« 客支度 | トップページ | 芋あめ作りはビーチパラソルのしたで »

メジロを愛でて

_056 近所のオジサマが薪ストーブにあたりながら話していった。そのオジサマは窓際にベッドを置いてカーテンを開けたら、寝ながらにして庭をながめるのを楽しみにしていたそうである。

庭には紅い山茶花が咲いていて、そこにメジロが遊びにくるのをタバコを一服しながら飽きずながめているうち、そうだ、枝ぶりのちょうどいい所にえさ場を作ってやろうと思いついた。

メジロたちはパンくずやミカンの半分に切ったのを、喜んで食べていたが、どこで伝え聞いたものか、図体の大きいヒヨドリがやって来るようになり、えさ場を占拠してしまい、メジロたちは木の根っこに落ちてきたパンくずを拾って食べるようになった。

それからまたどこで伝え聞いたものか、今度はネズミが現れるようになった。ネズミは下に落ちているものばかりでなく、木にも登って、全部平らげるようになった。

「コンニャロメ」と思ったオジサマはネズミ捕り作戦にでた。強力な粘着シートを地面に置いたのであった。それからすぐに悲劇は起きた。

その時オジサマは留守にしていて、一部始終を見ていたのは、同居している102歳のお義母さまであった。(102歳ながら、目も耳も足腰も裁縫の腕も達者である。) 以下はその目撃談である。

ネズミはその粘着シートの縁を何度も回ったが、決してその足を踏み込もうとはしなかったそうである。そのうち、上の枝で遊んでいたメジロのうちの一羽が下に下りてきて、小さなアンヨをシートにからめとられてしまったのだった。

「アッ、お姉さまが大変ッ」とばかりにほかの三羽のメジロも下りてきて、なんとか救出しようと試みたが、あわれ、4羽とも身動きできなくなってしまったのだった。

外出先から帰ってきたオジサマは4羽のメジロをなんとか助けたいと一所懸命、手を尽くしたが、羽根も足もシートから離れなかった、ということだった。

オジサマはせつなくて、もう窓から山茶花を眺める元気もなくなってしまった。なぜあんなことをしてしまったのだろうと自分の不明を恥じた。何もしなければメジロが楽しく遊ぶのをずっと見ていられたのに、、、。

それにしてもネズミはいつ、どこで学習していたのだろう、これはアブナイよ、と。

|

« 客支度 | トップページ | 芋あめ作りはビーチパラソルのしたで »

ペットたち」カテゴリの記事

コメント

なんと悲しいお話、、、
思わず、胸がいっぱい、 涙が出そうになりました
ナベショーの庭の木の枝にも、先日拾ってきた蜜柑を輪切りにしておきました。
そして、カメラに望遠をセットして、何時でもメジロ、ウグイスの写真取れるように、、
でも、やってきたのはヒヨドリ!
半日で皮しか残らず、、
頭にきて、カッチンを仕掛けてヒヨを捕らえ、焼き鳥にしよう、、と。
でも、このお話を見て、やめとこう、、、
ほんとに、メジロがカッチンにかかったら、悔やんでも悔やみきれない、、、
おじさまがショックで落ち込み、寝込まれないように、なぎさ様、フォローしてください。

投稿: ナベショー | 2007年2月 4日 (日) 06時48分

悲惨ですね。
飛べなくなったメジロが、鼠の餌食にならなかったのがせめて・・・。
自然の小動物餌付けをする時は、よほど周囲の環境や、餌篭の大きさ・位置など考えないといけないのですね。
私も、ベランダの餌台のこと、カラスやゴキブリが寄ってこないうちに片付けなければ。

投稿: ばら色婆ァバ | 2007年2月 4日 (日) 09時12分

ウ・・・
健気で弱い者がのたうち
ずる賢い害獣がのさばる
どこかの世界で聞いたような・・・

投稿: 便利屋 | 2007年2月 4日 (日) 11時15分

ナベショーさま

ヒヨで焼き鳥ですかー?豪快ですけど、後味悪いことでしょうね!

ヒヨ君もとくに悪いコじゃないのですが、人間が、小さくて可愛い方を愛でておるだけなんですよねー。

オジサマのフォローはですね、二人のどろぼうの話をしておきましょうか。過去は振り返らないこと!ですね。

投稿: なぎさ | 2007年2月 4日 (日) 22時16分

ばーば様

102歳のおばあちゃまが80歳台の娘と娘婿に、事の次第を物語ってくれたそうですが、たいしたものですね!

エサ台のことですが、せっかくのことですから、カラスに見つかるまで、楽しまれたらいかがでしょう?

投稿: なぎさ | 2007年2月 4日 (日) 22時27分

便利屋さま

ネズミって賢いものですね。
神様の所へ一番乗りで駆けつけたのがネズミでしたよね。

ま、ネズミも私たちの見えないところで、いろいろ働いていてくれてるのでしょうね。ちょっと困り者ではありますが、、、。

投稿: なぎさ | 2007年2月 4日 (日) 22時31分

う~む、
ネズミは賢いのでしょうか・・・。
でも笑えました^^

投稿: かんころ | 2007年2月 5日 (月) 21時26分

かんころさま
どこかで、友達もしくは家族の誰かが、粘着シートの犠牲になったのを、見ていたのかもしれませんねー。

102歳のおばあちゃまの観察によると、ヘリすれすれを歩いても、絶対、足をのせなかったそうですよ^^

投稿: なぎさ | 2007年2月 7日 (水) 11時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76457/5195828

この記事へのトラックバック一覧です: メジロを愛でて:

« 客支度 | トップページ | 芋あめ作りはビーチパラソルのしたで »