« 芋あめ作りはビーチパラソルのしたで | トップページ | オクサマ!といわれたものだから »

リリー・フランキー著 東京タワー オカンとボクと時々、オトン

_042 帰省したムスコが「おっかさんもこれを読むべき」と持ってきたのが『東京タワー』の本だった。近くの図書館に借りに行ったら1、030人の待ち人がいたそうで、これじゃあ、いつになるかわからん、というので買ったそうである。私は知らなかったが今ではすでにテレビドラマ化、映画化されているそうなのだった。

私はこの頃の若いもんの書くものは苦手なので、読むつもりはなかったが、ちょっとだけ、のつもりが、一気に読んでしまった。とくに“オカン”の臨終の場面になるともう泣けて泣けて、実の父と母に別れた時でさえ、こんなには泣かなかった、というくらいに涙が出たのだった。(もっとも父と母は長寿をまっとうして、大往生だったのだけれど)

この本を読み終えたら、私は是非とも、ほかの子供達にも読んで欲しいものだと、切に思った。

これこれ、うちの子供たちに告ぐ~。まだこの本を読んでいない子、約二名はすみやかにこれなるを読むべし。“オカン”みたいにこの母だって、遅かれ早かれ、あの世にみまかる時がくるのを、しっかり認識して欲し。その時になって、「あらら、たった今から親孝行するつもりだったのよ」と言っても、もう遅いんよー。

“ボク”も本の中で言っていたぞ。『こんなん食わしてやりたかったねぇ、ここの焼き鳥はオカン好きやろうねぇ、京都に行って素敵な店に入ったら、こげん所に連れてきてやりたかったねぇ、と思うし、オカンくらいのばあさんが友達と旅行しよるとこやら見かけたら、なんで生きとる時にもっといっぱい旅行させてやらんかったんやろうかって後悔してから、いっつも涙が出る。』ってねー。 

今ならなぁ~んでも食べれるし、今のところ足腰達者で、どこまでも行けると思うし、後悔せんでいいように親孝行は早めにしておくれ~~!

|

« 芋あめ作りはビーチパラソルのしたで | トップページ | オクサマ!といわれたものだから »

親と子」カテゴリの記事

コメント

そうそう、いまだに何かと親を当てにする気配がある娘や息子。
この正月も「これからみんなが集まるのは、あんたたちの家に交代でどう?。私ももうお呼ばれしたい歳なの」と・・・。
「いやぁ、私達はこんな料理も出来ないし、元気なうちは“親”していて」。
元気なうちにお呼ばれしないと、元気でなくなったら、何処にもいけないんですよね。

投稿: ばら色婆ァバ | 2007年2月13日 (火) 09時11分

普通は、「この本良いからお前も読め!」って親が子供にいう台詞なんですけど、、、
なぎささんちじゃ反対ですね。

投稿: ナベショー | 2007年2月13日 (火) 21時40分

ばーば様
おかあさんが料理上手だと、お嫁さんも娘さんも引いてしまうキモチ、
よおくわかりますよー。

けれど、元気なうちにおよばれしたいもんですね^^

投稿: なぎさ | 2007年2月14日 (水) 08時35分

ナベショー様
いつも自分好みの本しか読まないところへ、まるで趣向の違う本を読まされると、、、それもいい事かもしれませんね。

たまにはよその世界に冒険してみるのもアタマが化石にならなくてよろしいかも知れません(^^)v

投稿: なぎさ | 2007年2月14日 (水) 08時39分

それまだ読んでませ~ん
わかりました ちゃんと読んで親孝行しますわ!
人一倍迷惑かけてますからね・・・^^

投稿: 便利屋 | 2007年2月14日 (水) 21時41分

便利屋さま

本の中にこんなこと書いてありました。

“おのれ生ある間は子の身に代わらんことを念い(ねがい)、おのれ死に去りてのちには、子の身を護らんことを願う”

“世の中に思ひあれども子をこふる 思ひにまさる思ひなき哉”

ムスメの頃、親の思いなんてちっとも考えたこともありませんでしたが、うちの子供たちもな~んにも考えていないみたいですよ^^

投稿: なぎさ | 2007年2月15日 (木) 21時50分

去年私も買って読みましたよ~。泣きました。妹にあげたんですけどまだ読んでないって言ってました。いや~でもここ数年で家族のありがたみがちょっとずつ分かってきたところですよ。なぎさママ、今年あたり海外旅行なんていかがでしょう?

投稿: 大阪の娘 | 2007年2月15日 (木) 22時59分

ハイベイビー

海外旅行、いいですね~。なんでも書いてみるもんですね!
けれど誰が、うちのおばばちゃまを黙らしてくれるのかなー?

投稿: なぎさ | 2007年2月17日 (土) 08時20分

親孝行したいときには親はなし
ですかね^^;

投稿: かんころ | 2007年2月21日 (水) 23時23分

かんころ様

ほんとにサッサとお嫁にきてしまったので、なぁ~んにもお返ししないうちに、両親とお別れしてしまいました。かんころ様も速めに親孝行なさいませ!

投稿: なぎさ | 2007年2月22日 (木) 09時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76457/5317379

この記事へのトラックバック一覧です: リリー・フランキー著 東京タワー オカンとボクと時々、オトン:

« 芋あめ作りはビーチパラソルのしたで | トップページ | オクサマ!といわれたものだから »