« 漬物マニア | トップページ | 手も足も惜しみなく »

悪い夢をよい夢に

1811242526_002_2 1811242526_007_4先週末は兄、姉、その婿さんたち一行7人で京都、奈良を巡った。私たちは冬装束で身を固めていたのだが、ほんわかと小春日和だった。天も私たちに味方したのかしらね。タクシーの運転手さんも「ホンマは今日は、雨でしたん」と言っていたのに。

東福寺の紅葉はうわさに違わず、美しかった。見上げた紅葉も見事だったが、下に落ちている葉っぱも捨てがたく、沢山拾ってきて、それらは今、新聞紙にはさんで17キロの漬物石で重しをかけてある。

嵐山もきれいだったが、この秋最高の人出らしく車は遅々として動かず、私たちは桂川の土手を歩くことにした。川面を渡ってくる風は清々しく、渡月橋を渡るのは心はずんだ。近くにある美空ひばり記念館もちょっとだけ覗いてみる。もみじをモチーフにしたハンカチはお土産にいいな~、軽くて。

次なるは鹿苑寺金閣へ。そこは差し込んでくる夕日に映えて、まばゆいほどに輝いていた。観光客から感嘆の声があがった、、、が私はここでも落ち葉拾いに専念する。さぁ、ちょっと寒くなってきたからそこの紅い日傘の下で、熱いぜんざいをよばれまひょか?

私たちは6時30分にライトアップされるという清水寺へ行きたかったのだけれど、これは運転手さんにあっさりと却下された。車も人も動かないのだという。

翌日は奈良めぐり。早くに迎えに来てくれたタクシーの運転手さんは長身にしてハンサム。ガイドぶりもなめらかでぴったりと張り付いて説明を聞くことにする。まず東大寺へ。あまりに広大なので困ってしまう筈だが、ガイドさんが上手にエスコート。大仏殿の柱の下方にある、大仏様の鼻の穴の大きさだと言う穴をくぐりぬけてみようか、という気になりかけたがやめておく。興福寺と猿沢の池の水面に映った五重塔もきれいにカメラに収まった。

天理教本部にもお参りした。翌日がお祭り日だというので沢山の人で賑わっていた。磨きこまれた長い廊下を歩いているうちに、人波に紛れて姉たちの姿を見失ってしまった。ワァ~、どうしよう、自分が靴をぬいで上がった所さえわからないでいるのだから、、、。と青くなりかけたら会えた。もう、黙ってトイレに行かないでよね。

次なるは法隆寺へ行く。拝観料は千円也で一番お高い。見るべきものが沢山あるので忙しいが、ガイドさんに従っていけばよさそう。フランスのシラク大統領が気に入って惚れぼれと眺めたという百済観音像は八頭身で美人の優美な観音様であった。けれど私は、夢違(ゆめちがい)観音像に心惹かれた。この観音様は悪い夢をよい夢に変えてくださる観音様なのだそうだから、日夜拝んでいたいくらいである。ロマンあふれるこの観音様はちょっと小太りのオバサマに見えた。

翌日の昼過ぎ、私たちは、京都駅で西と東に別れた。来年の今頃また、どこかへ行こうね、と約束した。平均年齢は65歳の意欲的な旅だった。

|

« 漬物マニア | トップページ | 手も足も惜しみなく »

「旅」カテゴリの記事

コメント

平均年齢65歳、、皆さんお元気ですね!
60歳代を病気せずに元気で過ごして、たくさ~ん旅行するのが良いですね。
70歳超えると、体力がしんどくなるらしい。
おっと、、なぎささまは、まだまだ先のことでしたね!
祇園の近く 高台寺の庭もライトアップされて綺麗ですよ!

投稿: ナベショー | 2006年12月 2日 (土) 22時25分

ナベショーさま

ハイ、私は末っ子ですから、一番若いのでありますよ。

この度は定番といわれる所ばかり行ってきましたが、運転手さんも「観光客が行かないところで、素晴らしい所が数え切れないほど沢山 ある」と言ってました。

足腰たっしゃなうちにいろんなところを旅したいものですね。

投稿: なぎさ | 2006年12月 2日 (土) 22時55分

無知なJALの從業員!!

