« 忘れてました~ ではすまされません | トップページ | 今日の園芸 »

このウサちゃんの運命やいかに?

015 うちの近くに住んでいるおばあちゃんから「うちのウサギを貰ってくれる人を探してください」と頼まれた。さぁ~これはなかなか難しい問題である。今時小学校でも諸般の事情から、こういう動物は飼わないのである。

それでも私は誰か引き取ってくれる奇特な人がいないかな~、と誰彼なくこのウサギのことを話した。

そのウサギというのはおばあちゃんの孫が東京から帰省する時に連れてきて「あとはよろしく」といって置いていったウサギであった。おばあちゃんは今までさんざん人間(息子や娘プラス孫たち)の世話をしてきたので、もう生き物の世話はイヤだと思ったが捨てるわけにもいかないので世話をしていた。毛の色は栗色とでもいおうか、襟巻きにすればとても豪華でお金持ちに見えそうな立派な毛並みなのだ。

ある時おばあちゃんが忙しくしていて取り紛れ、エサをやるのを2~3日忘れていたことがあった。ハッと気がついて「おーごめんよー、忘れてたねー」と言ってエサを差し出したとき、このうさちゃんはいきなり指に噛み付いた!その傷はかなり深くておばあちゃんは病院へ急いだこともあった。

誰も引き取り手がないのであきらめていた頃、私はMさんと会った。さっそくウサギの話をするとMさんは「ウサギだったら、ずっと前飼っていたことあるしぃー」と言った。おっ、希望ありだぞ、と喜び勇んで「それじゃMさん、貰ってくれるの?」と訊いたら、、、「食べてもいい?」ときたもんだ。

それ以来わたしはウサギの養子縁組の斡旋をあきらめることにした。おばあちゃんのうちに行くと玄関のすぐ内側にケージが置いてあって、その中でウサギは、直径2センチはあろうかという真っ黒なお目々をしてエサをもくもくと食べている。

エサは固形の、ウサギ専用のものを与えることになっているのだが、おばあちゃんがある時、緑の野菜も必要じゃないかとほうれん草を食べさせたら下痢をしたのだそうだ。

この頃のウサギは、水はお皿からペチャペチャと飲むのではなく、点滴のようにセットしてあるストローからチュッチュッと飲むのである。

つぶらな瞳をして無心に飲んだり食べたりしているウサギを見ると私は「うさちゃん、天寿をまっとうしてねー」と祈らずにはおられない。襟巻きも、もう要りませんからねー。

|

« 忘れてました~ ではすまされません | トップページ | 今日の園芸 »

ペットたち」カテゴリの記事

コメント

この兎さんが、飼い主のお婆ちゃんの指を噛んだ話を、以前に聞いた時は、「子供が親を、親が子供を殺す時代・・・情けの無い話は、人間界の方が悲しいと思ったのです。

でもね、動物は、人間の心や生活を写す鏡なのでしょうね。

猪が走り回る、猿が暴れる、鹿が・・・なんてニュースは、結局は人間の心にゆとりが無くなったからですよねぇ。

狭い国土に、皆が仲良く暮らす・・・理想郷、と言葉は簡単ですが、難しい大問題ですね。

たかが、お婆ちゃんの兎、でも考えることは、ペットをオモチャにしてる人間もいること。
この兎は、お婆ちゃんの処に置いていかれて、オモチャにならずに済んだのかも。

お婆ちゃんは大変でしょうが、なんとか面倒みて欲しいものです。
ところで、兎の寿命はどのくらいなの?。

お婆ちゃんが元気なうちに天寿全うで逝ってくださいと祈ります。

投稿: ば~ば | 2007年6月27日 (水) 20時12分

ばーば様

ウサギの寿命ってどのくらいなのでしょうね。

おばあちゃんは一人暮らしですから、今ではいいお友達になってるみたいですよ。

外から帰ってきたら、ただいま~と声をかけるそうです!

投稿: なぎさ | 2007年6月27日 (水) 22時07分

ごめんなさい・・・
私も食べちゃえば?と思いました(^^;
ペットって飼ってる人とそうでない人とは意識が天地の差ほどありますよね
ウサギさん 人の指を噛んだりしないで幸せに生きてほしいものです

投稿: 便利屋 | 2007年6月28日 (木) 11時20分

うさちゃんの可愛い二本の前歯、、、は~ 噛み付かれると傷は深いですね~
昔、ハムスター飼ってて、鋭い歯で噛み付かれたけど、やはり傷は深かったです。
ペットは可愛いけど、時に理由がわからずに噛まれると、悲しくなる。
でも蜜蜂が刺すときは、100%飼い主に原因あり、、蜂が刺し、騒ぐのは、飼い主の心の状態の反映、鏡ですって!
動物の行動は、単純でわかりやすいが、女の心と行動は不可解なのが多く、時として傷つけられて被害を受けます。

投稿: ナベショー | 2007年6月28日 (木) 22時35分

便利屋さま

中国に駐在していた人が、日本に帰ることになって、
この犬をどうしようかと、現地の人に相談したら
「食べれば?」と言われたとか。

農耕民族の我々には、食べる、という発想がありませんからねー^^

投稿: なぎさ | 2007年6月29日 (金) 19時20分

女心がまだわからないでいるナベショーさまへ

あの世へ旅立つまで、永久に女心はわからないことでありましょう。

女だって女心なんてわかっちゃいないのでありまして。時として牙をむく手に負えない動物だとみなしておけば間違いありませんよ。

そうそう、男は猿から進化したが、女はゴリラから進化したというお説があります^^

投稿: なぎさ | 2007年6月29日 (金) 19時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76457/6939751

この記事へのトラックバック一覧です: このウサちゃんの運命やいかに?:

« 忘れてました~ ではすまされません | トップページ | 今日の園芸 »