« 冷風扇というもの買いました | トップページ | このハミ肉を »

私ハ ヒラリー ノ 夫デス

Ukonn_002 笑うことはとても身体にいいことだそうで、笑うことによって血糖値が下がったり、癌細胞がその増殖をしばしやめたり、といいことづくめなのが実験で証明されるようになってきたという。

それに笑えば、憂鬱な気分も一掃してくれるもののようで、私は朝のうちに聞いたこの話を思い出してはアハハと笑い出し、一日中機嫌良く過ごしたものである。

森元首相がホワイトハウスにクリントン元大統領を表敬訪問したときの事。首相はまるで英語はダメであったが、優秀な通訳が付いているために問題は何もなかった。しかしご挨拶くらいは英語でするのがよかろうということになって、以下のことを覚えていくことになった。

まず首相が大統領執務室にはいって「How are you?」 と言う。すると大統領は「Fine,thank you, and you?」と言うであろう。

ついで首相が「Me, too.」と言えばそれですべては終了する。あとはベテラン通訳がいかようにでも喋ってくれるのである。

首相は執務室へ入った。ところが森さんはラグビーで鍛えて身体はデカイが心臓はノミのそれほどもなく小さい。で、たちまちあがってしまって言うべきことを忘れた! 彼は言った

「Who are you?」

それを聞いたクリントンはたいそう驚いたに違いないが、間髪を入れずにこやかに言った

「I'm  Hillary's husband.」

ついで森さんは教えられていた通り言った

「Me, too!」

大統領の就任式のスピーチにさえエスプリの利いたジョークが挿入されるというお国柄だそうだ、としても、クリントンさんがとっさにそういう事を言えるというのは賞賛に値する。私など一時間考えても気の利いた言葉など出てこないだろう。

ではその現場にいた人々はそのやりとりを聞いて、おおらかにワッハッハッーと笑うことができただろうか? 歯をくいしばって笑わないように我慢していたのだろうか、、、?(なんてったって日米のトップである) よくわからないけれど、この素晴らしく楽しい話は世界中に広まっていったに違いない。

この話はもう何年も前の出来事なのだけれど、私はまさに今日初めて聞きましたー。

それにしても、笑うことが身体に良いとなれば、、、どんなことにでも可笑しさを見出して笑い飛ばし、おもしろく愉快に過ごせば、100歳まで生きることも可能かもしれない、と思ったことでした(^^♪

|

« 冷風扇というもの買いました | トップページ | このハミ肉を »

「英会話は楽しく」カテゴリの記事

コメント

こんな楽しく、面白い話、、わたしも知りませんでした。
元首相が現役の時は知る人ぞ知るオフレコだったんでしょうか?
森さならありうる話ですね。
まあ、森さんでなく英国のブレア元首相だったら、即アメリカとイギリスは国交断絶になってたかな、、
あまりにも面白くて、気の効いたコメントが浮かぶ前に笑ってしまう、、、、

投稿: ナベショー | 2007年8月29日 (水) 17時47分

スンゴイ、面白い話でした。
どうして、すぐに広まらなかったのでしょうね。

言論統制(旧い!)されたのかしら。

でも、私が当時にこの話を聞いていたら、案外森元首相に親近感を覚えたかも・・・。

大事の時にゴルフをしていたなんてことと違って、あまりにとぼけていて、ブラックジョークに思われたかなぁ~。
案外「スゴイ奴」なんてね。

投稿: ば~ば | 2007年8月29日 (水) 19時57分

まさしくアメリカン・ジョークですね(笑)

投稿: つばき | 2007年8月29日 (水) 21時40分

何となく聞いたような聞いてないような・・・。
でも、いかにもアメリカンジョークっぽいですね。
私もパソコン相手に笑いました。
とっさに会話をジョークで盛り上げる。
これは天性のものなのかもしれません。
また、アメリカではスピーチの授業があります。
そこで磨き上げられるのでしょう。

笑うことは、私にとっても一番大切なことの一つです。

投稿: frusic | 2007年8月29日 (水) 22時02分

昔この話が配信された時
最初は大笑いしましたけどその後落ち込みました
日本のリーダーがこんなアホなんですもんね~
ま、こんな国民だからこんなトップなんでしょうけど(汗

投稿: 便利屋 | 2007年8月30日 (木) 10時29分

ナベショーさま
遊びにきた小学6年生の女の子にこの話をしたら、なんと教頭先生がこの話を皆の前でしたそうです。

ということは広く流布してる、ということでしょうか?私は昨日初めて聞きました~。

投稿: なぎさ | 2007年8月30日 (木) 21時50分

ばーば様

天下の米大統領に「あなたはどなた?」と訊いたのですから、大統領もオ、こいつは大物だぁ~、と思ったでしょうか?

私もずーっとオフレコだったのではないかと思いました。

投稿: なぎさ | 2007年8月30日 (木) 22時08分

frusicさま
ブッシュ大統領が迎賓館で倒れた時、奥さんがすぐに「うちの夫は、午前中、天皇陛下とテニスをして、さんざん負けたので、ショックで立ち上がれないのです」と言ってのけた、という話も聞きました。

スピーチの授業で感性が磨き上げられてるのでしょうね!日本も見習ったらよいと思います^^

投稿: なぎさ | 2007年8月30日 (木) 22時14分

便利屋さま

そうですね、首相たるもの、2~3カ国語は操らねば資格なしー、と決めたらどうでしょう。

それからルックスも見栄えがしないと、日本人って
醜男ばかりネー、と世界中の人に思われたらイヤですね。男は見た目が9割ですからね!

投稿: なぎさ | 2007年8月30日 (木) 22時20分

つばき様

とっさにジョークがでるというのがすごいですね。
それも日頃の訓練がモノをいうのかもしれませんね。

せっかく言葉を与えられたのですから、もっともっと
言葉を楽しみたいものです。

投稿: なぎさ | 2007年8月30日 (木) 22時24分

なぎささま

私も爆笑しちゃいました。
クリントンさんの返事は、ある意味、恐妻家らしいかも。いろいろな意味で。
結構、上がってしまうものなのですよ。こういう会談って。日本人は、こういうプレッシャーに弱いような気がします。(通訳をやっているときに思いました。)
日本は、島国ですからねぇー。ある意味、隔離されていて、守られているかも。大陸は、そうは、ゆかないですから。すぐ隣が隣国で、うまくやってゆかないと、すぐ戦争になってしまいますもの。外交術は、日本も学ばないとならないものがありますね。切磋琢磨、がんばっているけど、日本にいると、自国にしか目が行かなくなってしまう。
いろいろな国に出かけていって、いろいろな人に会ってという研鑽を積まないと、と思った私でした。

投稿: les fleurs | 2007年9月 1日 (土) 20時22分

les fleurs さま

はじめましてー!

クリントン夫妻もいろいろな危機を乗り越えて、、、。

ヒラリー夫人は初の女性大統領になるかもしれませんし、目が離せなくなりましたね。

これからどうぞよろしくー!

投稿: なぎさ | 2007年9月 2日 (日) 08時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76457/7709256

この記事へのトラックバック一覧です: 私ハ ヒラリー ノ 夫デス:

« 冷風扇というもの買いました | トップページ | このハミ肉を »