今日も何回もJAL東京本社のMr.AriizumiとMr.Ogataにコレクトコ-ルで電話をかけたが,
オペレ-タ-に「電話を受けない」といって切ってしまう.それで,ソウル所在のJAL空港店(02-664-2871)の方に電話をかけてJALの二人の乗務員の謝罪文を督促したら,電話に出た女性職員は「全く知らないことだ」というので,
もう一度JALの女性乗務員の話を説明していると,数十秒もしないうちにカチンと電話を切ってしまう.他人が一所懸命説明しているのに途中でなんにも言わずに切ってしまうとは・・・
私は話を止めて,もしもし,もしもしと相手を呼んだが,電話はすでに切れていた.もう一度電話をかけて,JALの女性乗務員二人 の 横 暴に ついて 話を しようとしたが,また,電話を切られてしまった.もう一度,電話をした.その女性職員はまた電話を切る.もう一度電話をすると,JALの女性職員は電話をとると,あらゆる悪談を浴びせては切ってしまう.
また電話をした.今度は他の女性職員が出て私には一言話す暇もくれず,悪談を言いたいだけ言って切ってしまう.もう一度電話をした.また,違う女性社員が電話に出て,同じく悪談をいっては電話を切る.
私は,また電話をした.今度は男性職員が電話をとって,切ってしまう.もう一度電話をかけた.男性がとって電話を切る.もう一度かけた.また男性職員に電話を切られた.
無知なJALの從業員!!
相手にできない人間ども!!

2000年2月1日 kim

投稿: 無知なJALの從業員!! | 2006年12月 3日 (日) 03時03分

怒れるーー様

せっかくの旅がだいなしになって、残念でしたね。
嫌な思い出はすみやかに忘れてしまいましょう!

悪い夢を見たと思って、夢違いの観音様にお願いして、
良い夢に変えていただくというのはどうでしょうか^^

投稿: なぎさ | 2006年12月 3日 (日) 10時17分

「夢違え観音」、そういえばかなり昔(連れは誰かと訊かないでね)、私もお参りしました。夢が変わって、今の夫になっているオトコと出会ったのかしら?。

投稿: ばら色婆ァバ | 2006年12月 3日 (日) 11時39分

ばーば様

夢違観音様のミニチュアを作って、若い女の子たちに、「これはー、霊験あらたかな観音様なのよ」 

と言って売りさばき、ひと儲けしようか、と夢想していますが、これって悪いゆめ?

投稿: なぎさ | 2006年12月 3日 (日) 14時55分

オッと、聞いちゃった。
ヤバそうだけれど、その話・・・乗ろうかなぁ。

投稿: ばら色婆ァバ | 2006年12月 4日 (月) 14時36分

ばーば様

ヤバそうだけど、やりましょか?

姿が優美で、シラクさんがみとれて陶然としていたという、百済観音様を、これが見違観音様だよ、といいくるめて、売り出しましょう!

あまりチープじゃなく、品格のある観音様じゃないと、拝む気になりませんからね。家に帰ってきて、ただいま~と言いたくなるような、素敵な観音様を作りましょうね。

営業力のあるイケメンの若い男の子を調達しなくていいかしら?

投稿: なぎさ | 2006年12月 4日 (月) 20時36分

良い旅をなさったんですね
羨ましいです~
もうかなり昔に京都奈良へは行きましたけど
ほとんど忘れちゃいました(汗
また行きたくなったな~

投稿: 便利屋 | 2006年12月 5日 (火) 22時45分

エッへ!、話が煮詰まりそう。
イケメンを釣り手に、後ろにド~ンとナベショー様も引きずり込んで重みを出して・・・。
あぁ、こんな夢に盛り上がっているようじゃね。夢違えしましょ。

投稿: ばら色婆ァバ | 2006年12月 7日 (木) 15時08分

素晴らしい景色ですね!
実際に見てみるとさらに綺麗でしょうね!

投稿: かんころ | 2006年12月 7日 (木) 17時23分

便利屋さま

ほんと! 修学旅行で集合写真に写ったのを覚えてるくらいですねー。
京都の住民になって、あちこち見て回れたらな~、と思いました。

投稿: なぎさ | 2006年12月 7日 (木) 21時49分

ばーば様

その観音さまは、道端のお土産屋さんじゃなくて、うんと格調たかいお店に置いて貰わなくてはいけませんねー。

ロマンを売るんですものねー。贈り物にもどうでしょうか。

投稿: なぎさ | 2006年12月 7日 (木) 21時55分

かんころ様

そうですね、百聞は一見にしかず、と言いますが、ほんとうですね。
東福寺の紅葉のみごとさは以前から聞いていましたが、行ってみて初めてその美しさを実感しました。

奈良に千種類のもみじ、かえで等を集めたところがあるそうです。そこへも行ってみたくなりました。

投稿: なぎさ | 2006年12月 7日 (木) 22時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76457/4401210

この記事へのトラックバック一覧です: 悪い夢をよい夢に:

« 漬物マニア | トップページ | 手も足も惜しみなく »