« ビバ!100円ショップの掛け時計 | トップページ | 600人に聞きました »

タイヤキとイカ焼きをどうぞ

1811242526_069 Pict0005 今朝6時の台所の温度は12度。薪ストーブの灰を掻き出し、窓を磨き、それからやっと火を入れることになる。このストーブの世話(?)をするのに新しく7点くらいのグッズが必要になった。薪を掴むものとか、灰をかきだすもの、周りを掃くもの、等々。

それらは今時のホームセンターなどにはなくて、昔ながらの荒物屋さんに行ったらあった。バナナの箱に入れて、薪を運び込むと薪と一緒にアリさんも家の中にはいってくることになる。可哀相だが炎にまかれて、あえなく昇天するのを見届けることもある。

もうズーッと前、うちの子供の誰だったか、「おかーさーん、タイヘン!アリさんがハダシでおうちのなかにはいってきてるよーッ!」と知らせに来た子がいたよな~。あれは誰だったんだろう。(子供もたくさんいると、誰の発言だったのかわからなくなりますわね!)

ストーブの上には鉄板を乗せたので、いろんなものをホイと上に乗っけては焼いて食べることもできるようになった。お湯も次から次に沸くので、ポットの中もいっぱいで、このお湯どうしましょう、ということになる。

しかし一番重宝するのは、焼却炉としての働きだろうか。ラップ類の箱、牛乳パック、およそ紙でできているものはすべて焼くことにしているので、いまではかなりゴミが少なくなった。書類の要らなくなったもの、古い雑誌等、ストーブの前で一度吟味して燃やすようになったので、家の中もすっきり片づいてきたような気がする。(秘密のモノも隠滅するコトできますヨ)

うちではこの冬、まだ灯油を買ったことはないが、今日会った人が、灯油一缶1800円だったと言っていた。今年の3月には1600円で買っていたと思うので随分値上がりしたものである。薪は今のところ2トントラック4台分の備蓄があるそうなので、こころおきなく使っていいことになっている。

薪ストーブの前に座り込んで炎を見ていると、まるで根がはえたみたいに、動きたくなくなってしまう。そして何故か、回顧モードになってしまうんですね~。あんなこと、こんなことあったよね~。 秀吉は辞世の歌で “なにはのことも夢のまた夢”と詠んだそうだけれど、なぎさにとっても、なにもかもが夢の中の出来事みたいに、、、思えてくるのでした……。

|

« ビバ!100円ショップの掛け時計 | トップページ | 600人に聞きました »

マイエコライフ」カテゴリの記事

コメント

実は、私は雪国育ちなので、居間には大きな薪ストーブがデンとありました。
餅を焼いたり、烏賊を焼いたり、時には大きな鍋が一日中乗っていてシチューやおでんが煮えていました。
私まで、すっかり回顧モードになりました。

投稿: ばら色婆ァバ | 2006年12月19日 (火) 11時18分

ばーば様
まぁ~、雪国ですか、ずーっと憧れています。雪国体験は長野の飯田という所に、スキー旅行したくらいです。

五島では一年に一度くらい、2センチほどの雪が積もれば大騒ぎです。学校はすべて休校になります。スクールバスが滑ったら危ないですからねー(^'^) 休みになるのが子供たちは大好きで、積もらないかな~、と楽しみにしていました^^

投稿: なぎさ | 2006年12月19日 (火) 20時27分

あ、雪国を知らない人は憧れるらしいのですが、雪国は住む者はキツイ、ツライ、カコク・・・。
軒まで積もった雪、玄関は吹き溜まりで開かない、地を這うように吹きすさぶ雪風・・・地獄ですよ。
だから、暖かなストーブの回りに集まり、昔話が弾み、酒が進み、あったかい鍋が空になる・・・雪解けで一気にいろんな花が咲く春を待ちわびる。
もう、故郷を離れて52年、夫は都会っ子だし、私もいまさら雪かきは出来ないしねぇ。

投稿: ばら色婆ァバ | 2006年12月19日 (火) 20時50分

PS、計算違いでした。故郷を離れて42年です。
数字に弱い、金額にはさらに弱い私です。

投稿: ばら色婆ァバ | 2006年12月19日 (火) 20時53分

ストーブの上、、、、スルメも上手に焼けるね!
でも、良い臭いがしすぎてたいへん!
黒豆や昆布巻き、、お正月料理をコトコト一日煮るのも便利だね!
鉛筆のアルミキャップの中にセルロイドを詰めて教室のストーブの上に置く、、、先生が入ってくる直前に!
先生が「え~今日は、、、、」と授業が始まったとたんに、シュ~と教室の天井めがけて白煙上げてロケットが飛ぶ、、
懐かしいな~ 小学生の頃は、、!!!
首謀者は廊下に立たされたけど、、、、

投稿: ナベショー | 2006年12月19日 (火) 22時20分

薪ストーブ?!
見たことないかも・・・(^^;
いやそれよりもどんな秘密の隠滅をしたんだか・・・
気になる

投稿: 便利屋 | 2006年12月20日 (水) 19時20分

ばーば様
猪苗代湖のほとりで遊んだのが私の北限でして、寒い所は、まるで経験ありません。キーンと張り詰めたような空気、アコガレます。

思うのですが、薪ストーブよりも、暖炉や囲炉裏の方がもっと楽しそう。
都会の暮らしでは到底無理でしょうけどね~。

そのうち北国にも行ってみたいです(^_^)

投稿: なぎさ | 2006年12月20日 (水) 19時57分

ナベショーさま

フゥ~ン、ナベショー様の小学校ではストーブ焚いてたんですね、寒いところだったんですね。私の記憶では職員室だけストーブが真ん中にあったような気がします。悪さの仕様がなくて残念!

さつま芋、里芋、ジャガイモ、なんでもアルミにくるんで放り込んでおけば、ホクホクの焼き芋が、、、。お塩を振って食べる。また太るなぁ~。

ジャガ、玉ねぎ、ベーコン&バターで作るリオネーズ・ポテトがこれまたおいしくて! リオネーズというのはリオン風ということでございますよ。ばーば様の所で、お勉強しましたでしょ^^

投稿: なぎさ | 2006年12月20日 (水) 20時08分

便利屋さま

薪ストーブを拵えた頃のドタバタは5月2日と4日の記事に書いておりますので、よろしかったら読んでくださいませ。

秘密の隠滅はそうですね~。便利屋さまが仕事上の行きがかりではからずも見つけてしまったようなモノがあるとしたらですね~~。そういうものは新聞紙でくるんで、ボン!と火の中へ放り込めば、なぁ~んにも無かったことになります、ね。

投稿: なぎさ | 2006年12月20日 (水) 20時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76457/4597208

この記事へのトラックバック一覧です: タイヤキとイカ焼きをどうぞ:

« ビバ!100円ショップの掛け時計 | トップページ | 600人に聞きました »