« ハーイ ビル!と呼ばれたら | トップページ | ホタルを見るにもタイミングが »

そんなに可愛い顔をして

001_2 ひさしぶりに英会話教室に行ったら、アメリカはネブラスカ州から来た、という若い男の先生が来ていた。これで講師陣は三人である。お題は結婚について。

ウェールズから来ているベッキー先生が結婚式のスライドを見せながら言った。「これはアイル(aisle)と言います」 アイルといったら、スーパーなどで、蚊取り線香はどこですか?と聞いた時に、それは13番にありますよ、と言う時のあの通路である。

すると誰かが「日本ではヴァージン・ロードというのですが」と言うと、3人の若い先生たちはまさにガハハ・・・とのけぞらんばかりに大口開けて笑っていた。ヴァージン・ロードがそんなに可笑しかったかしら?

それからベッキー先生はそのヴァージン・ロード、もとい通路を、父親に手を預け付き添われて歩き、然るべき所で立ち止まり、もう一人の男、(花婿のことなのだが)にバトンタッチされるのが、イヤダと言った。まるでモノの受け渡しみたいじゃないですかぁ!という訳である。

今そのように考える若い娘が多いのだそうである。ベッキー先生は大きく手を広げ天を仰ぎ、ヘ、ヤナコッタという顔をして見せたものである。フランス人形みたいに可愛い子にそういうことを言われると、おばさんとしては胸が痛む。

去年の今頃だったのだけれど、ベッキーさんの両親がはるばると海を越え、極東の国、ニッポンへ行ってしまった娘を訪ねて、五島までやってきていたのを思い出す。その時私たち生徒も小さなお土産をいただいたりしたものである。

なんとまあ、親のこころ 子知らず であろうか、とおばさんはひとり慨嘆するのでありました。

|

« ハーイ ビル!と呼ばれたら | トップページ | ホタルを見るにもタイミングが »

「英会話は楽しく」カテゴリの記事

コメント

そう、そうなのよね。
親は、ここまで成長した娘に感慨深く、これからの幸せを託して、婿殿に娘を託す・・・。
その瞬間が、父の(本当の意味で)子離れなのです。

我が娘は、純日本式で、父親は遠くから見てるだけ。

でも、息子の嫁さんはお父様に手を取られて歩き、息子に託されました。

見てる方としては、それなりに感動なのですが、我が夫・曰く「私は衆人環視の中、照れくさくて娘に腕を貸して歩けません」。

母親以上に、父親はシャイでした。

投稿: ば~ば | 2007年6月14日 (木) 11時02分

娘が結婚する時にヴァージンロードを一緒に歩くなんて絶対イヤですね!
披露宴の最後にお涙頂戴の感謝の手紙
あれもイヤだな~
とにかく目立つ状況には立ちたくないですわ
たぶん転んじゃうっすからね(^^;

投稿: 便利屋 | 2007年6月14日 (木) 19時01分

そういやお母さん私の披露宴の時
手紙読むのはやめてよね!あんな恥ずかしいの!
って言ってたよね。
私も最初からやらない!!って決めてたから
双方の意見が一致して良かったんだけど。

チャペルのおとーさんと歩くあのシーンは見てるほうは感動して毎回泣きますけど、確かに自分がやるかと考えたら、ちょっとなあ~~。
日本式で良かった。

投稿: さと | 2007年6月15日 (金) 10時32分

ばーば様

そんなの気恥ずかしくてイヤだ、というおとうさんもいるというのですね。
男心はなかなかわからないものですねー!

投稿: なぎさ | 2007年6月15日 (金) 22時44分

便利屋さま

肝心なときに転んでちゃーいけませんね!
3人娘さんがいらっしゃると3通りの結婚式を経験なわることとでしょうから、楽しみですねー。

婿殿が3人増えたら、これもお楽しみですね^^

投稿: なぎさ | 2007年6月15日 (金) 22時48分

さと様

手紙のことなんかすっかり忘れていました。
そんなこと言いましたかしらね?

投稿: なぎさ | 2007年6月15日 (金) 22時50分

最近の若い人達にとって、結婚式のヴァージンロードを、ガハハッと笑ってしまうの、、、ナベショーにもわかるな~
最近、いたるところに増えた荘厳なゴシック建築の教会(結婚式場)、結婚式の変な牧師(ほんとに牧師?)の司式、、この方もガハハって笑っちゃう。
人生の大切なスタートであるべき結婚式、、これが真実でなく虚偽で始まることのほうが問題、、、かな!

投稿: ナベショー | 2007年6月15日 (金) 23時51分

ナベショーさま

結婚式もいろいろありますが、とにかく早く子供達にかたづいてもらうのが一番!

誰でもいいから早く見つけてくれ!!
と言っておりますよ^^

投稿: なぎさ | 2007年6月16日 (土) 22時26分

同じ、同じ、早く相手見つけてかたづいてくれ~、、
どんな結婚式もすべてOK、
披露宴で、カラオケで歌えと言われれば、歌いますよ、、、

投稿: ナベショー | 2007年6月17日 (日) 14時56分

>親のこころ 子知らず 

やはり立場の違い、でしょうか^^

投稿: かんころ | 2007年6月17日 (日) 21時16分

おやおやナベショーさま

なにかヤケクソになっておられるのではないでしょうか?

手塩にかけた愛娘を、どこの馬の骨だかわからん男にくれてやるなんて、そいつを一発ドカーンとブッパナシテやりてぇーもんだ、と思っていらっしゃるのではないかと、、、想像いたしおります。

カラオケはそうですねー、“くちなしの花”などどうでしょう?しんみりしてよくないか、、、。

投稿: なぎさ | 2007年6月17日 (日) 21時34分

かんころ様

子供は三歳までに、その笑顔で親孝行をしてしまう、と聞いたことあります。

もうそれ以上のことは望まないとキモに命ずることにいたしましょう(涙)

投稿: なぎさ | 2007年6月17日 (日) 21時36分

手塩にかけて、、と言いたいけれど、手抜きもいいとこ勝手に育って行っちゃった、、と言うのが実際でございまして、、
くちなしの花、、、胴長短足の前田 吟が歌ったのではな~
やはり渡 哲也でなけりゃ~ サマにならない
、、

投稿: ナベショー | 2007年6月17日 (日) 22時07分

ナベショーさま

ほーんと、いつのまにか育っていましたね!

天下の二枚目スター、渡 哲也の向こうをはろう
と思ったら、だれ~も“くちなしの花”など歌えなくなることでしょう。
めげずに歌ってくださいねー^^

投稿: なぎさ | 2007年6月18日 (月) 21時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76457/6775805

この記事へのトラックバック一覧です: そんなに可愛い顔をして:

« ハーイ ビル!と呼ばれたら | トップページ | ホタルを見るにもタイミングが »