« ケネディ家のスマイル | トップページ | 誰かこの模範嫁に表彰状を »

微妙・・・

Photo 何年もの間、電話だけで話していた女性(70歳くらい)と初めておめもじした時のこと、その人はにこやか~に言った。「電話でお話していると、とってもお声が美しいので、お顔も美しい人だろうなー、と思っておりましたぁ~」

で、わたくしもにこやか~にして次なるフレーズを待っていたがそこまでで途切れた!はてさてそのオバサマの真意はどこにあったのだろうか、、、。

だいたい2通りの言葉が考えられる。その1「とってもお声が美しいので、、(これもただのリップサービス)お顔もさぞ美しいであろうと思っておりましたが、想像に違わずほーんとにお美しくていらっしゃいますこと!)

その2「……お顔もさぞお美しいであろうと思っておりましたが、お顔はさほどでもございませんわねー」

そのどちらかであろうけれど、まぁ後者のほうが確実であろうという結論を得た。

うちのハハ上(夫の母でござる)に来た年賀状を見ていたら、、、(特等に当たっているのを見過ごしているといけませんから検査してました)面白いのを見つけた。

「おめでとうございます…いつも若々しくしていらっしゃいますが、ほんとうはお歳でいらっしゃるのですから、くれぐれもご無理をなさいませぬよう、ご自愛くださいませ…」

これを読んで「まぁ、やさしいお心配りですこと」とすんなり喜べるだろうか。それとも「あなたにそんな事言って頂かなくても結構です!」とムッとするだろうか。

どうでした?とハハ上に訊いてみたりはしなかったのでわからないが、これも微妙なところである。

ところで私はこの賀状の差出人を知っているのである。ごく最近ご主人を亡くされたと聞いた。ご主人はまだまだ若くて、お歳、と言われるほどの歳ではなかった。しかも柔道何段とかの猛者だったのである。

ていねいなお悔やみを言うつもりがとんでもない言い間違いをしないように気をつけなくては、、、。言葉って微妙に人を傷つけてしまうことがありますからねー。

|

« ケネディ家のスマイル | トップページ | 誰かこの模範嫁に表彰状を »

言葉って」カテゴリの記事

コメント

なぎささま
思わず爆笑。ありえないです。あはは!ホント、微妙ですね。本当は、お年なのですから、、、は、余計なお世話ですね。なぎささま、そのうち本を書かれるといいですよ。絶対、ヒット間違いなし。真っ先に買いますから。

投稿: les fleurs | 2007年9月12日 (水) 05時38分

ブフフ
なんだかビミョ~って感じですね
私はかなり無神経なもんで
自分が傷つくことは少ないんですけど
どこかで人様を傷つけてきたような気がします
気をつけなくちゃ!(汗

投稿: 便利屋 | 2007年9月12日 (水) 11時11分

ん~ン。
傷を付けるつもりじゃないのに、相手が傷付いていたら・・・。
それがピーンと分かれば、フォローも出来ましょうが。

あ、止めときます。
フォローのつもりで、言葉を重ねるほど深みにはまり、墓穴を掘りそう。

口は災いの元。
余計なお世辞も言わぬが花かしら。

投稿: ば~ば | 2007年9月12日 (水) 11時42分

言葉って難しいですね。
そんなつもりはないのに、逆に一歩下がったつもりでも、傲慢にとらえられてしまうことがあります。

私も気をつけます。

投稿: frusic | 2007年9月12日 (水) 16時11分

les fleursさま
本を書いたあかつきには一部お買い上げくださる由、、、。おありがとうございますー!

けれどその他の人々買ってくれるでしょうか?兄、姉、甥っ子姪っ子たちが二冊ずつ買ってくれるとしても、せいぜい20冊くらいにしかなりませぬ~。これでは大赤字ですね^^

投稿: なぎさ | 2007年9月12日 (水) 18時54分

便利屋さま

傷つけたり、傷つけられたり、、、もう数え切れないくらいそんな事あったかもしれません。もう不問にして厚かましくしていましょう!

