« そんなに可愛い顔をして | トップページ | 忘れてました~ ではすまされません »

ホタルを見るにもタイミングが

003_1 天(あめ)が下のよろずの事には季節があり、すべてのわざには時がある。

生まるるに時があり、死ぬるに時があり、植えるに時があり、植えたるものを抜くに時があり、、、、、。

これは旧約聖書の中の「伝道の書」とよばれる有名な一節だけれど、実はホタルを見るにも時があるのである。

Sさんに「もうホタルを見に行ったのぉ?」と尋ねたら、「行ったけどねー、さんざんだったのよー」ということだった。コトの顛末はこんなふうだったとさ。

Sさんの夫がにわかに「さ、これからホタルを見に行こう」と言い出した。Sさんは「えーっ、こんな時間にィ?」と思ったけれども言い出したら撤回しない夫のことであるので、シブシブついていくことにした。その夜、遊びに来ていた者とあわせて、大人3人と子供二人の5人編成であった。

ふつうホタルが大挙してお出ましになるのはモワモワとして湿気が多く、雨が降ってきそうな感じの夜、時間でいえば7時半から9時ころまでが見ごろと言われている。Sさん達が出かけていったのは9時をかなり過ぎていたらしかった。

ホタルの里へ着くと、車を降りてテクテクと、かなりの距離を歩かなくてはならないが、ホタル見物の人々の姿はすでになく、もともと人家のない所ではあり、あるのはくら~いオレンジ色した街燈(それがまたなんともオドロオドロシイ色なのである)がところどころに。

茂みの中にはいくばくかのホタルがチカチカと点滅をしてはいたが、ホタルの本隊ははやばやとお宿に引き揚げていたものらしく、しんがりをつとめるほたるが数匹、ツーと横切るのもわびしいものであったとか。

まるでオバケ屋敷の中を進むような気持ちで歩いていたら、小学二年生の男の子が「おばちゃーん!コワイヨーォ」としがみついてきたそうな。それでやっと大人もホッとして引き返すことにしたそうである。

さて私たちがホタル見物に出かけた時は、人出もホタルのお出ましも申し分なく盛大であった。橋の欄干にもたれてホタルの乱舞にみとれていると、すぐ隣で、おとうさんに肩車をしてもらっている男の子が言った。「おとーさーん、もうボチボチ帰ろう」

それは「こんな薄暗い所はもうイヤ!早くおうちへ帰りたい」という切実な気持ちがじわ~と伝わってくるような声音であった。ボチボチだなんて、こんな小さな子供が言えるのねー、と思い、その子に「何歳?」と訊いてみたら「よんさーい」と言っていた。それから私たちもボチボチ帰ることにしたのでした。

(去年の6月6日にもホタルの記事“今宵会ふ人 みなうつくしき”を書いています、よろしかったらまた読んでくださーい^^)

|

« そんなに可愛い顔をして | トップページ | 忘れてました~ ではすまされません »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

今年も、蛍の乱舞が見られたのですね。
羨ましいことです。

蛍の乱舞が見られたこともですが、蛍がたくさん育つ環境が身近にあることが・・・。

東京でも、最近は水辺の環境が問題になり、浄化に努めてカワニナを放流したりして、蛍の復活に成功した地域もありますが。

なかなか蛍は身近にはなりません。

投稿: ば~ば | 2007年6月18日 (月) 12時55分

幼少の頃、広島でホタルを捕まえて長ネギの中に入れて遊んだ経験があります
夏の暑さで時々思い出します
季節ごとの楽しみっていいですね~

投稿: 便利屋 | 2007年6月18日 (月) 18時44分

ばーばさま

五島でも自然に満ち満ちているかというとそうでもなく、農薬使いまくり、、、でほんとうは川もそれほど美しくはないのです。

ホタルが戻ってきたのは行政その他の努力があってこを、らしいです。観光客も多くなってきたそうです。

投稿: なぎさ | 2007年6月18日 (月) 20時40分

便利屋さま

長ネギの中に入れるとは、、、?
ぼんやりと光が透けて見えて、それは美しかったことでしょうね。

やはり一年に一度は万難を排して、ホタル狩にいかねばならぬ!と思ってますよ。

投稿: なぎさ | 2007年6月18日 (月) 20時44分

人にはその生きながらえている間、楽しく愉快に過ごすよりほかに良いことはない。またすべての人が食い飲みし、そのすべての労苦によって楽しみを得ることは神の賜物である。(伝道の書3:13)
季節が来て蛍の乱舞が見られること、、毎日美味しいもの食べて、飲んで、楽しむこと、、幸せ!

投稿: ナベショー | 2007年6月19日 (火) 07時27分

ナベショーさま

昨日のことも明日のことも思い煩わず、今この一瞬を愉しむ、これぞこの世を生きる極意と思い至りましてござりまするー。

投稿: なぎさ | 2007年6月19日 (火) 22時34分

そうですね~
明日はまさかの坂を落っこちるかも知れず、、、
過ぎたことをくよくよしても、過去に帰ることは出来ないし、、、
今日の今の一瞬を楽しむ、、なぎさ様も悟りの境地にいたられましたか!

投稿: ナベショー | 2007年6月20日 (水) 23時36分

ナベショーさま
悟りの境地に足を半分つっこんだような気持ちになることもありますが、残りの半分は煩悩の真っ只中にいるのでございます。

死ぬまで修行だと心得ましてございますよ。

投稿: なぎさ | 2007年6月21日 (木) 14時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76457/6821217

この記事へのトラックバック一覧です: ホタルを見るにもタイミングが:

« そんなに可愛い顔をして | トップページ | 忘れてました~ ではすまされません »