« 不意の客 | トップページ | メジロを愛でて »

客支度

_012_3 我が家に客が来ることは3ヶ月前からわかっていた。その一週間前になるとハハ(夫の母)はいった。「さっ、なぎささん、お客さんのふとんの準備をしましょ!」

ハハはとにかくとっかかりの早い人である。早めはやめでないと気がすまず、用意が出来てないと心配で夜も眠れないという人なのである。一方嫁たるワタシはお尻に火がついた頃になってやっと動き出すのを信条としているのだから、え~っ、そんなに早くから準備しなくてもぉ~、予定変更ってこともあるでしょうしぃ~、などと思っているが、逆らっても勝ち目はないので、シブシブながら従うことにする。

まず、客人がお泊りになる部屋の押入れの襖をとりはずす。(ハハは口先のみ、体を動かすのはヨメである) 一目瞭然となったところに、客人が暑くもなく、寒くもなく、快適にお寝すみあそばすように、布団その他必要なものを整えるのである。

ハハはどの布団を調達すべきか思い悩む。松か竹か、梅か、、、。そしてうちにはもっと上等の布団があったハズと言い出した。そうでしたかしら?そう言われても私はハハの寝具のコレクションの全貌をよおく知らないのである。だからあっちこっちの押入れ、納戸、物置など、見て回ったがそれらしい物はなかった。あれは夢かまぼろしだったのか?

ついでながら言っておくが、ハハは物の置き場を決定する人、ヨメは置く人なのだが、時が経つにつれて、二人ともどこに置いたかわからなくなり、いざ必要な時がきて走り回って探し出す頃には、だんだんと不機嫌になるのを飽きもせず30年来繰り返しているのである。

思うのだがおよそタオルと名の付くものは、大であれ、小であれ、宮内庁御用達であろうが明日、ぞうきんになるものであろうが、一堂に集まっていてもらいたいものである。さすれば、あ、バスタオル?それならソレッとばかりにタオルが一個連隊集まっている所へ行けば見つけられようと思うのである。ところが何故か、うちでは分散しているため、ちょっとやそっとでは召集できないのである。

さぁ~、やっとのことでご用意できましたよ!客人は60代半ばの男性だけれど、暖色系がよかろうというので、ほんのりはんなりピンク系で統一された。電気毛布なんかも置いておく。襖もしめて、、、。準備完了なり。

ところが夜になって客人から電話があって、「体調くずしたので暖かくなってから行きます」ということになった。わ~い、助かった~!なんといっても泊まりの客って大変なのよね~。清少納言も言ってるよん。

“上の客人(まろほど)立ちかえり、中の客人、日がえり、  とまり客人、下の下”

一応、延期になったが、暖かくなった頃、また二人でふとんの組み合わせをやるんだよな~。せっかくワンセットできたのに分解するのはまことに残念だけれど、今度は寒色系にするかもよ。すべてハハ上の裁量におまかせです(^_^)v

|

« 不意の客 | トップページ | メジロを愛でて »

嫁と姑」カテゴリの記事

コメント

私も、一戸建てに住んでいたころは、「息子が受験で、心配なので心強い処に泊めて頂きたくて」なんていうのから、「出張で上京します。一晩飲んで語りましょう」なんていうの・・・いろいろ宿代わりに使ってもらいました。
何しろ、吉祥寺なんて便利でカッコいい処に住んでいましたから、利用客も多く、繁盛していましたよ(手土産で何泊でもOKでしたが)。
マンションになって、泊り客には駅前のビジネスホテルに部屋を取るようにしました。
布団も自分たち用だけ。万一の時は【貸し布団】と決めました。
あれから7年、去年は一名の泊り客も無く、食べて帰る・・・徹底したようです。

投稿: ばら色婆ァバ | 2007年1月30日 (火) 20時29分

郷里の家にはありましたね~ 
布団 幾組みも、、、20枚はあったなあ~
押入れ以外に布団箪笥があって、いっぱい詰まってた
昔の布団なので重かった、、
お客が来るたびに、母は布団をだして、干して、終わるとまた干して、、
シーツも、、、
お客は帰省する我々家族、、、
4~5日滞在するから下の下の下の下の、、、客か、、

投稿: ナベショー | 2007年1月30日 (火) 23時39分

ばーば様
受験生を受け入れるなんて、じっつに大変なことですね。

聞いたことですが、親戚から受験生の宿泊をたのまれ、よくよく思案の末、身に余る大役だからと、丁寧にお断りをし、合格のあかつきには、破格のお祝いを差し上げたにもかかわらず、ずーっと恨まれ、こじれたままだ、ということです。

ほんとに菓子折り一つ持ってこられたって、大損害ですよね~~!

投稿: なぎさ | 2007年1月31日 (水) 06時02分

ナベショーさま
息子や娘が孫たちをひきつれて帰ってくるのは、母上さまにとりましては大きな喜びだったことでしょう。

私もたった今、ナベショーさまのコメントを読んだら、亡き母がふとんや、子供のオシメ(オシメでしたよね、あの頃は!)の準備をして、待っていてくれたことを思い出し、ひとしきり涙にくれたことでございますよ。

交通の便もよくなり、人々の意識も変わってくると、泊めることも、泊まることも、だんだんと少なくなってくることでしょう。

投稿: なぎさ | 2007年1月31日 (水) 06時15分

仕事でお客の家の中の片付けをよくやります
長年通った家だとどこに何がしまってあるんだか
奥様よりも私の方が詳しいことが多いんですよ

清少納言さんそんなこと言ってたんですか?
さっそくカミさんに教えてやりますわ!

投稿: 便利屋 | 2007年1月31日 (水) 16時31分

便利屋さま

ふ~む、ということは、そのうちのお宝のありかと保管方法をお見通しな訳ですね。ということは、、、? 見張り番に行きますからその時は教えてくださ~い!

清少納言はこうも言ってますよ。
にくきもの 急ぐことあるおりにきて 長言(ながごと)する客人

投稿: なぎさ | 2007年1月31日 (水) 22時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76457/5128611

この記事へのトラックバック一覧です: 客支度:

« 不意の客 | トップページ | メジロを愛でて »