投稿: | 2007年9月12日 (水) 18時57分

ばーば様

そうそう、修正も撤回もままならぬ、時ってありました。言えば言うほど、溝は深く広くなってしまう、、、。それでも懲りずにいろいろやってしまいますねー!

投稿: なぎさ | 2007年9月12日 (水) 19時00分

frusicさま

ほーんとそんなことありました。100歩下がったつもりだったのに高慢ちきだ、と思われてたこともありましたー。

言いようが悪かっただけだったのにねー。観音様がわかってくださってると思ってガマンしましたー^^

投稿: なぎさ | 2007年9月12日 (水) 19時05分

受け取り上手が一番幸せですね^^

投稿: つばき | 2007年9月12日 (水) 22時20分

いつもストレートの剛速球ばかり投げると、相手もまともに打ち返してくるから、それをまともに受けると自分が打ちのめされてしまう、、、。
自分が傷つきたくないために、相手の顔色を見ながら変化球を投げるのが癖になりました。
変化球なら、相手がまともに打ち返してもファール、こちらは傷付かない。
相手に気を遣うことなくストレートを投げてみたい、、
なのに、妻は、あんたの言い方は腹が立つとしばしば怒るんです、、、

投稿: ナベショー | 2007年9月12日 (水) 23時58分

つばき様

受け取り上手ということは、なんでも善意に解釈するということですね。

ところがなんでも悪意に取りたがるものなんですね。
けれどいい方に解釈した方が幸せでいられますね、
ナールホド!

投稿: なぎさ | 2007年9月13日 (木) 20時35分

ナベショーさま

フムフム、テキはなかなか手ごわいですねー。
まず「今日はいちだんと可愛いねー」と言ってみたらどうでしょう。

それでも効き目がなければ毎食後
「オマエなればこそ、オレのようなツマラナイ男に(失礼!)心から尽くしてくれる、ありがとう、感謝してるよ」

と、言葉に出しても言い、誕生日、結婚記念日ともなれば大判振る舞いをして喜ばせる

それでも機嫌が悪ければ「もう、オマエなんかいらない!」と言ってみましょう。

すると「あ、そう、じゃ年金半分ちょうだい」といってさっさと出て行ってしまうのかな~?

ま、いいようにしてくださいね^^

投稿: | 2007年9月13日 (木) 20時45分

人生マルにしたかったら、笑顔で、愛のあることばを喋ろう。うっかり喋り知らないうちに、傷つけているときがある.だから言わない様に気をつけ笑顔と思いやりのある言葉を喋ろう日々気をつけています。コメントにならずにごめんなさい。ターサ

投稿: | 2007年9月15日 (土) 14時46分

たーさ様

笑顔と愛のある言葉、、、ほんとうにそうですね。いつも笑顔で愛のある言葉を喋っていたら間違いないですね。

とっころが、そう思ってても失敗をしでかすんですよねー。

投稿: なぎさ | 2007年9月15日 (土) 20時14分

男は会社でも、くつろげるはずの家に帰っても、失言せぬよう、言葉に細心の注意を払って、神経をすり減らす、、、なのに女は、遠慮なく暴言を、、
退職した今は楽です、、、妻を怒らさぬよう少々気を遣ってればいいだけですので、、

投稿: ナベショー | 2007年9月15日 (土) 21時32分

ナベショーさま

ナベショーさまの奥方はいいな~、寛大な夫を持って~。
私なんかいつも1000歩くらい下がって仕えてますのよー、
なんちゃってウソです^^

投稿: なぎさ | 2007年9月16日 (日) 16時00分

>私は息子夫婦と同居など絶対いたしません

素晴らしい!
できた人格です(笑)

投稿: つばき | 2007年9月21日 (金) 22時21分

つばき様
そうなんですよ、ご自分があまりに大変な思いをしたものですから、嫁にはかわいそうな思いをさせたくない、ということですね。

けれど、ヨメにもシュウトメにもいろいろタイプがありますから、一概には言えないところもあるのですね!

投稿: なぎさ | 2007年9月23日 (日) 16時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76457/7902279

この記事へのトラックバック一覧です: 微妙・・・:

« ケネディ家のスマイル | トップページ | 誰かこの模範嫁に表彰状を »