« こんな目覚まし時計があったなら | トップページ | これが至福というもの »

そこまでしていただかなくても

Kamomiru_001 長崎では県会議員の選挙があって、昨日までは何かと騒々しかった。次から次と選挙カーはやってきて連呼していくのでとてもにぎやかだった。

そんなある日、二階の窓から今度は誰かな~、とちょっとだけ外を見たら、選挙カーに乗ってる運動員の方々がこちらを見て盛大に手を振ってくれるのだった。家から道路まで50メートルくらいあるだろうか。それで私もお立ち台の皇后陛下みたいに片手で少しだけ手を振った。「もう少しですからがんばってくださいねー」言葉に出すとしたらこれくらいの軽いノリだったつもりである。

車はやがて去り行くはずだったのに……なんということか、ドアをガバッと開けて候補者が我が家めがけて走ってくるではないか!

きゃー!そこまでしてくれなくていいのに、と思いながら私もドタドタと階段を駆け下り玄関へ急いだ。そしてこの前見たときより日焼けしてたくましくなった候補者のおじさまと固い握手をかわしたのであった。恐らくリスト上ではなぎさの名前の上には、《確実》の二重丸◎が付けられたことであろう。

さてそれ以来、選挙カーが近づいてくると、外にいる時は急いで家の中へ引っ込み、窓際にいるときはカーテンの後ろに隠れることにした。また走って来て頂くわけにはいかないのである。いくら気前がいいといっても、票はたったの一票しかないのですからねー。今、開票が進んでいる頃だと思うけれど、ちょっとばかり気になってるところなんですよ(^^)

|

« こんな目覚まし時計があったなら | トップページ | これが至福というもの »

ドジなわたし」カテゴリの記事

コメント

ハァ~、実は?だったりして・・・。
私も、入れる気も無いのに、擦れ違った車上の候補者が「よろしく」なんて言うと、いかにも「任しといて」と思わせぶりに、愛想良く会釈することがあります。
それで、候補者が一時的にでも幸せならいいかな・・・って。

“嘘も方便”“女は愛嬌”・・・か。

投稿: ば~ば | 2007年4月 9日 (月) 13時55分

県議選くらいならさほどでもないですが、町議選ともなると
た~いへんっっですよ!

八方美人にしといたほうが、あとが無難のようですね。

投稿: なぎさ | 2007年4月 9日 (月) 20時27分

やっとうるさいのが終わりましたね~
先日、人が通ることの無い峠の山道で、カメラでアケビの花の写真を一心に撮ってたら、いきなり後ろ側で「○、○をお願いいたします」って大音響!。
瞬間、心臓が止まるほどビックリ!
宣伝カーを睨みつけたら、さらに大音響で「申し訳ございません。申し訳ございません。」っていつまでも連呼して通り過ぎていった。
県会議員 落選すればいいのに、トップで当選してた、、、
しかし、単身赴任が長くて、ほとんどいなかったナベショーは町の名士
でなく立候補者とは誰も馴染が無いから、選挙といっても全く関係なし、、気楽に過ごせます。

投稿: ナベショー | 2007年4月10日 (火) 23時25分

ホ~!そんなに熱心に飛び込んでくるっすか!
でも都会で女性にそれやったらキ○蹴りされますよ!(^^;
それにこっちの女性はカーテンの蔭に隠れるほどオシトヤカじゃないですからね

投稿: 便利屋 | 2007年4月11日 (水) 21時26分

ナベショーさま

おやおやそれは心の臓に悪いことでございましたね。
アレ、こんな山深い所にヒトがいるよ!というのでたちまち大音響になったのでしょうねー。

田舎になればなるほど、一票の重みがますほどに、
選挙というのはややこしくなりますね。

誰が本命かわからないように静かにしておかなくてはいけません。
今度は自重しなくては、、、。

投稿: なぎさ | 2007年4月12日 (木) 07時26分

便利屋さま

はーい、この頃では、のんびりと車に乗って手を振るばかりでなく
歩く、走る、駆け上がる、駈け下がる、、、体力にまかせて
なんでもしなくてはなりませんよ^^

投稿: なぎさ | 2007年4月12日 (木) 07時30分

丁寧に応対されると、投票したくなります。^^

>私もお立ち台の皇后陛下みたいに片手で少しだけ手を振った。

素晴らしい表現ですね。
文章のセンスが感じられます^^

投稿: かんころ | 2007年4月12日 (木) 08時08分

かんころ様

恐れ入ります、けれど、皇后さまの上品さには足元にも及びませぬ~。
こちらは、川のほとりのタニシの生まれ変わりですからねー。

投稿: なぎさ | 2007年4月12日 (木) 15時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76457/6020884

この記事へのトラックバック一覧です: そこまでしていただかなくても:

« こんな目覚まし時計があったなら | トップページ | これが至福というもの »