ソバが育っているのを見ると、信州へ来たような気分になりました。

投稿: なぎさ | 2007年10月29日 (月) 21時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76457/8601688

この記事へのトラックバック一覧です: あこがれの大観峯に今来たり:

« 榎木孝明さんって素敵! | トップページ | 秋田県の姑さんはエライ! あなたはうちの宝物 »