« 誰かこの模範嫁に表彰状を | トップページ | 95歳のブロガー 世界の話題スペイン発 »

夕顔はじつは夜顔だった

Yoruga Yoruga2 鉢に植えている夕顔がやっと咲くようになった。ところが玄関の外に置いているため、暗くなって咲いているのを実際に見たためしがない。朝になってしぼんだところを見るばかりなのである。

ところで、あちこちで、夕顔からはかんぴょう(干瓢)が取れます、と書いてあるのを見るけれど、うちの夕顔ときたら、朝顔より大振りな種子がとれるばかりで、かんぴょうが生産できそうな大きな実など出来てこないのである。このことは20年来の疑問であった。

ところがこの頃になってネットで夕顔の欄を見ていて疑問が氷解した。私の夕顔は実は“ヨルガオ”なのだった。

夜顔・・・ふつう、夕顔の名前で呼ばれるが、本当の“夕顔”は瓜科で実からかんぴょうを作る全く別の植物です、、、という記述を見つけたのだった。

なぁ~んだ、そういうことであったのか。夕顔じつは夜顔だったのねー。けれど夕顔からかんぴょうが取れるとなると、源氏物語の“夕顔の巻”はかなり印象が変わってくるのではないだろうか。はかなさが売り物の夕顔から、かんぴょうが取れるなんて、、、。やはり源氏物語の夕顔はかんぴょうの取れない夜顔に違いない。

(さて写真は我が家の夕顔、もとい夜顔、ではありません。去年は台風が来ると家の中に入れたために、花が咲くのを首尾よく眺めることも写真を撮ることもできたのですが、今年は台風襲来に備えて家の中に入れることもなくて写真を撮ることがないのですね。それでよそ様からの借り物です)

|

« 誰かこの模範嫁に表彰状を | トップページ | 95歳のブロガー 世界の話題スペイン発 »

「我が家の庭から」カテゴリの記事

コメント

その捻じれて咲き開く様子が大好きです。
ドラゴンも夜咲くのですが、まるで息遣いが
聞こえるようです。

暗くしてみると神秘的ですよ。

投稿: frusic | 2007年9月24日 (月) 20時06分

frusicさまこんばんは~!

花が咲きそうだな、と思ったら、家の中に取り込んで
みはっておかねばなりませんね。

マイドラゴンはまだまだ小さくて、お花が咲くのはいつのことやら、、、

けれどロマンがあっていいですね。花も実もあるドラゴンちゃん!

投稿: なぎさ | 2007年9月24日 (月) 20時46分

夜顔ですか・・・
知らなかった^^;

投稿: つばき | 2007年9月24日 (月) 21時16分

つばきさま

もう20年程、種を採取しては蒔き、ほのかに匂う夕顔を楽しんでいますよー。やはりイメージとしては、夕顔ですねー。

おかげさまで、というべきか、今年はまだ台風がやってこないので、家の中に入れたことがなく、つぼみがふくらんでいくさまを目撃しておりませぬ~^^

投稿: なぎさ | 2007年9月25日 (火) 07時10分

ン~ン。
そういわれると『源氏物語・夕顔の抄』の夕顔に、干瓢が取れるデッカイ実が付くと・・・。

イメージ、違うわね。

でも、夜顔ってのもねぇ・・・『源氏物語・夜顔の抄』だと、真っ暗で“薄明かりに見た美女”ってならないわね。

投稿: ば~ば | 2007年9月25日 (火) 14時33分

ばーばさま

そうですねー、夜顔だと、、、
イメージするのは、夜の蝶、夜鷹、、、。

薄明かりにほんのりと浮き上がる美女
というふうにはなりにくいですね^^

投稿: なぎさ | 2007年9月26日 (水) 08時47分

夕顔と夜顔が違うなんて初めて知りました
ちなみに私はいつもボケ顔なもんで
な~んにも取れませ~ん(^^;

投稿: 便利屋 | 2007年9月27日 (木) 10時28分

夜顔というと、スッピンで半分口あけて、よだれ垂らしながら、間抜けな顔でぐっすり寝込んだ誰かさんの顔、、とイメージしてしまいますぅ~、、、、
夕顔はやはりほんのり薄暗い光の陰影の中で、美しく、上品で、微笑む、吉永小百合さん、、ってイメージかな、、、、!

投稿: ナベショー | 2007年9月27日 (木) 11時54分

便利屋さま
夕顔は結構大きくなるものですから、これを台風のときにヨイショと家の中に入れるのも、大変になりました。もう種を蒔くのもやめようか、などと思いながら、やっぱり蒔かずにはおれませんね。

お、そうだ、今から懐中電灯を持って見てこよっと!

投稿: なぎさ | 2007年9月27日 (木) 21時51分

サユリストのナベショーさま

ケチつける訳ではないけれど、、、。

小百合さんって純情可憐にして、楚々としてはかなげで、夫を立て決して逆らわず、、。

なんてこと、それは幻想というものでございますよ、このアタシが断言いたします。彼女は強い女で、マイウェイを行く人なのでございます。

知らないうちにお尻に敷かれてだんなさんは「こんなハズじゃなかった」と後悔してる頃ですわね。

間抜けな顔でぐっすり寝込んだ誰かさんのほうが、断然魅力的だと思いなさいませ。

投稿: なぎさ | 2007年9月27日 (木) 22時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76457/8078378

この記事へのトラックバック一覧です: 夕顔はじつは夜顔だった:

« 誰かこの模範嫁に表彰状を | トップページ | 95歳のブロガー 世界の話題スペイン発 »